別れた人には優しくしないほうがいい?優しさをアピールしても復縁できない理由

更新日:

ホットチョコレートに浮かんだハート型の砂糖

優しい人や気遣いができる人には、誰もが良い印象を抱くと思います。そこに惹かれて恋に落ちることも多いですよね。

というか、「優しくない人のほうがいい」という人は稀だと思います。恋人に求める絶対条件だといっても過言ではないでしょう。

しかし、元彼や元カノに対して過度な優しさや気遣いをアピールするのは、逆効果になります。無意識のうちにやっている人が多く、注意が必要です。

優しさや気遣いをアピールしても復縁はできない

元彼にもう一度好きになってもらいたいです。どういう優しさを見せたら彼の気持ちを取り戻せるのでしょうか?

先日、このようなご相談をいただきました。

よく聞かれることなのですが、ちょっと勘違いをしている人が多いようです。

というのも、すでに相手は、あなたが優しいことを誰よりも知っているからです。その優しさを改めてアピールしたところで、好きな気持ちを取り戻すことはできません。

もちろん、最初は優しかったのに、別人のように冷たくなってしまったことが別れの原因だとしたら、優しさをアピールするのは効果的です。しかし、別れた途端にあからさまに優しくされても、簡単には信じてもらえません。逆に嘘っぽく感じると思います。

それに、ほとんどの人は他に別れの原因があるはずです。

つまり、その原因を無視して、すでに知っているあなたの優しさや気遣いを見せても、恋愛感情をよみがえらせることはできないわけです。「こんなに優しくしてくれるなんて…。やっぱり好き!」とはならないんですよ。

過度なアピールで未練が伝わる

しかし、多くの人が無意識のうちにやっています。

なぜ、元彼や元カノに対して優しさや気遣いをアピールしてしまうのか?

それは、少しでも良い印象を持ってほしいからですよね。自分を良く見せたいから、気に入られたいから、別れたあとには優しさを見せることを一番に考えるんだと思います。誰にでもすぐにできることですからね。

でもその行為が、未練を感じさせることに繋がります。

特にメールやLINEでの優しさアピールはNG

別れたあとにメールやLINEを送るときって、優しさや気遣いを伝える文言を入れると思います。「仕事が忙しいと思うけど、頑張ってね」とか、「寒くなってきたから、体調を崩さないように気をつけてね」とか。

そういう優しさや気遣いって、友達に対しても当たり前のようにやると思うんですよ。そしてその友達は、あなたの優しさを素直に受け取ってくれると思います。たとえうわべだけの優しさであっても。

でも、別れを決めた人は違います。その何気ない優しさに別の意図を感じます。未練があるのが分かっている状況だと、良く思われようとして優しさをアピールしているように受け取られるんです。そのときの優しさや気遣いほど薄っぺらい印象を与えるものはありません。

相手を心配することも同じです。まるで父親や母親のように心配をする内容のメールやLINEを送る人もいるのですが、押し付けがましい、お節介、と思われるだけです。

別れたあとに送るメールやLINEでは、優しさや気遣い、心配などをアピールするのはやめましょう。逆にそういうのを一切いれないほうが、相手の感情を揺さぶることができる可能性が高いです。「あれ、どうしたんだろう…」と、相手を不安にさせることができるので。

優しさを見せるのは会ったとき

優しさや気遣いを見せるのは、会ったときが勝負です。

まずは変化を感じさせ、自分磨きをしてより魅力的になった姿を見せます。そうすれば、それだけで良い印象を与えることができます。

そこでさらにさり気ない優しさを見せることができたら、あなたの良さを再確認して、「こういうところが好きだったんだよな…」と思ってもらえるようになります。

参考記事元彼・元カノと久しぶりに会ったときに復縁成功を近づける正しい接し方

普通に接しているだけで優しさは伝わる

ただし、会ったときに優しさや気遣いをアピールする意識は捨ててください。だって、優しくない人なんていないんですから。

あなたのことは何も知りませんが、絶対に優しい人だと思います。そして優しい人は、大切な人を前にすると、普通に接しているだけで優しくできるし、その優しさが伝わります。

変に意識していると、不自然でわざとらしい優しさや気遣いを見せてしまい、相手に違和感を与えてしまいます。

注意

また、何でもかんでも優しくしていると、一つひとつの印象も薄くなります。「疲れてない?」「寒くない?」「何が食べたい?」などなど、こういうのを連発していると相手もお腹がいっぱいになるので、気をつけてください。

メールやLINEでは日常や自分磨きに関することを伝える

とはいえ、会えなければ優しさも伝わりません。

「会いたい」と思ってもらうためには、あなたに興味を持ってもらう必要があります。

そこで意識してほしいのが、日常や自分磨きに関することをメールやLINEで伝える、ということです。

連絡が取れるようになったら、「最近こんな風に過ごしてる」とか、「こんなことを始めた」とか、「イメチェンをした」とか、興味を持ってもらえるようなことを伝えてみてください。そうすれば、会いたいと思ってもらえるようになります。

これから連絡を取り始める人は、「復縁を目指す相手にLINEやメールを送るときに意識してほしいこと」という記事を、

興味を持ってもらうための自分磨きをしたい人は、「復縁を可能にする正しい自分磨きの仕方を解説!相手好みに変わるのが一番の近道です!」という記事を参考にしてみてください。

復縁できる優しさなんてない!あなた本来の優しさで勝負するだけ!

優しくしようと思っていると、絶対に上手くいきません。復縁できる優しさ、というのもありません。

相手はあなたが優しいことを知っています。そして、その優しさに惚れたんです。

優しさを見せる前にクリアしなければいけないことがあるだけで、そのあとはあなた本来の優しさで勝負すれば、必ずまた好きになってもらえます。優しさや気遣いをアピールすることは、復縁をする上では重要なことではないんですね。

ポイント

何よりも重要なのは、別れの本当の原因を見極め、あなた自身が変わることや正しく変化を感じさせることです。そうやってあなたの悪いイメージを払しょくして、改めて魅力を感じさせることが最優先事項です。

そこを確実にクリアして、「もう一度やり直した」と思ってもらいたい方には、『7step(7つのステップでもう一度好き人させる方法)』を参考にすることをおすすめします。

復縁マニュアル7step(7つのステップでもう一度好きにさせる方法)
【復縁成功率87.3%】7stepが教えてくれる復縁方法について

相手が別れを選んだのは、あなたに嫌なところがあり、魅力も感じなくなって、一緒にいても幸せになれないと判断したからだと思います。 なかなか別れを受け入れら ...

続きを読む

Copyright© 復縁のいろは , 2020 All Rights Reserved.