別れたあとに連絡をしていいのは、どんなタイミング、どんな用件のとき?

更新日:

スマホを持っている男性の手

復縁を目指す場合、別れたあとは基本的に連絡は取らないほうがいいです。避けられているように感じている場合は特に。

あなたのことを避けているのは、距離を置こうとしているからです。その気持ちを理解できずに一方的に連絡をしてしまうと、「こっちの気持ちなんて全然考えてくれないんだな…」と思われてしまいます。それでは、あなたの印象をさらに悪くしてしまいます。

しかし、絶対に連絡をしてはいけないわけではありません。そのことに関しては以下の記事の中で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

参考記事復縁したい相手に自分から連絡をするのは、あり?なし?

連絡をしてもいいタイミングと用件について

では、どんなタイミング、どんな用件なら、連絡をしてもいいのでしょうか?

目安となるのは、以下の4つのです。

  1. ちゃんと想いを伝えたいとき
  2. 相手から連絡が来たとき
  3. 急ぎの用件があるとき
  4. 相手にとってメリットがあるとき

ちゃんと想いを伝えたいとき

振られたとき、多くの方が自分の想いを伝えたと思います。

しかし、すんなりと別れを受け入れた人もいるはずです。あまりに現実味がなかったり、強がっていたり、なんとなくお互いの気持ちが冷めていたタイミングだったりして、「そっか。分かった」という程度で終わった人もいると思います。

でも、やっぱり別れたくない。離れてみて存在の大きさに気付いた。

このような場合、まずはちゃんと自分の想いを伝えることが重要です。

もしかすると、相手にも未練が残っているかもしれません。あなたが何を考えているのが分からず、気持ちが通じ合っていないと感じて別れを決意したのかもしれません。

その場合、思いの丈をぶつけることで、別れずに済むケースもあります。

すでに想いを伝えているのなら逆効果になりますが、あっさりと終わったような場合は、一度素直な想いを伝えてみたほうがいいでしょう。

相手から連絡が来たとき

相手から連絡が来ているのに無視をするのはよくありません。それによって、さらに関係がギクシャクする可能性があるからです。

別に未練が残っているわけでも、相手にやり直す気があるわけでもないかもしれません。でも、何かしらの理由があるから、別れたのに連絡をしてくるんです。「別れたけど友達でいたい」と思っている可能性もあります。その場合、友達関係を続けていたほうが復縁をする上で有利になることも少なくありません。

ただし、必要以上のやり取りは逆効果になるので、注意が必要です。毎日ダラダラとやり取りを続けていると、友達以上恋人未満の関係になり、あなたと別れたことを相手に実感させることができなくなります。

その結果、いつまでも自分の物のように錯覚し、都合のいい存在になってしまうことがあるんですね。

そのため、連絡が来ても、返信の必要性がないと判断したら、そこで終わらせるようにしてください。そして、あまりに頻繁に連絡が来る場合は、いったん距離を置くようにしてください。

急ぎの用件があるとき

例えば、相手の家に自分の荷物があり、それを受け取りたい場合は、連絡をしてそのことを伝えるしかありませんよね。

このように急ぎの用件がある場合は、たとえ避けられていたとしても我慢をする必要はありません。だって、連絡をするしかないんですから。

どうしても聞きたいことがある場合も、連絡をして構いません。あなたが分からなくて困るような用件なら返信をくれるはずですし、相手が警戒心を強めることもないでしょう。

ただし、このときも必要最低限のやり取りで終わらせてください。

また、自分の物が相手のところにあるけど、急ぎで必要でない場合は、そのままにしておいたほうがいいこともあります。冷却期間後に連絡をするときの口実になるからです。

久しぶりに連絡をするとき、どんな話題に触れたらいいのか分からずに悩む人が多いのですが、「そういえば私の荷物って、そっちに置いたままだったよね。今度それ取りに行っていい?」という感じで、連絡をするのにも会うのにも、ちょうどいい口実になるんですね。

詳しくは、「別れたあとの荷物の受け渡しを復縁に繋げるための正しい対応の仕方」という記事を参考にしてみてください。

相手にとってメリットがあるとき

これは、「教えてくれてありがとう」と相手から言われるような話題のことです。知りたいであろうことを教えてあげるような内容なら、相手も喜んでくれるはずです。

このときに意識してほしいのは、ただ教えてあげることだけを目的とすること。ついでに他の話題にも触れたり、返信が来たあとに別の話題でやり取りを続けようとすると、不信感を抱かれることがあります。

また、「余計なお世話かもしれないけど…」とか、「今さら迷惑かもしれないけど…」とか、余計な文言を入れるのもやめたほうがいいです。別れたあとに連絡をしたらいけないなんて決まりはないんですから、友達に教えてあげるときと同じ感覚で伝えてみてください。

不要不急の連絡はしないこと

ただ連絡を取りたい。

もしかしたら普通にやり取りができるかもしれないから、一度相手の反応を確かめてみたい。

このように、特に用件もないのに連絡をしたり、相手に何のメリットもない内容を送ったりすることだけはしないようにしてください。

本来、冷却期間が必要な場合は、その期間が終わるまでは連絡をしないのが基本です。「なんで連絡をしてきたの?」と思われると、まだ未練があるんじゃないかと疑われ、警戒されてしまいます。

不安や寂しさもあると思います。でも、用件がない限り、しばらくは連絡を取らないほうが復縁が上手くいく可能性が高いので、ぐっとこらえて、冷却期間中にやるべきことをやるようにしましょう。

冷却期間の過ごし方が復縁の成功と失敗を分けるといっても過言ではありません。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事復縁成功に冷却期間が必要な理由とは?目安となる期間や正しい過ごし方についても解説!

Copyright© 復縁のいろは , 2020 All Rights Reserved.