コロナ渦で復縁を成功させるために意識してほしいこと

ハートの模様の南京錠

「復縁したいけど、コロナ渦ではどうしたらいいのか?」

「何を気をつけることはあるのか?」

最近はこういった質問を多くいただきます。

ここでは、コロナ渦での復縁方法について解説したいと思います。

コロナ渦でもやることは変わらない

まず結論から。

コロナ渦でも、やることは変わりません。

通常通りに進めれば大丈夫です。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

実際にコロナが流行してからも、上記のやり方で多くの方が復縁を成功させています。

復縁成功までに時間がかかる可能性がある

ただ、少し時間がかかるかもしれません。

なぜなら、思うように会えない可能性があるからです。

感染者数が増えている状況では、誘うほうも、誘いを受けるほうも、会うことを躊躇するところがあると思います。

本来なら、冷却期間が終わったらすぐにでも会ったほうがいいんです。

直接会って、あなたの変化や魅力、心地よさ、懐かしさなどを感じさせなければ、相手の感情を大きく揺さぶることはできないからです。

短い間隔で2回、3回と会うことができたら、トントン拍子で復縁できることも多いです。

でも、コロナの影響で会いづらい状況が続くと、なかなか思うようにいかないこともあるかもしれません。

焦らず、じっくり進めていくようにしましょう。

会うタイミングの判断は慎重に

やることは変わらないとお伝えしましたが、前述のとおり、誘うタイミングや会うタイミングの判断が少し難しいかもしれません。

もちろん準備さえできていればいつ誘っても構わないのですが、感染者が増えている状況では、どうしても躊躇してしまいますよね。

ポイント

基本的には、「今は会わないほうがいいかな」と思う状況なら、誘うのは少し待ったほうがいいと思います。

特に、感染者が一気に増加していたり、非常事態宣言が出ているような状況では、会うのはやめておいたほうがいいでしょう。

相手がどう考えているのかは分かりません。ちょっと会うくらいなら気にしない人もいると思います。

でも、「こんな状況で誘ってくるなんて、何を考えているんだろう」と思われる可能性もあります。「こんな人だったんだ…」と、人としてのモラルや自覚のなさを疑われる恐れがあるんですね。

そうすると、あなたの印象が悪くなります。

会うのは、感染者数が落ち着いてからにしてください。

とはいえ、地域によって状況は違います。

東京で感染が拡大していても、あなたが住んでいる地域で感染者数が抑えられているのであれば、気にせず誘って構いません。

コロナを理由に断られる可能性もある

ただ、断る口実として、コロナを利用されることがあるかもしれません。「こんな状況だから、今は会わないほうがいいと思う」という感じで。

これは、本当にコロナのことが心配で断っているか、まだ警戒していたり気まずさがあったりして、あなたに会うのに抵抗があるか、のどちらかです。

本心は分かりませんが、どちらにしても、この場合は一旦引き下がったほうが無難です。

感染者数が減るのを待ってから、また誘ってみてください。

誘っても断れた場合は、以下の記事も参考になると思います。

会うまでの間に連絡を取り合うのはやめたほうがいい

連絡は取れているけど会うのを先延ばしにする場合は、誘うまでの期間、無理に連絡を取り続ける必要はありません。

特に用もないのに、どうでもいい世間話をしたり、あまりに連絡をする頻度が多かったりすると、相手が違和感を覚える可能性が高いんですね。未練が伝わるかもしれませんし、ガツガツこられると引いちゃう人もいます。

ポイント

連絡をするのは、連絡をする明確な目的があるときだけにしてください。

聞きたいことがあったから、連絡をした。

そういったことが相手に伝わるような用件のときだけにしましょう。

ただ、相手から連絡が来たときには、素直に応じるようにしてください。

その場合も、ダラダラとやり取りを続けるのはやめたほうがいいです。

返信の必要性を感じなければ、そこで終わらせて構いません。物足りないと感じるくらいの必要最低限のやり取りで終わらせたほうが、「また連絡をしたい」「会いたい」と思わせることができる可能性が高くなりますから。

ちなみに、冷却期間後、まだ連絡を取っていない場合は、誘うタイミングまで待って連絡をすれば大丈夫です。

会ったときに気をつけることは?

会ったときにやることも変わりません。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

気をつけることは、人の多いところは避けるとか、できれば個室があるお店を選ぶとか、そのくらいです。

また、感染者数が減って会える状況になったのなら、二度目はいつ会っても構いません。

極端な話、会ったときに次の約束を取り付けたのなら、翌日でもいいんです。余計なことは考えず、会えるときに会っておきましょう。

特に次に会う約束もせずに別れ、改めてあなたから誘う場合は、1~2週間後くらいが無難です。ここでも、ガツガツいくと警戒されることがありますからね。

また、会ったときに会話が弾まなかったり、相手がつまらなそうにしていたような場合は、もう少し時間を空けるようにしてください。

詳しくは以下の記事で解説しています。

二度目に会うときの接し方については以下の記事の中で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

コロナ渦のほうが復縁できる可能性が高いかも

コロナ渦で、ストレスを感じたり、人付き合いが減っている状況は、あなたのことを特別な存在だと思ってもらいやすい状況でもあります。

付き合っていた頃は誰よりも心を許せていたあなたと会うことで、安心感や心地よさを強く感じたり、他の人には話せないようなことも自然と口にしたりして、あなたの存在の大きさを再認識する可能性があるわけです。

変に気を遣わずに落ち着ける雰囲気を作ってあげて、相手の話を聞いてあげる立場に回ることを意識していれば、それだけで復縁を考えてもらえるようになるかもしれません。

こんな状況だからこそ上手くいくこともあるんです。

意外と簡単に復縁できる人も少なくないと思います。

不安だと思いますが、前を向いてやるべきことをやっていきましょう。

私が復縁できた理由

私も以前、復縁を経験しました。

そのときの話です。

「好きって気持ちがなくなった…」

そう別れを告げられたとき、私にできたのは、必死に想いを伝えることくらいでした。

でも何を言っても全く相手にされず、避けられるようになっていました。

そんな私が復縁できたのは、大切さに気付いてもらえるアプローチができたからです。

そのために何をしたらいいのかを教えてくれたのが、7step復縁方法でした。

この方法を実践して復縁できたときのことを、以下の記事の中で包み隠さず書いています。

こんな記事もよく読まれています

復縁メール相談

復縁を目指している方は、それぞれ状況が違います。

そのため、「自分の場合はどうなんだろう」と疑問を感じている方が多いと思います。

「こんな状況だけど、復縁できる可能性はあるのか?」

「こういう場合はどうしたら復縁できるのか?」

「今自分は何をしたらいいのか?」

など。

そんな方は、こちらから復縁アドバイザーに直接相談ができます。

その答えやあなたがやるべきことが分かるはずです。

© 2021 復縁のいろは