7step復縁方法を実践して彼女から「やり直したい」と言ってもらえたときの話

手を繋いでいるカップル

今から6年前、私は彼女に振られました。

片手で数えても余るくらいの女性としかお付き合いをしたことはありませんが、これほど好きになった人はいませんでした。

性格は全く違います。

几帳面で細かいことが気になり、みんなから「落ち着いている」と言われる私と、大雑把でのんびりしてて、優柔不断で、寝相が悪くて、みんなから「天然でおっちょこちょい」と言われている彼女。

全く違う2人ですが、「バランスが取れてるお似合いのカップル」だと言われていました。ある人から見ると兄弟のような、またある人から見ると親子のような、そんな関係でもありました。

ケンカをしても持ち前の天然っぷりを発揮するので、怒ってるのがバカバカしくなり、気がつけば何事もなかったように笑っているのがお決まりのパターンでした。

そんな関係が、彼女の一言でいきなり終わりを告げました。

「好きって気持ちがなくなった…」

電話でそう言われたときには、まだその言葉を真剣に受け止めていませんでした。ちょうど倦怠期のような時期で関係がギクシャクしていましたし、少し時間を置けば考え直してくれるものだと思っていたからです。

このときは本当に別れることになるとは思ってもいませんでした。

だから、一旦別れを受け入れ、2、3日様子を見ることにしました。どうせすぐに「やっぱり別れたくない」と言ってくるだろうと、軽く考えていたんです。

何かおかしいなと思い始めたのは、その間彼女から一切連絡が来なかったからです。そんなことはこれまでに一度もありませんでした。

不安になり、電話をかけてみると、彼女はすぐに出てくれました。冷たくされるわけでもなく、普通に受け答えをしてくれました。

でも、私が自分の気持ちを伝えると、急に口数が少なくなりました。明らかに困っていて、どう言ったらいいのか考えているようでした。

「ごめんね。もう決めたことだから…」

言葉を選びながらそう言った彼女の声からは、もう完全に気持ちが吹っ切れているのが伝わってきました。

そこで彼女が本気だということを知り、必死で引き止めようとしましたが、何を言ってもダメでした。

それからは電話をかけても出てもらえず、メールを送っても返信が来ることはありませんでした。

大好きだった彼女を失ったときの喪失感…。

今でも忘れられません。

恥ずかしながら、何度も泣いてしまいました。諦めようともしました。

正直、嫌なところが目につくこともあって、不満を感じていたのも事実です。「本当にこの子でいいのかな…」という気持ちもありました。

これからのことについても考えました。

「この別れを機に次に進むのもありかな…」「別れてよかったのかもしれない…」

そんな風に自分に言い聞かせたりもしました。

でも、やっぱり彼女のことが好きでした。

そして、少しだけ頑張って復縁を成功させました。

そのときに実践したのが、『7step(7つのステップでもう一度好きにさせる方法)』でした。

私が『7step』を選んだ理由

7step(7つのステップでもう一度好きにさせる方法)

当時の私は、どうにか彼女の気持ちを取り戻せないかと、いろんなサイトを見て回っていました。

でもどこを見ても、「連絡をしない」とか「距離を置く」とか「未練を感じさせてはいけない」とか、基本的なことが書かれているだけでした。

「今の自分にできることはないのか?」

「とりあえず時間を置いたとして、そこから何をしたらいいのか?」

「具体的に何をしたら復縁できるのか?」

その答えが見つかることはありませんでした。

結局先が見えないまま、ただ時間が過ぎるのを待つしかない状況でした。

それで復縁できるとは思えませんでした。

不安もありました。

知らないうちに間違ったことをして、復縁の可能性を潰してしまうんじゃないか?

このままだと手遅れになるんじゃないか?って。

そんなときに知ったのが、復縁マニュアルの存在です。

後悔だけはしたくなかった私は、復縁の専門家の力を借りることを決意しました。

そこで私が『7step』を選んだのは、日本一の復縁屋と言われている小澤康二さんが作ったマニュアルだったからです。

小澤さんは、復縁工作を専門に行う会社を31年前に立ち上げ、これまでに6万人以上のサポートを行い、87.3%という高い成功率を残されている方です。

ただ、すでに現役は退いていて、直接サポートをしてもらうことはできません。

そのため、復縁を望んでいる方が誰でも一人で復縁を実現できるように、そのノウハウをすべて詰め込んだマニュアルを作られたそうです。

「小澤さんのノウハウを学ぶことができたら復縁できるかもしれない」

そう思い、私は7stepに賭けてみることにしました。

自分の気持ちの伝え方が間違っていたことに気付いた

まずこのマニュアルを読んで気付いたのは、私の気持ちの伝え方が間違っていたことでした。

復縁で失敗する原因の72%が気持ちの伝え方がヘタだからです

公式サイトにもこう書いてありましたが、まさに私がそうでした。

あれだけ想いを伝えたのに、ほとんど反応はなし。小さく相槌を打つだけで、困っているようにも見えました。

自分の非を認め、何度も何度も謝りました。好きだということ、他の人は考えられない、〇〇しかいない、ということも必死に訴えかけました。

それで私の想いが伝わるはず、考え直してくれるはず、と思っていたんですね。

でも7stepを読んで、それだと自分の気持ちを押し付けているだけだということに気付いたんです。

彼女が別れを選んだのには理由があります。別れに至るまでには、たくさんの悩みや葛藤があったはずです。

それなのに私は彼女を引き止めることしか考えず、一方的に復縁を迫った。別れを選んだ彼女の気持ちは完全に無視して。

そんな人とやり直したいなんて思うわけがありませんよね。

復縁をするためには、別れを選んだ彼女の気持ちを理解して、まずはその気持ちに理解を示し、そこから私の気持ちを伝えないといけなかったんです。

このマニュアルには、彼女を振り向かせることができる正しい気持ちの伝え方が書かれていました。

↓↓↓
7stepのテキスト

そして、その通りに改めて気持ちを伝えてみたら、すぐに彼女から返信が来ました。そして、以前と同じようにやり取りができるようになりました。

彼女は、別れたときとは別人のようでした。

正しく気持ちを伝えた直後から、明らかに警戒心がなくなり、心を開いてくれたのが分かったんです。

このときは連絡が取れた嬉しさよりも、「また彼女に受け入れてもらえた」という安堵感のほうが大きかった気がします。気持ちの伝え方でこんなにも反応が変わるのか、という驚きもありました。

もちろん、これだけで復縁できるわけではありません。

でも復縁に一歩近づけて、初めて希望が持てました。

どうしたら彼女の気持ちを取り戻せるのかが分かった

7ステップのワーク

そこから彼女の気持ちを取り戻すために必要なのは、「変化」でした。

彼女が別れを選んだのには、必ず理由がある。私と付き合い続けるのが嫌になるような原因があったはず。

そして私に対し、変わってほしい、こうなってほしい、と望んでいたことがあったはず。

まずはそれが何なのかを理解すること。そして、それに応えること。

そうすれば復縁できる。

そのためには、別れの原因に応じて正しく変化を感じさせなければいけない。

このように書かれていました。

正しく気持ちを伝えて彼女を振り向かせてからは、変化をアピールして「前とは違う」という印象を与えるのが、7stepのやり方でした。

どんな原因であれ、自分のダメだったところを自覚できていない、反省の色が見えない、変化を感じない、変わろうとしているようにも思えないと受け取られたら、復縁を考えてもらうことはできない。

だから7stepでは、とにかく変化を感じさせることを重視していました。

そしてこのマニュアルには、そのために何をしたらいいのかが詳しく解説されていました。

別れの本当の原因の見極め方から、その原因の場合にやらなければいけないこと、正しい変化の感じさせ方、新たな魅力に気付いてもらうために必要なこと、もう一度好きになってもらえるアプローチの仕方まで。

私は7stepを参考にする前も、「変わったことに気付いてもらわないといけないんだろうな」とは思っていたんです。

でも、具体的に何をしたらいいのかが分からなかったんですよね。そもそも原因もよく分かっていませんでしたし。

だから、「変わるから」と口先だけで伝えることや、優しさや気遣いをアピールすることしかできなかったんです。

でも、このマニュアルに取り組んだことで、

  • なぜ彼女は別れを選んだのか?
  • 私のどこが嫌だったのか?
  • 彼女は私にどうなってほしいと思っていたのか?
  • その場合、何をどうアピールすれば変化が伝わるのか?
  • これからどんなところを見せていけば、もう一度好きになってもらえるのか?

ということが分かったんですね。

「あっ、自分はこうしたら復縁できるのか」ということを理解できたわけです。

あとはアプローチの仕方を参考にしながら、それを実践するだけでした。

7stepが私の人生を変えてくれた

「LOVE」と刻印された積み木

「もう一回、やり直せないかな?」

彼女からそう言ってもらえたのは、最初に会ってから2週間後のことでした。

自分の気持ちを分かってくれたのが嬉しくて、その瞬間、すれ違っていた心が通じ合った気がしたということ。

別れてから変わったような気がして、その間に何があったのかな、とか、私のために変わろうとしてくれたのかな、それくらい私のことを大切に想ってくれているのかな、と感じて、それから気になり始めたということ。

何度か会っているうちに、嫌なところばかりが目に付いて忘れていたけど、私はこの人のこんなところが好きだったな、と再認識することがあったということ。

一緒に過ごしていて、この人の隣はやっぱり落ち着くなって感じたということ。

そういったきっかけで真剣に復縁を考えるようになったということ。

一度離れてみて、改めて存在の大きさに気付いたということ。

そういう経緯で復縁を決意したということでした。

彼女の気持ちに理解を示すことや別れの原因をもとに変化を感じさせること、そこから私の魅力や大切さに気付いてもらえるアプローチを行うことなど、7stepを参考にして実践したことがすべて伝わっていて、「やってきたことは間違っていなかったんだな」と、すごくホッとしたのを覚えています。

最初はこういうやり方で彼女の気持ちを変えることができるなんて想像もできなかったので、これで本当に復縁できるのか、正直不安でした。

でも、これまでとは違う形で気持ちを伝えたらすぐに彼女の反応が変わり、会ったときには「なんか変わったね」と言ってもらえて、それからは付き合っていた頃のように接してくれるようになり、「今日会いたい」と誘われた日に復縁を申し込んでもらえたんです。

私はマニュアルに書かれていたことを実践しただけです。

特別なことは何もしていませんし、魔法のようなテクニックを使ったわけでもありませんが、7stepを参考にしていなかったら、こんな方法で大切さに気付いてもらえるなんて絶対に分からなかったと思います。

もう無理かもしれない…。

そんな気持ちもありましたが、あのときこのマニュアルに取り組んで本当によかったと思っています。

もしあなたも本気で復縁を目指しているのだとしたら、7stepが必ず参考になるはずです。

あなたが復縁をするためにやらなければいけないことが分かると思いますし、彼や彼女の気持ちが他の人に行ってしまう前にアプローチを行えば、高い成功率が期待でき、すぐによりを戻せる人も多いと思います。

© 2021 復縁のいろは