ハートの形を作った木片

復縁を目指していると、「少しは前に進めているのだろうか…」と不安になることが多いと思います。何の手応えも得られなければ、モチベーションを保つのも大変ですよね。

しかし、復縁が順調に進んでいれば、必ずそれなりの反応が得られます。

ここでは、そのことについて解説したいと思います。

復縁が近づいている場合に得られる6つの反応

復縁が近づいている場合、以下の6つの反応が得られます。

  1. 相手から連絡が来る
  2. 相手から誘われる
  3. デートのあとに連絡が来る
  4. 変化を指摘される
  5. 相手のテンションが高い
  6. 相手が帰りたがらない

では、順番に解説していきます。

1.相手から連絡が来る

LINE

  • どんな原因で別れたのか?
  • どんな別れ方をしたのか?

その状況によって変わってきますが、別れたあとは思うように連絡が取れないことが多いです。

付き合っていた頃のように連絡が取れる人は、ほんの一握り。無視をされたり、義務的なやり取りしかできないことがほとんどです。復縁を目指している人が最初に苦労するのも、ここだと思います。

しかし、あるとき急に相手から連絡が来ることがあります。

これは、主に以下のようなタイミングのときです。

  • あなたへの警戒心が薄まったタイミング
  • ふとあなたのことを思い出したタイミング

そしてこのタイミングというのは、あなたに対して心を開いたタイミングでもあります。

つまり、また連絡を取ることや会うことを受け入れてくれたと判断していいわけです。

相手から連絡が来れば、素直に応じるようにしてください。

2.相手から誘われる

スマホを見る女性

警戒心が強いときや悪い印象を持たれているときには、あなたのことを避けようとするのが普通です。自分から会おうとはしないはずです。

もし相手から食事などに誘われたとすれば、すでにあなたに対してマイナスの感情は抱いていないと考えていいでしょう。

そういう状況で会うことができれば、比較的簡単にあなたの良さを再認識してもらえると思います。

ただし、以下の場合は注意が必要です。

  • あまりにも早いタイミングで誘われたとき
  • 短い間隔で頻繁に誘われるとき

相手に未練が残っている可能性もゼロではありませんが、男性の場合は体が目的の可能性も考えられるので、最初は警戒しながら接するようにしてください。

会うのは全く問題ないんですよ。

ただ、そういう流れに持っていこうとしていないか、ということは見定める必要があります。

注意

ホテルに誘われた場合はもちろんのこと、「家に寄っていかないか?」と誘われた場合やあなたの家に来ようとした場合は、しっかりと断るようにしてください。

そしてその後は少し時間を空けるようにしてください。デートに誘われても、一度断ったほうがいいでしょう。

復縁を成功させるためにどちらかの家で2人きりで過ごす時間は必要ありません。それによって復縁できる可能性が高くなることもありません。

3.デートのあとに連絡が来る

スマホを見る女性

デートのあとに相手から連絡が来る場合は、その日のデートが上手くいったと判断していいと思います。

つまらなかったと思われた場合や、もう会うのはちょっと…と思われた場合などは、デート後に連絡なんて絶対にしてきませんから。

今日は楽しかったよ的な連絡が来たとしたら、それは「また誘ってね」という意味だと捉えて構いません。

ポイント

さすがにすぐだとガツガツ感が伝わってしまうので、1~2週間後くらいに誘ってみてください。

2回目以降のデートでのポイントに関しては、「復縁したい人との2回目以降のデートの仕方|重要な5つのポイントを解説」という記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

4.変化を指摘される

会話をするカップル

なぜ相手は別れを選んだのか?

それは、あなたに嫌なところがあったからです。もしくは、一緒にいて、我慢ができないほど嫌なことがあったからです。

そこから好きな気持ちを取り戻すには、あなたが変わり、その変化に気付いてもらう必要があります。「別れてから変わった」という印象を与えることができなければ、復縁は考えてもらえないわけです。

そんな中、もし相手から変化を指摘されるようなことがあったとすれば、これはすごく大きなことです。

指摘されたのが別れの原因と直接関係していることであれば、復縁成功に大きく近づいたといっても過言ではありません。

  • 冷却期間を正しく過ごすことができていたか?
  • ちゃんと自分磨きの成果が出ているか?

その判断基準にもなります。

ただし、内面、外見ともに、良い変化を指摘されなければ意味がないので、そこは勘違いしないようにしてください。

5.相手のテンションが高い

会話をするカップル

相手のテンションが高かったり、いつもより口数や笑顔が多かったりしたら、それはあなたに良く思われようとしている可能性があります。

  • つまらないと思われたくない
  • 自分といると楽しいと思ってほしい

こういう感情が働いていると考えられます。

嫌々会っていた場合や、あなたのことを何とも思っていない場合は、あえてテンションを低くしたり、つまらなそうにしたりして、適当にやり過ごすこともできます。

しかし、そうせずに楽しそうにしているのを前面に出しているとすれば、すでにあなたのことを再び異性として意識していると判断しても問題ないと思います。

ここでのポイントは、できる限りあなたも同じテンションで接すること

せっかく盛り上げようとしてくれているのに一歩引いてしまうと、相手の気持ちが冷めてしまう恐れがあります。

「つまらないのかな?」「もう自分のことは何とも思っていないのかな?」と感じ、そこからギクシャクし始めることも少なくありません。

ポイント

ここで駆け引きをしようなんて考えずに、自然体で楽しむようにしてください。

6.相手が帰りたがらない

スマホを見るカップル

デートをするときには、基本的に2時間程度で別れるようにします。相手に物足りなさを感じさせ、「もっと一緒にいたい」「また会いたい」と思わせるためです。

特に最初のうちは長く一緒にいると警戒されることもあるので、食事をしながら会話をして、2時間程度で帰るようにしてください。

一度会っただけ復縁成功、というケースは少なく、何度か会いながら少しずつ相手の気持ちを取り戻す必要があるので、最初は次に繋げることを優先させましょう。

「明日朝が早いから」など、何か適当に口実を作って帰るようにするといいと思います。

しかし、何度かデートを重ねていると、相手が帰りたがらないこともあります。二軒目に誘われたり、「もうちょっと話そ」と言われて散歩やドライブに誘われたり。

これは言うまでもなく、「もう少し一緒にいたい」という気持ちの表れです。

楽しさ、居心地のよさ、安心感などを与えることができていて、復縁まであと一歩の状態です。

この場合は素直に応じ、一緒にいる時間を増やしてみてください。

ポイント

それでも長すぎるのはよくないので、プラス1時間くらいを目安にするといいでしょう。

まとめ

以上、復縁が近づいているかどうかの判断基準について書いてみました。

こういう反応があれば復縁は成功間近だと判断していいですし、正しく進めていれば、必ずこういう反応が得られます。

先が見えずにめげそうになることもあるかもしれませんが、この判断基準を目安に一つひとつクリアしていってほしいなと思います。

相手が復縁を考えるようになるタイミングについては以下の記事でも解説しています。よかったらこちらも参考にしてみてください。