復縁できるタイミングはいつ?相手が復縁を考えるようになるタイミングも解説

「LOVE」の文字のブレスレット

復縁できるのはいつなのか?

相手はいつ復縁を考えてくれるようになるのか?

気になっている人が多いと思います。

ここでは、復縁できるタイミングや相手が復縁を考えるようになるタイミングについて、これまで多くの方をサポートしてきた経験をもとに解説しています。

いつ復縁できる?復縁成功のタイミング6選

ハートを渡すカップル

復縁できるタイミングとして多いのは、以下の6つのタイミングのときです。

復縁できるタイミング6選

  • 冷却期間後、2週間~1か月くらい経ったタイミング
  • 頻繁に連絡が来るようになったタイミング
  • 相手から誘われたタイミング
  • 別れた直後
  • 別れた1か月後
  • 他の人と付き合って別れたタイミング

冷却期間後、2週間~1か月くらい経ったタイミング

復縁できるタイミングとして一番多いのは、冷却期間後、2週間~1か月くらい経った頃です。

冷却期間を置くことで、相手の警戒心やこちらに対する悪いイメージが薄れる。

お互いが冷静になれて、フラットな状態で連絡を取ることや会うことができる。

変化や自分磨きをした成果などを会ったときにアピールすることで、また異性として意識してもらえるようになる。

何度か会っているうちに付き合っていたときの感覚を思い出し、安心感や心地よさを感じるようになる。

そして、2週間~1か月くらい経った頃に「復縁したい」と思うようになる。

こんな感じです。

冷却期間の長さは状況によって変わってきますが、平均で2~3か月。

なので、復縁できるタイミングとして一番多いのは、冷却期間に入ってから約3~4か月後ということになります。

頻繁に連絡が来るようになったタイミング

別れたあとも相手から連絡が来る場合、以下の3つの可能性が考えられます。

  • まだ未練が残っている(別れるかよりを戻すか迷っている)
  • もう完全に友達として見ている
  • これまでの習慣でなんとなく連絡をしている

このどれに当てはまるのかは、相手から連絡が来るだけでは判断できません。

でも、頻繁に連絡が来る場合は未練が残っている可能性が高いと言えます。

なぜなら、友達として見ていたり、これまでの習慣で連絡をしていたりという場合は、少ししたら連絡が来なくなることが多いからです。

「別れたのにこうして連絡をするのってやっぱりおかしいよね」と思うようになるんです。

何度か連絡が来たけどそれっきり、もしくはたまに来るくらい、という場合は、現時点ではあまり期待はできないかもしれません。

でも、毎日、もしくはそれに近い頻度で連絡が来ている場合は、近いうちに復縁できる可能性があります。

ただ、何も考えずに頻繁に連絡をしてくる人もいます。

本当に未練が残っていたら相手から復縁を申し込んでもらえるので、こちらからは何もしないようにしてください。

友達として対応していれば大丈夫です。

相手から誘われたタイミング

相手から誘われるということは、自分に会いたがっているということです。

すでに復縁を考え始めているのかもしれません。

また、最初はそうじゃなくても、会えていれば良い印象を与えることができます。

会っているうちに相手の気持ちが変わることもよくあります。

冷却期間中でも、相手から誘われたときには会ったほうがいいでしょう。

ただ、体が目当てで会おうとしてくる人もいます。

体の関係を持つと都合の良い存在になってしまうので、そこだけは注意してください。

別れた直後

復縁できるタイミングとしては、別れた直後も挙げられます。

「別れてみて改めて存在の大きさに気付いた」

そういった理由ですぐに戻ってきてくれることもあります。

別れた1か月後

最初は未練もやり直す気もなかった人が、少し経ってから気持ちが変わることもあります。

そのタイミングとしては、別れて1か月くらい経った頃が多いようです。

相手の気持ちも落ち着き、冷静になれた頃です。ふと別れた人のことを考えたり、付き合っていたときのことを思い出したりすることが増えます。

すると、相手のことが気になってきて、復縁を考えるようになることがあるわけです。

人によっては、そのタイミングは半年後かもしれないし、1年後かもしれません。

でも、時間が経ってから復縁できることも少なくありません。

それは、こういった心境の変化からです。

他の人と付き合って別れたタイミング

別れたあと、すぐ相手に新しい恋人ができるケースも多いです。

元彼や元カノの嫌なところの印象が強く残っている状態なので、他の異性を見たときに自然とそこを比較し、その結果、すごく魅力的に映るからなんですね。

元々その人のことが気になっていた、ということもあるかもしれません。

そして実際に新しい恋人ができたら、復縁は難しくなります。

でも、他の人と付き合ったことで元彼や元カノの良さに気付くこともあります。

それが理由で恋人と別れたのだとしたら、そのタイミングで復縁できるでしょう。

復縁のきっかけを作るタイミング5選

赤いバラの花束

ここからは、自分から復縁のきっかけを作ることができるタイミングについて解説していきます。

復縁のきっかけを作るタイミング5選

  • 冷却期間後のタイミング
  • 相手から連絡が来たタイミング
  • 相手から誘われたタイミング
  • 相手の誕生日
  • 荷物の受け渡しをするタイミング

冷却期間後のタイミング

復縁のきっかけを作るのに最適なタイミングは、冷却期間後です。

しばらく時間を置いたことで、自分に対する警戒心やマイナスのイメージが薄れています。

約2~3か月後(状況によっては半年以上)には、以前のように連絡をとることや会うことができるようになっていると思います。

あとは、そこで良い印象を与えるだけです。

冷却期間後は、復縁できる可能性が一番高いタイミングです。

相手から連絡が来たタイミング

別れたあとも相手から連絡が来る場合は、それほど警戒されていないと考えられます。そこまで悪い印象も持たれていないと思っていいでしょう。

未練さえ感じさせず、友達として接していれば、関係を進展させることができると思います。

連絡を取っているうちに、相手の気持ちが変わるかもしれません。冷却期間に関係なく、すぐに会えるようになるかもしれません。

自分の言動次第で復縁のきっかけを作ることができる状況です。

相手から誘われたタイミング

相手から誘われたときも、自分の印象を変えることができるチャンスです。

別れる原因となった部分の変化や自分磨きをした成果などを見せることができれば、相手が復縁を考えてくれるようになる可能性があります。

そもそも相手に警戒心がなく、自分に会いたがっている状況です。

復縁のきっかけを作るのは難しくないと思います。

相手の誕生日

相手の誕生日は、連絡をするのに最適なタイミングです。

しばらく連絡を取っていないと、「いつ、どういう内容の連絡をしたらいいんだろう?」と迷うと思います。

でも誕生日は、何も考えずに「おめでとう」と送ることができます。

あるとき突然、目的の分からない連絡が来るのと違い、「誕生日のお祝いのために連絡をした」というのが相手にはっきりと伝わるので、警戒されることも少ないです。

それを機に連絡が取れるようになり、会う流れに持っていくことができるかもしれません。

特に冷却期間が終わる頃と相手の誕生日が重なる場合は、連絡をするのに最高のタイミングです。

荷物の受け渡しをするタイミング

相手の荷物が残っている、もしくは自分の荷物が相手のところにある場合、その件で連絡をすることができます。

そして、荷物の受け渡しのために会うことになると思います。

自分から食事などに誘うのとは違い、荷物の受け渡しのために会うので、警戒されることもありません。

でも、荷物の受け渡しのために会うことさえできれば、その流れで食事に行くこともできます。

そこで楽しい時間を過ごせたら、「また会いたい」と思ってもらえるようになります。

相手が最初は会うことに抵抗があったとしても、一気に復縁成功が近づくでしょう。

相手があなたのことを意識し始めるタイミング

ハートの形をしたボックス

では、いつ相手があなたのことを意識し始めるのでしょうか?

それは、

  • 会って、あなたの変化と魅力を感じたとき
  • 一緒に過ごした時間を「楽しい」と思ってもらえたとき

です。

会って、直接顔を見て会話をすることで、やっと警戒心がなくなります。

そこであなたの変化と魅力を感じることで、悪いイメージがなくなり、良い印象を持ってもらえます。

その上で楽しい時間を過ごせば、あなたの対して好意を抱くようになります。

つまり、あなたのことを意識させるために重要なのは、

  • 会ったときに変化と魅力を感じさせること
  • 一緒に過ごす時間を「楽しい」と思ってもらうこと

です。

会ったときには、この2つを意識して接するようにしてください。

相手が復縁を考えるようになるタイミング

女性が砂浜に書いたハート

次に、相手があなたとの復縁を考えるようになるのは、どんなタイミングなのか?

それは、

  • 会ったあと一人になり、「楽しかったな」と余韻に浸っているとき
  • 「また会いたいな」と思ってもらえたとき

です。

一緒にいた時間が楽しかったら、家に帰ったあとに一人になると、ふと寂しさが襲ってきます。

余韻に浸っていると、「また会いたい」という気持ちにもなります。

そこで考えるのは、あなたのことです。

その流れで付き合っていたときのことも思い出します。しかもそういうときに思い出すのは、楽しかった思い出ばかりです。

このような心理状態になったときに、相手はあなたとの復縁を真剣に考えるようになります。

つまりポイントは、

  • いかにあなたのことを考えさせるか
  • あなたのことを考えさせる時間を増やすか

なんです。

そのためには、会ったときに良い印象を与え、楽しい時間を過ごすことが重要になります。

連絡が取れたら早めに誘うこと

スマホを操作する女性

ここまで読んでいただけたら分かると思いますが、復縁のきっかけを作るためには、会うことが何よりも重要です。

あなたのことを意識させるのも、相手に復縁を考えさせるのも、会わないとできないことです。

つまり、復縁をするためには、会うことを一番に考えないといけないわけです。

冷却期間後に連絡をして返信が来たら、早めに誘うようにしてください。

ポイント

特に警戒されている感じもなければ、二度目か三度目に連絡をしたときには誘って大丈夫です。

久しぶりに連絡をした日にいきなり誘うと警戒されるかもしれないので、その日は少ないやり取りで終わらせ、次は5~7日後くらいに連絡をしてみてください。

そして、そのときに友達として接してくれているように感じたら、そこで誘ってみましょう。

不安なら、さらに5日後くらいに連絡をして誘うといいと思います。

ただ、相手が素っ気なかったら、1か月くらいは連絡もせずに時間を置くようにしてください。

勝負は2回目のデートから

手を重ねるカップル

会えても、焦りは禁物です。

いきなり異性として意識させようとすると、ガツガツ感が伝わり、未練を感じさせてしまう恐れがあります。

別れてから久しぶりに会う最初のデートでは、まず警戒心を解くことだけを考えてください。友達として、肩の力を抜いて自然体で接するようにしましょう。

最初のデートでの接し方に関しては、「元彼・元カノと久しぶりに会ったときに復縁成功を近づける正しい接し方」という記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしていただければと思います。

「意識すべきポイントが多い」「そこまでする余裕がない」という方は、とりあえず以下の3つを抑えていれば大丈夫です。

  • 別れの原因となった過ちを繰り返さないこと
  • できるだけ会話を途切れさせずに楽しく過ごすこと
  • 居心地のいい空間を作ること

それさえクリアできれば、必ずまた会ってもらえます。

勝負は、2回目のデートからです。

ここからあなたのことや復縁を意識させるように接していきます。

2回目のデートでのポイントに関しては、「【元彼・元カノとのデート】復縁に繋げるための重要なポイントを解説」という記事を参考にしてみてください。

また、以下の記事では、計3回のデートで復縁を成功させるためのプランについても解説しています。

「復縁したい」と思わせるためにやるべきこと

最後に、「復縁したい」と相手に思わせるためにやるべきことを解説します。

別れの原因を見極める

あなたのことを意識させるためには、まずは変化と魅力を感じさせる必要があります。

ただ、変化を感じさせることが重要とはいえ、どんな変化でもいいわけではありません。

別れの原因と関係している部分の変化じゃないと意味がないんです。

嫌だったところがちょっとでも変わっているように感じたときに、「前とは違う」「別れてから変わった気がする」「自分の知らない間に何があったのかな?」と感じ、あなたのことが気になり始めるので。

ということは、まずは別れの原因を理解しておく必要がある、ということです。

どうして振られたのか?

あなたはその理由が分かっていますか?

疑いようがないくらいはっきりした原因があるのなら、ここは飛ばして大丈夫です。

でも、振られた理由が分からない人や、いくつも思い当たるものがある人は、別れの原因を探すところから始めましょう。

以下の質問に答えながら、付き合っていたときのことを振り返ってみてください。

  • 付き合っていたとき、相手からどんなことを注意されていましたか?
  • 何度も指摘されていたことはありませんでしたか?
  • どんなことがきっかけで喧嘩になりましたか?
  • どんなときに相手の機嫌が悪くなりましたか?

どんなに小さなことでもいいので、思い出せるものはすべて挙げてみてください。

原因として考えられるものや、相手があなたに求めていたものが必ず見えてくるはずです。

自分のダメだったところを改善する

次はその原因をもとに自分のダメだったところを改善する努力をしましょう。

簡単ではないかもしれませんが、変わる努力をしていれば必ず変われます。

そしてあなたのことをよく知っている相手は、どんなに小さな変化でも必ず気付いてくれます。

自分磨きをする

あなたのことを意識させるためには、変化と同時に魅力を感じさせることも必要です。

あなた本来の魅力は普通に接していたら伝わるので、特に意識しなくても大丈夫です。

でも、すでに知っている魅力を再認識しても、相手の気持ちは変わりません。

重要なのは、別れてからより魅力的になったと思わせること

単純ですが、久しぶりに会ったときに「前よりも可愛くなった(かっこよくなった)」と思ってもらえたら、それだけで異性として意識するようになるものなんです。

そのためにやってほしいのが、外見の自分磨きです。

ポイント

ヘアスタイルやメイク、服装、体型などを相手好みに近づけることを意識して自分磨きをしてみてください。

相手の好みがよく分からない場合は、ガラッと印象を変えてみるのも効果的です。

復縁できるタイミングについてのまとめ

どういうタイミングで復縁できることが多いのか?

どのタイミングで復縁のきっかけを作ることができるのか?

どんなタイミングで相手は復縁を考えるようになるのか?

そのことについてお伝えしてきました。

こういったタイミングを理解できていると、チャンスを逃さず、確実に復縁に繋げることができます。

ぜひ頭に入れておいてください。

私が復縁できたときの話

指輪をした男女の手

私も以前、復縁を経験しました。

振られてから1か月半で復縁できたときの話です。

「好きって気持ちがなくなった…」

そう別れを告げられたとき、私にできたのは、必死に想いを伝えることくらいでした。

でも何を言っても全く相手にされず、避けられるようになっていました。

そんな私が復縁できたのは、大切さに気付いてもらえるアプローチができたからです。

そのために何をしたらいいのかを教えてくれたのが、7step復縁方法でした。

以下の記事の中で、この方法を実践して復縁できたときのことを書いています。