振られた側だけど復縁したい。でも、どうしたらいいのか分からない…

よくこんな相談を受けます。

復縁したいけど、これから何をしたらいいのか分からずに悩んでいる人は多いと思います。

そんな人のために、ここでは、振られた場合の復縁の可能性や振られた側が復縁を成功させる方法について解説しています。

本気で復縁を目指している人は参考にしてみてください。

振られた側でもどんな人なら復縁できる?振られても復縁可能な状況

指輪を外す女性の手

「振られたけど、復縁できるのか?」

誰もが気になっていることだと思います。

振られた側でも、以下のケースにすべて当てはまっている人は、これからお伝えすることを実践していただければ復縁できる可能性が高いです。

交際期間が6か月以上

振られても、交際期間が6か月以上だと復縁できる可能性があります。

付き合っていた期間が長くなるほど、復縁できる可能性も高くなります

  • 大好きだった
  • 良いところをたくさん知っている
  • 楽しいことがたくさんあった
  • 相性がよかった
  • 将来を考えていた
  • 忘れられない思い出がたくさんある

こういった要素が、相手に復縁を意識させる大きなきっかけになるからです。

反対に、交際期間が6か月未満だった場合は、本来なら一番楽しくて、ラブラブで、どんどん相手のことを好きになっていくタイミングで振られたことになります。

それだけの理由があったということです。残念ながら、最低でも6か月以上は付き合っていないと復縁可能な状況とは言えません。

相手に好きな人や新しい恋人がいない

相手に好きな人や新しい恋人がいなければ、復縁は可能です

別れたあとに寂しさを感じたり、あなたのことを考えたり、大切さに気付いたりして、相手の気持ちが変わる可能性があります。

連絡を取って、会って、もう一度好きになってもらえるようにアプローチを行うこともできます。

すでに好きな人や新しい恋人がいる場合も、元彼や元カノの良さに気付いて戻ってきてくれる可能性はあります。

でも大抵の場合、復縁が可能になるのは、好きな人と恋人関係に発展しなかったときや、恋人と別れたときです。

ブロックや着信拒否はされていない

ブロックや着信拒否はされていない状況なら、心から嫌われたわけでもないと判断できます

相手が完全に関係を絶とうとしているわけでもありません。

あなたから連絡ができる状況です。今後、友達として連絡を取ることや会うことができれば、相手の気持ちを変えるのは難しくありません。

ただ、ブロックや着信拒否をされていても、時間が経てば解除してくれることもあります。

そうなったら復縁できる可能性が出てきます。

自分の嘘や浮気が原因ではない

自分の嘘や浮気など、相手を裏切るようなことが原因でなければ、復縁できる可能性があります

相手を大きく傷つけたわけでも、これまで築いてきた信頼関係が完全に崩れたわけでもないからです。

別れることになったのには何か原因があるはずですが、嫌なところがあった程度なら、その部分の変化やあなたの魅力を感じさせることができたら、復縁したいと思ってもらえるようになります。

でも、自分の嘘や浮気が原因で、一度不信感を抱かれると、人として信用してもらえなくなるため、復縁は難しくなります。

振られた側が復縁を成功させるための5つのポイント

ここからは、振られた側が復縁を成功させるための5つのポイントについて解説していきます。

一日でも早く別れを受け入れる

振られたあと、別れたくないことを伝えても相手の気持ちが変わらなかった場合は、一日でも早く別れを受け入れてください

やり直す気がない人にしつこく復縁を迫っていると、さらに嫌われ、警戒もされるようになります。

「別れたい」と思った理由が何かあり、ただでさえあなたの印象が悪くなっているときです。振られたあとに今以上に悪いイメージを持たれてしまうと、復縁は難しくなります。

つらいと思いますが、一日でも早く別れを受け入れることが、復縁の可能性を高めることに繋がります。

まずは想いを伝えるべきですが、無理そうだと感じたら、すぐに引き下がるようにしてください。

冷却期間を置く

振られた場合は冷却期間が必要になります。

冷却期間とは、別れたあとに相手と距離を置く期間のことを言います。

なぜ冷却期間が必要なのか?

それは、しばらく時間を置かないと復縁できない状況だからです

振られたとき、相手はあなたのことが嫌になっている状態です。

一度でも復縁を迫ったのなら、未練があることが伝わっていて、警戒もされていると思います。

その状態からすぐに相手の気持ちを変えるのは難しいです。

でも冷却期間を置けば、以下の理由から復縁可能な状況になります。

  • お互いが冷静さを取り戻せる
  • 時間とともにあなたに対する警戒心と悪いイメージが薄れる
  • 一度離れることで、相手があなたの大切さに気付くことがある

すぐには復縁が無理な状況でも、冷却期間を置けば、復縁に向けた関係を作っていけるようになります。

その期間の目安は、2~3か月です

そのくらい経った頃には、相手の心境に変化が表れていると思います。

別れたあとも定期的に相手から連絡が来る場合は2か月、ほとんど、もしくは全く連絡がない場合は3か月を目安にしてください。

冷却期間中は自分からは連絡をしない

冷却期間中は、特別な用件がない限り自分からは連絡をしないようにしてください。

別れたあとも連絡をしていると、そこから未練が伝わり、警戒される可能性があります。

ただし、どうしても連絡を取る必要がある場合は、振られた側から連絡をしても問題ありません。

明確な用件があって連絡をした場合は、その件に関するやり取りをするだけなら、復縁に悪影響はないと思っていいでしょう。

相手から連絡が来れば応じる

別れたあとも相手から連絡が来る場合は、冷却期間中でも応じるようにしてください。

付き合っていたときの感覚が抜けないからなのか、友達として関係を続けたいからのか、寂しいからなのか、未練があるからなのか、連絡をしてきた理由は分かりませんが、あなたのことを悪くは思っていないと判断できます。

やり取りをしていれば、何か進展があるかもしれません。

ただし、以下の点には注意してください。

  • 未練を感じさせないようにする
  • 復縁を迫らない
  • 友達として接する
  • 無理にやり取りを続けようとしない
  • 自分からは連絡をしない

こういったことを意識していただければ大丈夫です。

基本的には、相手から聞かれたことに答えるだけにするのが無難です。自分から話題を広げようとはしないほうがいいと思います。

誘われたら会ってもいい

振られた直後でも、相手から誘われたら会って構いません。

誘われるということは、あなたに会いたい気持ちがあるということです。会っていると、相手の気持ちが変わるかもしれません。

ただし、その際も未練を感じさせるような言動は取らないように気を付けてください。

また、以下のような場合は会うのはやめたほうがいいかもしれません。

  • 会うのがつらい場合
  • 会ったら復縁を迫ってしまいそうだと感じる場合
  • 気まずい雰囲気になりそうな場合
  • 友達として接することができそうにない場合

無理に会う必要はないので、不安な場合は何か理由をつけて断るようにしましょう。

もし会うことになった場合は、できるだけ自然体で接することを意識してください。

変わる努力をする

自分に原因があって振られたのなら、その原因となった部分を改善するために変わる努力をしてください

相手が別れを選んだのは、あなたに嫌なところがあったか、状況や関係性に不満を感じていたか、のどちらかだと思います。

ということは、今のままでは相手が復縁を考えてくれる可能性は低いということです。

でも、変化に気付いてもらえたら、「あの頃とは違う」と思ってもらえて、それがきっかけとなって相手が復縁を考えてくれるようになります。

例えば、自分のわがままが原因だった場合は、相手は「もっとこっちのことも考えてほしい」「人を思いやる気持ちを持ってほしい」と思っていたはずです。

この場合は、これから相手のことを一番に考えた言動を取るようにすれば、相手が求めていたことに応えることができます。心から反省していることや変わろうとしていることなども伝わります。

振った側が復縁を考えるようになるのは、そんなときです。

変わるためには、普段から家族や友人に対してわがままを言わないようにして、その人のことを一番に考えた言動を取るようにするといいと思います。

変わるのは簡単なことではないと思います。でも、日頃から変わろうと意識して過ごしていれば、必ず変われると思います。そして、あなたのことをよく知っている相手は、ちょっとした変化でも絶対に気付いてくれます。ほんの少しでも変化が伝われば、復縁成功は一気に近づきます。

より魅力的になるための自分磨きをする

もう一度好きになってもらうためには、別れたときよりも魅力的になった姿を見せることも大事になってきます。

  • 「別れてから可愛くなった」
  • 「前よりカッコよくなってる」
  • 「なんか雰囲気が変わった」

そう思ってもらえたら、それだけであなたのことを異性として意識するようになると思います。

それが、相手の恋愛感情をよみがえらせることに繋がります。

別れたときよりも魅力的になったところを見せ、相手をドキッとさせることで、もう一度好きになってもらえるきっかけを作ることができるわけです。

そのためには、より魅力的になるための自分磨きもするようにしてください

  • イメチェンをする
  • 髪型や服装、メイクなどを相手好みの近づける
  • 付き合ってから太った人はダイエットをする

復縁を可能にするための自分磨きをするためには、こういったことを意識するといいと思います。

新しいことを始めたり、生活習慣などを変えたりするのもおすすめです。

  • ずっと興味があったけどやっていなかったことに挑戦してみる
  • 一人で過ごすことが多かったのであれば、積極的に人と会うようにする
  • 家でダラダラ過ごしてばかりいたのであれば、できるだけ外に出るようにする

このような内面の自分磨きもしていると、別れの原因とは関係のない部分の変化にも気付いてもらえます。

人としての成長や変化が期待でき、あなたの魅力も増します。

別れてから内面・外見ともに変わったところや魅力的になったところなど、相手の知らない新たな一面を見せることで、あなたの魅力を再認識させることができます。

SNSに自分磨きをした成果を載せる

SNSに自分磨きをした成果を載せるのもおすすめです

  • イメチェンをした姿を載せる
  • 変わろうとしているのが分かるような投稿をする
  • 新たに始めたことについての投稿をする

こういったことをSNSに載せると、相手が目にしたときに、あなたのことが気になり始める可能性があります。

こんな些細なことでも、復縁したいと思ってもらえるかもしれません。

冷却期間後から復縁成功までの進め方

冷却期間後は以下の流れで進めていきます。

友達として連絡が取れる関係を作る

冷却期間が終わったら、まずは連絡をして、友達として連絡が取れる関係を作ります。

このときに意識してほしいのが、以下の2つ。

  • 連絡をした目的を明確にすること
  • 友達として気さくに接すること

連絡をした目的を明確にすること

久しぶりに連絡をすると、「なんで急に連絡をしてきたんだろう」と思われ、警戒されることがあります。

返信をもらうためには、連絡をした目的を明確にして、「こういう理由でLINEをしてきたんだな」と思ってもらえるような内容にすることが大事です。

基本的には質問系の内容にするのがおすすめです。

前、一緒に○○を食べたお店覚えてる?

美味しかったから今度友達と行こうと思うんだけど、名前も場所もよく覚えてなくて。

このようなLINEを送れば、連絡をした目的や理由がはっきりと伝わります。いきなり連絡をしても不自然ではないと思います。

簡単な挨拶をしたあとに何か質問をすれば、「これが聞きたかったから連絡をした」というのが伝わります。相手はその質問に答えればいいので、返信が来る確率も高くなります。

友達として気さくに接すること

友達として気さくに接することも心がけてください。

振られた側から連絡をするのは、不安や気まずさがあると思います。

しかも、久しぶりの連絡です。どうしてもよそよそしい感じになってしまうことが多いです。

でも、振った側にも気まずさがある状態です。あなたの接し方に違和感を覚えると、なかなか心を開いてくれません。

友達として連絡を取るためには、振られた側のあなたが気さくに接し、相手に気まずさを感じさせない雰囲気を作ってあげてください。

何度かやり取りができるようになったら食事に誘う

何度かやり取りができるようになったら、食事に誘ってください。

食事に誘うのは、「久しぶりにご飯でも行かない?」という感じで気軽に誘いやすく、「食事くらいなら」と相手も応じやすいからです。

やり取りをしているときに相手も気さくに接してくれているようなら、会ってくれると思います。

直接会って顔を見ながら会話をしないと、打ち解けることも、次のステップに進むこともできません。

変化や自分磨きをした成果にも気付いてもらえません。

誘えそうな雰囲気を感じたら、気軽に食事に誘ってみることをおすすめします。

会ったときに変化を感じさせる

会ったときに意識してほしいのが、変化を感じさせることです。

冷却期間中に変わる努力をしていれば、普通に接しているだけでも相手はその変化に気付いてくれると思います。

でも、別れの原因に応じて何かアピールできることがあれば、言葉や行動で自分から変化をアピールしてみてください。

  • 自己中なところがあったのなら、相手のことを優先したり、気遣ったりするような言動を取る
  • 自分の意見や考えを押し付けていたのなら、相手の話をよく聞き、言っていることに共感をするようにする
  • 愚痴やネガティブなことばかり言っていたのなら、楽しかった出来事やポジティブな印象を与えるようなことを話す

他にも、「最近こんな風に過ごしている」とか、「こういうことを頑張ってる」とか、別れの原因と関係していることについて、変わろうとしているのが伝わるようなことを言うのもおすすめです。

何度か会って相手に復縁を意識させる

復縁できるまでには何度か会う必要があります。

一度会っただけで「よりを戻したい」と思ってくれることは、まずありません。

相手だって慎重になります。「やっぱり好きかも」と思ってもらえても、その気持ちが確信に変わらなければ、そう簡単に「復縁」という選択はしてくれないんですね。

でも、一度目に良い印象を与えることができていれば、すぐに二度、三度と会うことができます。

何度も会うことは、復縁したいと思ってもらうためには必要なことです。

会えば会うほど、相手はあなたのことを意識するようになるからです。

  • 付き合っていたときの感覚を思い出す
  • 居心地の良さや安心感を覚える
  • あなたと一緒にいるのが当たり前になる
  • あなたの存在の大きさや大切さに気付く

これはすべて、何度も会うことで得られるメリットです。

一日でも早く復縁したい気持ちがあると思いますが、焦らずに3回くらいは会うようにしたほうがいいでしょう。

相手の好意が伝わってきたら復縁を申し込む

最後に、復縁したいことを伝えます。

復縁を申し込むときには、素直な想いを伝えれば大丈夫です。あなたの気持ちをストレートに伝え、復縁を申し込んでください。

それよりも重要なのは、復縁を切り出すタイミングです。

相手が復縁したい気持ちになっているときなら、「やり直したい」と言うだけで相手は復縁を受け入れてくれるはずです。

でも、まだ復縁を考えられない心境のときには、こちらが何を言っても断られる可能性があります。

復縁を申し込むのは、相手の好意が伝わってきてからにしてください。

  • 相手のほうから頻繁に連絡が来るようになった
  • 相手から誘われることが増えた
  • 会ったときに楽しそうにしている
  • 相手が帰りたがらないことがある
  • 相手が思い出話をするようになった

このようなタイミングで想いを伝えれば、相手は復縁を受け入れてくれると思います。

振られた側が復縁できるまでに気を付けてほしいこと

振られた側が復縁できるまでに気を付けてほしいこともあります。

手応えを感じても焦らないこと

振られたあとも相手のほうから連絡が来たり、会おうとしてきたり、まだ好意があると受け取れるようなことを言ってきたりして、「もしかしたら復縁できるかも」と思うこともあるかもしれません。

でも、相手の本心が分かりません。そんな気は一切なくて、友達として連絡をしたり会ったりしているだけかもしれません。

もし相手が本当に復縁を望んでいたとしたら、その関係を続けていれば相手のほうから言ってくるはずです。

冷却期間中は、手応えを感じても絶対に焦らないようにしてください。

アプローチを始めるまでは、振られた側は【待ちの姿勢】でいるように心がけてください。

連絡をしても返信がなかったらもう少し待つ

冷却期間後に連絡をしても、返信がないこともあります。

まだ警戒心や怒り、悪いイメージなどのネガティブな感情や、気まずさがあることが理由として考えられます。

相手の性格や心境、状況などを考えたら、3か月程度の冷却期間では足りなかったということです。

その場合はもう少し待つしかありません。

さらに2~3か月くらいは冷却期間を延長するようにしてください。

復縁できるまで体の関係は持たない

元彼が会おうとしてくるときには、体の関係を持つのが目的のことがあります。

でも、そこで体を許してしまうと、都合のいい存在になる可能性や、次が見つかるまでの繋ぎとして見られる可能性があります。そうなると復縁は難しくなります。

復縁できるまで体の関係は持たないようにしてください。

会ったときにはそういう流れに持っていかれないように気をつけましょう。相手の家に行かないことや自分の家に上げないこと、ホテルに行かないことなどを意識するといいと思います。

振られた側が復縁できるかどうかの判断基準

振られた側が復縁できるかどうかは、以下の2点である程度判断できます。

冷却期間後、まだ相手に恋人がいない

振られた場合は冷却期間が必要ですが、別れてすぐに相手に新しい恋人ができることもあります。

恋人ができたら、もうどうすることもできなくなります。

うまくいかずに別れる可能性もありますが、それまでは復縁できない状況です。

でも、相手がまだフリーなら、いくらでもチャンスはあります。

ずっと何もできずにいると手遅れになるリスクが高くなるので、冷却期間が終わったら積極的に行動を起こすようにしましょう。

冷却期間後に会える

冷却期間後に会えるかどうかも、復縁の可能性を判断する材料になります。

連絡が取れるかどうかは、「連絡が来たからとりあえず返信をした」「無視するのは抵抗があるから返信をした」ということがあるので、復縁の可能性を判断する材料にはなりません。

でも、会うことに関しては、嫌われていたらそもそも会ってくれないと思います。

友達としてでも会うことさえできれば、そこで楽しい時間を過ごすことや、変化や魅力に気付いてもらうことができたら、復縁を考えてもらえるようになります。

反対に、いつまで経っても連絡すら取れない場合や会ってくれない場合は、復縁は難しいかもしれません。

まとめ

振られた側から復縁を成功させる方法についてお伝えしました。

振られた場合でも、正しいアプローチを行えば復縁は可能です。

特に重要なのが、別れの原因となった部分の変化を感じさせることと、別れたときよりも魅力的になった姿を見せることです。変化と魅力が伝われば、振った側の気持ちを変えることができます。

そのため、冷却期間中には変わる努力と自分磨きをするようにしてください。

その後は、連絡をして、会って、もう一度好きになってもらえるようにアプローチをしていきます。

今は不安が大きいと思いますが、ここでお伝えしたことを参考にしていただければ、やり直せるチャンスを掴むことができるはずです。

振られたけど復縁したい人にとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。