【二度目の復縁】一度失敗した人がまたやり直すための方法

2つのハートのペンダント

一度別れ、よりを戻し、再び別れ。

このように別れを繰り返した場合、二度目の復縁は少し難しくなります。前回と同じようにはいかないと思ってください。

では、どのようなことを意識して進めればいいのか?

そのことについて詳しく解説したいと思います。

二度目の復縁が難しくなる理由

背を向けて座るカップル

なぜ別れを繰り返したのか?

その理由を考えれば分かると思います。

まず最初に相手が別れを選んだのは、あなたに嫌なところがあったからだと思います。それに耐えられなくなったから、別れを決意したんだと思います。

でも、実は未練が残っていた。

あなたに変わってほしくて、自分がそれだけ嫌な想いをしているのを分かってほしくて、自暴自棄になって別れを切り出した。

もしくは、本気で別れを決意したけど、あなたの想いに心を動かされた。

この別れを機に変わってくれるんじゃないかと期待した。

それで、一度はやり直すことを決めたんだと思います。

でも結局、あなたは変わらなかった。

嫌なところばかりが目についた。

一度冷めた気持ちが戻ることはなかった。

再び別れることを選んだのは、こういった理由からだと思います。

つまり、「もしかしたら今度こそは…」と期待していたのに、完全に裏切られ、愛想を尽かされた状態だということです。

そう簡単に二度目のチャンスをくれるわけがない、というのは容易に想像ができると思います。

自分の想いを伝えようが、泣いてお願いをしようが、時間を置こうが、そんなことでは復縁は難しい状況です。

二度目の復縁を目指すときに重要なこと

ピンクと赤の2枚のハート

口先だけではどうにもならないことをご理解いただけたと思います。

では、どうすれば復縁できるのか?

重要なのは、「変わること」です。

あなたのどこに不満を抱いていたのか?

それを考え、理解し、あなたが変わるしかないんです。

これは復縁をするときの絶対条件なのですが、前回はそこを意識することもなく、流れで何となくやり直すことになったのではないでしょうか?

でも、上手くいかなかった。

つまり、一度目のチャンスをふいにしてしまったということです。

だったら、今度は徹底的に変わるしかないんです。

二度目の別れなので、たぶんその原因に関しては、すでに分かっていると思います。

  • 相手は何を求めていたのか?
  • 自分はどうなるべきなのか?

それも分かっているはずです。はっきりとは分かっていなくても、少し考えれば、必ず答えは見つかるはずです。

今までは自分の問題点を自覚しながらも、そこから目を背けていたかもしれませんが、もうそれでは通用しないところまできています。

ポイント

復縁を目指すなら、日々の生活の中でその問題点を常に意識しながら過ごしてください。そして、変わろうとしてください。

その意識を持っているだけで、必ず変われます。そして、確実にその変化に気付いてもらえます。

あなたのことを良く知っている人が相手です。特に嫌だったところに関しては強く印象に残っているので、ほんの些細な変化でも必ず気付いてもらえます。

口で「変わるから」と言っても信じてもらえる状況ではありませんが、連絡を取っているときや会っているときにその変化に気付けば、あなたのことを意識するようになるはずです。

そこで初めて、相手に復縁を考えさせるきっかけを与えることができます。

一度目と二度目で別れの原因が違う場合

この場合は、二度目の別れの原因をもとに進めていってください。

なぜなら、二度目の原因となった言動や出来事のほうが強く印象に残っているからです。

一度目の別れの原因となったことに関しては、二度目の別れには影響を及ぼしていない可能性もあります。

もちろん、一度目の原因が関係している可能性も否定できません。

もしかすると、どちらか一つなら別れに発展しなかったけど、二つの原因が合わさったことが別れを決定づけたとも考えられます。

ただ、それを考えても推測の域を出ないと思います。

また、一度目と二度目、どちらも改善しようとしたら、時間がかかるし、中途半端な変化で終わってしまうことも考えられます。

二度目の別れの原因に絞ったほうが確実です。

冷却期間の目安は2~3か月

白い砂時計

一度やり直したけど、やっぱりダメだった。

この場合、あなたに対する印象はかなり悪くなっています。その状態では、無理に連絡を取ろうとしても避けられるだけです。

注意ポイント

強引に距離を縮めようとすれば、さらに状況が悪化する可能性が高いので、まだ復縁を迫り続けている方は今すぐやめてください。

しばらくは冷却期間を置くしかありません。

その目安は、2~3か月。

まず、相手の警戒心が薄れるのに、このくらいの時間を要します。2~3か月もあれば、あなたへの悪い印象や警戒心はかなり薄れているでしょう。

また、これは、あなたが変わるのに必要な時間でもあります。うわべだけの変化ではなく、「本当に変わった」と思ってもらうには、最低でもこのくらいの時間が必要です。

ただし、2~3か月というのはあくまで目安なので、場合によっては、もう少し長くかかることもあると思います。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

二度目の復縁についてのまとめ

二度目の復縁だからといって、特別なことが必要になるわけではなく、復縁をするためにやることは変わりません。

復縁成功までの具体的な流れに関しては以下の記事で解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

ただ、一度目と比べ、変化を強く印象づけなければいけないこと、より強く「変わった」と確信させなければいけないことが、少し復縁を難しくします。

一度目の別れよりも印象が悪くなっているので、そのぶん時間もかかるかもしれません。

しかし、本気で変わろうとすれば、復縁は可能です。

三度目はないので、これが最後のチャンスだと思って冷却期間を過ごしてください。

私が復縁できた理由

指輪をした男女の手

私も以前、復縁を経験しました。

別れてから1か月半で復縁できたときの話です。

「好きって気持ちがなくなった…」

そう別れを告げられたとき、私にできたのは、必死に想いを伝えることくらいでした。

でも何を言っても全く相手にされず、避けられるようになっていました。

そんな私が復縁できたのは、大切さに気付いてもらえるアプローチができたからです。

そのために何をしたらいいのかを教えてくれたのが、7step復縁方法でした。

以下の記事の中で、この方法を実践して復縁できたときのことを書いています。