別れたあとの荷物の受け渡しを復縁に繋げるための正しい対応の仕方

更新日:

レターボックス

恋人と別れたあと、荷物はどうすればいいのか?

気になっている方が多いと思います。

  • 自分のところに彼や彼女の荷物や借りているものがある
  • 相手のところに自分の荷物や貸しているものがある

あなたの状況はどちらでしょうか?

基本的にどちらでも取るべき対応に大きな違いはありません。

しかし、それぞれの状況でいくつか意識してほしい点があります。

ここでは、別れたあと、【自分のところに彼や彼女の荷物がある場合の対応の仕方】と【相手のところに自分の荷物がある場合の対応の仕方】について解説します。

相手の荷物が残っている場合

まずは自分の手元に相手の荷物がある場合の対応の仕方から。

自分から連絡をして返す必要はない

相手の荷物があると、親切心から早く返そうとする人や、その荷物を返すのを利用して会おうとしたり、どうにかして復縁に繋げようとする人が多いと思います。

しかし、自分から連絡をして返す必要はありません。相手から連絡がない限り、そのままにしておいてください。

その理由を説明します。

別れた直後なら状況を悪化させる可能性のほうが高い

一番の理由はこれです。

別れた直後は冷静さを失っていることが多く、ただ荷物を渡すだけでは終わらない可能性が高いからです。

本人を前にすると、絶対に未練を感じさせてしまうと思います。「やっぱり別れたくない」と言ってしまう人だっているはずです。

それではあなたへの警戒心がさらに強まり、印象も悪くなり、状況も悪化します。

「どうにかして復縁に繋げたい」という気持ちも分かるのですが、相手が本気で別れを決めたのであれば、そのタイミングでどうにかすることはほぼ不可能なんですね。

相手にも未練が残っていればやり直せる可能性はありますが、もしそうだとしたら、別に荷物を返さなくても「よりを戻したい」と言ってくるはずです。

つまり、別れた直後に荷物を返すのは、圧倒的にリスクのほうが高いわけです。

会うきっかけとして利用できる

また、相手の荷物を手元に置いておけば、冷却期間後にアプローチを始めるタイミングで、会うきっかけとして利用できます。

連絡をして、会うために誘うわけですが、荷物を返すことをその口実として利用できるわけです。

「久しぶりにご飯でも食べに行こうよ。〇〇がうちに忘れてた荷物も渡したいし」っていう感じで。

いきなり食事に誘うと警戒されるかもしれませんが、荷物を渡すことを口実にすれば、相手もすんなりと誘いを受け入れてくれると思います。

「返してほしい」と言われたら?

では、荷物のことに関して相手から連絡があった場合は、どうすればいいのでしょうか?

「返してほしい」と言われた場合は、どんなタイミングであれ、すぐに渡すようにしてください。そこで拒否するのはおかしいですからね。

余計なことを考える必要はありません。素直に従うようにしましょう。

「郵送で送ってほしい」と言われた場合も同じです。

「荷物は受け取りたいけど、会いたくない」という相手の意思表示なので、それを受け入れ、郵送で送るようにしてください。

相手のところに自分の荷物がある場合

次は、相手のところに自分の荷物がある場合の対応の仕方について。

ここでは主に、特に相談が多く、急を要するケースである、「別れた人から荷物を返す、返したいと言われた場合の対応の仕方」について解説します。

同棲をしていたり、相手の家で一緒に過ごすことが多かったり、何か貸しているものがあったりすると、別れたあとにその人から、それを返したいと連絡があることがあります。

ドキドキしながら連絡を受けたのに、こんな用件だったらガッカリしますよね。「そんなことなら連絡なんていらなかった」という気持ちになったのではないでしょうか。これまで築いてきた関係を清算されるようで、さらに落ち込んだと思います。

では、このような連絡が来たときには、どう対応すればいいのでしょうか?

返したいと言われたら素直に受け取ること

まず結論から言うと、相手からの申し出は素直に受け入れるようにしてください。つまり、荷物や貸していたものを受け取るということです。

返すと言われているものがたとえいらないものであっても、申し出を断るのはよくありません。「もう使わないからあげるよ」とか、「いらないから処分して」という人も多いのですが、これってすごく勿体ないです。

渡そうとしてくれているのなら、必ず受け取るようにしてください。ただ受け取るだけで終わるにしても、直接顔を合わせることに意味があるんです。

なぜ会ったほうがいいのか?

その理由を説明します。

これは、相手から「荷物を返してほしい」と言われ、会うことになった場合にも言えることです。ぜひ目を通しておいてください。

最後に会ったときや連絡をしたときには、多くの人が「別れたくない」とすがり、復縁を迫ったと思います。

それがあなたとの最後の出来事です。別れた直後であろうが、しばらく時間が経った頃であろうが、相手の中にはそのときの印象が強く残っています。多分、あなたの印象は最悪なものになっているでしょう。

もしその状況で何か理由をつけて会おうとしても、断られる可能性が高いと思います。

しかし、何かを返したいと相手から申し出があった場合は、物を受け取るためにほんの一瞬でも会うことができます。つまり、それまでの最悪な印象を上書きできるチャンスがもらえるわけです。

ポイント

最後の印象を少しでも良いものに変えることができれば、後々連絡が取りやすくなりますし、警戒心も早く解け、復縁できる可能性も高くなります。

荷物を受け取るときの7つのポイント

ここからは、荷物を受け取るときに意識してほしい以下の7つのポイントについて解説します。

※相手に荷物を渡すときも同じです。

  1. つらそうな顔を見せないのが基本
  2. 絶対に復縁は迫らない
  3. 自分から受け取りに行く
  4. 会っている時間を引き延ばそうとしない
  5. 別れ際に余計なことは言わないこと
  6. 部屋に上がるのは断ったほうがいい
  7. 食事に誘われたら楽しい時間を過ごすことを意識する

つらそうな顔を見せないのが基本

会ったときには、無理に笑顔を作ったり、明るく接する必要はありません。それは不自然ですからね。

重要なのは、つらそうな顔、悲しそうな顔を見せないことです。

そういう顔や雰囲気を見せてしまうと、また復縁話を始めるんじゃないかと警戒され、悪い印象を拭えずに終わってしまいます。

また、目の前で自分が振った恋人が落ち込んでいる姿を見ると、罪悪感が大きくなり、自分が責められているような感覚を覚えることがあります。

そうすると、あなたと接するのが怖くなって避けるようになったり、これ以上関わらないようにしようと考えることもあるんです。

復縁をする上で不利な状況になるのは間違いありません。

そうならないためにも、少しニコッとするくらいの意識を持って、自然体で接するように心がけましょう。

絶対に復縁は迫らない

顔を見たら、「本当にこれで終わりなの?」「やっぱり別れたくない」とつい本心を伝えたくなると思いますが、本気で復縁を望むなら絶対に我慢してください。

振られたときに散々「別れたくない」とすがっておきながら、ここでも追い打ちをかけるように復縁を迫ってしまうと、確実に状況が悪くなります。

もちろん、それで復縁の可能性がなくなることはありません。しかし警戒心は強くなります。連絡を取ったり会ったりするのにも時間がかかるでしょう。

自ら難しい状況を作り出すことになるので、ここだけは気を付けるようにしてください。

自分から受け取りに行く

その荷物があなたの忘れ物なら、相手が「渡しに行く」と譲らない場合を除き、基本的には自分から受け取りに行くようにしてください。

特に何も言われなければ家まで取りに行けばいいですし、場所を指定されたら、そこで受け取るようにしましょう。警戒されていたり、都合が悪いことがあると、家に来られるのを嫌がる人もいますからね。

もし「借りているものを返したい」という用件なら、あなたが受け取りに行く必要はありません。

常識のある人なら自分から「返しに行く」と言うと思いますが、「どうしようか?」と聞かれた場合は、時間と場所を指定すればいいです。

もしくは、「しばらく忙しいから、都合のいい日にまた連絡する」と言って、冷却期間が終わるまで先延ばしにしてもいいですね。そうすれば、連絡をするきっかけができるわけですから。

郵送で送ると言う人に対してはどうすればいい?

会うのを拒み、「郵送で送る」と言い張る人もいます。遠距離の場合もそうなることが多いかもしれませんね。

この場合、強引に会おうとするのは逆効果になるので、相手の主張を受け入れるようにしましょう。そして基本的には着払いで送ってもらうようにしてください。

会っている時間を引き延ばそうとしない

別れた人と会うのがどんな理由であれ、少しでも長い時間一緒にいたいと思うのが当然の感情だと思います。そしてその感情を抑えるのは、とても大変なことだと思います。

しかし、相手が素っ気ない態度で接しているにもかかわらず、せっかく会えたからといってその時間を引き延ばそうとするのは、相手にとっては迷惑な行為です。必ず困らせてしまいます。

そこで会話が弾めば問題はありませんし、普段通りに接してくれるのなら、少しの間だけ一緒に過ごすのは構いませんが、警戒されていると感じた場合は、荷物を受け取ったら早めに別れるようにしてください。

別れ際に余計なことは言わないこと

このとき、「今まで本当にありがとう」とか、「出会えてよかった」とか、「幸せだった」とか、自ら別れを印象付けるようなことを言う人がいます。

しかし、これらはすべて余計な一言です。嫌味を言っているように受け取られることもあるので、やめたほうがいいです。

一番ダメなのが、「もうこれが最後で、会うことはないと思うけど…」というようなセリフ。

意外と多いんですよね…。こういう言わなくてもいいことをいちいち言っちゃう人が…。

「うざい」「面倒くさい」

絶対に相手はそう思ってますよ。

ただただ「(連絡をくれて)ありがとう」「じゃあね」と言って別れればいいんです。相手の感情を揺さぶろうとしても絶対にうまくいかないので、そういう考えは捨ててください。

部屋に上がるのは断ったほうがいい

家まで受け取りに行った場合、「ちょっと上げっていく?」と言われることもあると思います。

しかし、部屋に上がるのは断ったほうがいいです。特に元カレから言われたときには、その言葉には下心が隠れている可能性が高いので。

好きな人から求められると、体の関係を拒める人は少ないと思います。実際に別れたあとも体を許し、肉体関係だけが続いているケースも多いです。別れた人と体の関係を持つのはマイナスな面しかありません。

また、もし拒めたとしても、必ず気まずい雰囲気になってしまいます。状況が悪くなるのは確実です。

そういうリスクは初めから避けるべきです。

参考記事元カレと体の関係を持つと復縁できる可能性が高くなる?低くなる?

食事に誘われたら楽しい時間を過ごすことを意識する

物だけ渡してさっさとバイバイしたい人ばかりではありません。

その流れで食事に誘われるケースもあります。

そんなときはその誘いに応じるようにしてください。「もう別れたんだから…」と意地を張って断る人もいるのですが、それはよくありません。せっかくのチャンスを逃してしまうだけです。

このときに意識してほしいのは、ただ一つ。

とにかく楽しい時間を過ごすこと。

ポイント

未練や落ち込んでいるところは見せずに、気まずい雰囲気にもならないように気を付けて、「楽しい」と思ってもらえるように会話をしたり、自然体で接することだけを意識するようにしてください。

不自然な明るさは違和感を与えるので、無理にテンションを上げるのはよくありません。付き合っていたときと同じような感じで接すれば大丈夫です。

よりを戻したい人を前にして普段通りに接するのはすごく難しいことだと思います。しかし、ここで楽しい時間が過ごせれば良い印象を与えることができ、一気に復縁成功が近づきます。

相手から連絡がなければ荷物はそのままにしておく

貸しているものや忘れているものがあるけど、相手からそのことに関して連絡がない場合は、冷却期間後に連絡をするきっかけとして、そして会うための口実として利用できるので、そのままにしておいてください。

「返したい」「渡したい」と言われたら受け取るべきですが、手元にないと困るものでなければ、本格的にアプローチを始めるまでは自分からは言わないようにするということです。

しばらく時間を置いてから、「〇〇の家に●●を忘れてると思うんだけど、ないかな?」という感じで連絡をしてみましょう。このような内容なら無視されることはほとんどないと思います。

そして「あるよ」と連絡が来たら、「取りに行きたいんだけど、いつなら都合がいい?」と聞いて、もしその時間が夜だったら、「久しぶりにご飯でも食べに行かない?」と誘ってみるといいでしょう。

荷物を返しても、返してもらっても、関係は終わらない!会える機会ができたとプラスに捉えよう!

相手の家などに置いていた荷物や貸していた物を返したいと言われると、完全に関係が終わってしまうようで、つらいと思います。

しかし、そこで会えるのは大きなメリットになります。

良い印象を与えられるように、そして復縁が容易になる状況を作れるように、ここでお伝えしたことを意識してみてください。

また、相手の荷物が残っている場合は、「返してほしい」と言われない限り、そのままにしておいて、冷却期間後に会うときの口実として利用しましょう。

どんな状況になっても、正しい対応を取れば必ず復縁に繋げることができます。そのときの感情に惑わされずに、冷静に対応するようにしてください。

Copyright© 復縁のいろは , 2019 All Rights Reserved.