復縁したい相手に自分から連絡をするのは、あり?なし?

更新日:

スマートフォンの画面を見ている女性

恋人と別れたあと、連絡をしてはいけないと思いながらもどうしても声を聞きたくなることや、繋がっていたくてメールやラインを送りたくなることもあると思います。

「聞きたいことがあるけど、連絡はしないほうがいいのかな?」と悩んでいる人もいるでしょう。

復縁したいと思っている元カレや元カノに自分から連絡をしてもいいのか?

ここでは、そのことについて解説します。

別れた直後に気持ちを伝えるために連絡をするのは問題ない

この連絡というのが、別れた直後で、「自分の気持ちを伝えたい」とか、「どうしても言っておきたいことがある」という場合なら、何も気にせずに連絡をして構いません。

というか、言われるままにすんなり受け入れた人や、意地を張って言いたいことを我慢した人は、すぐにでも連絡をして、ちゃんと気持ちを伝えてください。

もしかしたら別れずに済むかもしれません。

相手の意志が固く、どうにもならなかったとしても、好きだということや自分の思っていることを伝えておくのは、復縁を目指すなら非常に重要なことです。

詳しくは、「恋人に振られたときにまずやらなければいけないこと」という記事を参考にしてみてください。

冷却期間中は極力連絡をしないほうがいい

もしあなたがすでに冷却期間を置いている最中なら、自分から連絡をするのは極力避けたほうがいいです。

なぜなら、せっかく落ち着いてきた相手の感情が再び乱れる恐れがあるから。

別れたあとは、ほぼ確実に警戒されています。しつこく復縁を迫ったのなら尚更です。あなたから連絡が来たら、それだけで「また復縁話かもしれない…」ということが一番に頭をよぎる状態です。「普通に友達として連絡を取りたい」というのは通用しないんですね。

また、お互いが冷静さを失っています。そんなときに繋がりを持とうとしても、どうしても感情的になってしまうので、思うように連絡が取れないことが多いです。

関係がギクシャクして、振り出しに戻ってしまうこともあります。

せっかく時間を置いて冷静さを取り戻しつつあったのに、自分の行動によって再び相手の感情を乱してしまうのって、すごくもったいないですよね?

そう思いませんか?

くれぐれも不用意な連絡はしないようにしてください。

理由があれば連絡をしても構わない

では、冷却期間が終わるまでは絶対に連絡をしてはいけないのかというと、決してそんなことはありません。

連絡をする理由、連絡をしなければいけない理由がある場合は、冷却期間中であっても気にする必要はありません。

これは普通の感覚で考えていただければ分かると思います。

「どうしても連絡を取る必要があるのに、復縁をしたいから我慢しなきゃ…」

こんなの、どう考えたっておかしいですよね。

他のサイトにどう書いてあろうが、そんなのは無視して構いません。何でもかんでも復縁と絡めて考えるのはやめましょう。

相手に拒絶されている場合は連絡をしてはいけない

例外もあります。

  • 「もう連絡してこないで」と言われた
  • ストーカーまがいの行為をした
  • 相手に怖がられている

このような場合は、よほど重大な用件でもない限り、冷却期間が終わるまでは自分から連絡をしてはいけません。

連絡をした時点で大きな壁を作られてしまいます。冷却期間後も次のステップに進むのに時間を要するため、思うようにいかなくなる可能性が高いです。

明確な目的があるかどうかを判断基準にする

連絡をしようと思っている人は、まず、今連絡をしようとしているその内容が不自然ではないかを考えてみてください。

まだ自分のことを警戒している人に対し、ただ連絡をしたいという理由だけで行動に移してしまえば、さらに警戒されるに決まっています。

例えば、こんな内容。

久しぶり!元気?最近どう?仕事が忙しいのかな?気温の変化が激しくなってきたから、体調を崩さないように気を付けてね。

こんな何の意味もない、もらってもどう返事をしたらいいか困るような、とりあえず連絡を取りたいという下心がバレバレな内容だと、確実に不信感を与えます。

「そういえばこの間こんなことがあったよ」とか、「〇〇に会ったよ」とか、ただあったことを報告するだけの内容も同じです。

「へぇー、あっそう」

そうとしか言えないと思います。

意味もないのに連絡をしてくる人に対して良い印象を持つことはないでしょうね。

しかし、どうしても聞きたいことや伝えたいことがあるというのがはっきりと分かるような内容であれば、このタイミングで連絡をしてきたことも理解してもらえます。「未練」や「復縁」とは切り離して受け入れてくれるので、返信ももらえるでしょう。

つまり、「連絡をする明確な目的があるかどうかを判断基準にする」ということです。

警戒されている段階でも、「こういう目的(理由)があって連絡をしてきたんだな」というのを分かってもらえれば、状況が悪化することは絶対にありません。

連絡手段はメールかラインで

たとえ明確な目的があったとしても、電話だと、実際に出てみなければその内容が分かりません。警戒して電話に出てくれない可能性も高いです。

急用でなければ、メールかラインで連絡をすることをお勧めします。そうすれば、とりあえず内容は見てもらえます。そして内容次第では、ちゃんと返信をもらえると思います。

参考記事元カレ元カノに連絡をするのに最適なのはLINE?メール?電話?

最低でも2週間は我慢すること

急用なら、いつ連絡をしても構いません。その理由があるわけですからね。

しかし、目的はあるけど、今すぐ連絡をしないといけないようなことでない限り、最低でも2週間以上は時間を空けたほうがいいです。これは、別れた日から2週間ではなく、最後に連絡をした日、最後に復縁を迫った日から2週間です。

一切連絡をせずにそのくらい時間が経つと、相手もだいぶ冷静さを取り戻し、落ち着いている頃だと思います。恋人のいない日常にも慣れてきた頃でしょう。

また、2週間くらい経つと、あなたに対する罪悪感も芽生えてきます。「あのときちょっと言い過ぎたかな」とか、「別れ話をしているときにひどいことを言って悲しませてしまった…」とか、少し申し訳なさを感じる頃でもあるんです。

この頃なら、連絡をしても必要以上に警戒されることはなくなります。

1か月待てば尚良し、冷却期間が終わるまで(2~3ヶ月)待てばさらに尚良し、という感じです。

参考記事復縁をするには冷却期間が必要?自分はどのくらい?正しい過ごし方についても徹底解説!

相手からの連絡にはいつでも応じる

相手から連絡が来たときには、電話であれ、メールやラインであれ、どんなタイミングでも構わずに対応するようにしてください。

連絡をしてきたということは、そのことにも何かしらの理由があります。それを無視するというのは、その人のことを拒絶する行為です。相手も心を閉ざしてしまいます。

関連記事別れた人から荷物を返すという連絡が来たときの対応の仕方

しかし、このチャンスを逃したくないと焦って距離を縮めようとすると、それ以上に相手は引いてしまいます。「聞かれたことに答える」というスタンスで、一定の距離感を保ちつつ接するようにしましょう。

会いたいと言われれば、会っても構いません。

ただし、男性の場合は下心があり、体の関係を持つことを目的に連絡をしてくる可能性もあるので、外で会って、用事が済んだら、すぐに帰るようにしてください。間違っても、家やホテルには絶対に行かないように。

このことに関しては、「元カレと体の関係を持つと復縁できる可能性が高くなる?低くなる?」という記事で詳しく解説しています。

基本的には連絡はしないこと!でも事情があれば連絡をしてもいい!

基本的に自分から連絡をするのはやめたほうがいいですが、絶対に連絡をしてはいけないということはありません。

事情があれば連絡をするのが自然なことです。明確な目的があるかどうかで、状況に応じて判断をするようにしてください。

ここでお伝えしたことを守っていただければ、状況が悪化したり、復縁が難しくなるようなことは絶対にありませんので。

Copyright© 復縁のいろは , 2020 All Rights Reserved.