復縁をするためには、ほとんどのケースで冷却期間が必要になります。

その期間は、平均で2~3か月。状況によっては1か月で済むことも、半年以上かかることもあります。

また、冷却期間中の過ごし方でも復縁の成功率は変わってきます。

ここでは、

  • 復縁をするために冷却期間が必要な理由
  • 状況別の目安となる期間
  • 復縁できる冷却期間の過ごし方

などについて解説しています。

本気で復縁を目指そうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

冷却期間とは?

冷却期間とは、別れたあとに相手と距離を置く期間のことを言います。

完全に関係を断つイメージです。自分からは連絡をすることや会おうとすることは控え、一旦関係をリセットします。

別れたくないことを伝えてもダメだった場合は、すぐに相手の気持ちを変えることはできません。

でも冷却期間を置けば、一度は復縁を断られた人でも、相手から嫌われている人でも、避けられている人でも、復縁が可能になります。

冷却期間が必要なケースといらないケース

ハートを持つ手

では、復縁をするために冷却期間が必要なのは、どんなケースの人なのか?

相手から振られて復縁を断られた場合は冷却期間が必要

基本的に、相手から振られた場合は冷却期間が必要になると思ってください

振られたということは、相手が別れたいと思っているということです。今は元彼や元カノのことが嫌になっている状態でもあります。

距離を置かずに繋がりを持ち続けようとすると、警戒されたり、さらに嫌われたりして、状況が悪化してしまいます。

振られたときに自分の気持ちを伝えても復縁を断られた場合は、冷却期間を置くようにしてください。

自分から振った場合は冷却期間はいらない

自分から振った場合は相手に未練が残っている可能性が高いため、冷却期間を置く必要はありません

復縁したいのなら、振ったことを謝り、すぐにでもよりを戻したいことを伝えてください。

ただ、相手も別れを考えていた場合や、振られたのを機に次に進むことを決意した場合は、復縁を断られることがあります。

その場合は冷却期間が必要になります。

冷却期間を置くことで復縁が可能になる5つの理由

コーヒーを持つ手

なぜ冷却期間を置くと復縁できるのか?

それには以下の5つの理由があります。

  1. お互いが冷静になれるから
  2. あなたが別れを受け入れたのが伝わるから
  3. あなたに対する警戒心や悪いイメージがなくなっていくから
  4. 自分のダメだったところを改善できるから
  5. 相手にも別れたことを実感させることができるから

1.お互いが冷静になれるから

別れた直後は、どうしてもお互いが感情的になってしまいます。

そして冷静さを失った状態だと、言ってはいけないことを言ってしまったり、やってはいけないことをやってしまったりして、さらに嫌われることがあります。

でも時間が経てば、お互いが冷静さを取り戻せます

復縁をするためには、まずは冷静になることが大事です。

2.あなたが別れを受け入れたのが伝わるから

別れたときに一度でも復縁を迫ったのなら、その時点であなたに未練があることが伝わっています。あなたから連絡をしたり会おうとしたりすれば、確実に警戒されます。

でも距離を置けば、あなたが別れを受け入れたことが伝わります

もう未練を感じさせることもありません。

3.あなたに対する警戒心や悪いイメージがなくなっていくから

少しでも未練が伝わっていれば、あなたへの警戒心は強くなります。別れたあとに避けられるようになることも少なくありません。

相手が別れを決意したときには、あなたの印象も最悪な状態になっています。

でも、連絡をすることも会うことも控えていれば、時間とともにあなたに対する警戒心と悪いイメージは薄れていきます

そうなったら、友達として連絡を取ることや会うことができるようになります。

4.自分のダメだったところを改善できるから

相手は別れを選んだのには何か理由があるはずです。

その理由として一番に考えられるのは、あなたに嫌なところがあったからだと思います。今のあなたとはやり直す気にはならないでしょう。

でも、別れの原因となった部分を改善できたら?

そして、変わったところを見せることができたら?

「なんか変わった気がする」と感じ、あなたのことが気になってくるはずです。

復縁をするためには、自分のダメだったところを改善しないといけません。そのためには時間が必要です。

冷却期間は、自分が変わるための期間でもあります。

少しでも変わることができたら、そして冷却期間後に変化に気付いてもらえたら、復縁成功は一気に近づきます。

5.相手にも別れたことを実感させることができるから

冷却期間を置くことは、あなたのいない日々を相手に実感させるためにも必要なことです

別れたあとに恋人のいない日々を実感するのは、あなただけではありません。相手も同じです。

一人になると、心にぽっかりと穴が開いたようで、どこか物足りなさを感じます。たとえ自分から別れを選んだとしても。

ふとした瞬間にあなたのことを考えるかもしれません。

よく2人で歩いた道や一緒に行ったお店の前を通るだけで、あなたのことを思い出すかもしれません。

もしかすると、あなたの大切さや存在の大きさに気付くかもしれません。

これは、きっぱりと関係を断ち、しばらく距離を置くからこそ可能になることです。

冷却期間を置くだけで復縁できることもあります。

冷却期間を置いても手遅れにならないのか?

「冷却期間を置くと手遅れになるんじゃないか?」と、不安や焦りを感じている方も多いと思います。

相手に好きな人や新しい恋人ができる可能性はある

冷却期間を置くと、相手に好きな人や新しい恋人ができる可能性はあります。

それを避けるために冷却期間を置かない、もしくは冷却期間を短くすることを考える人もいるかもしれません。

でも相手にやり直す気がない場合、冷却期間を置かないと、本来なら復縁できるはずの人も失敗に終わってしまう可能性が高くなります。

また、冷却期間中に相手に好きな人や新しい恋人ができる可能性と、冷却期間を置かずに復縁に失敗する可能性を比べたら、圧倒的に後者の可能性のほうが高いです。

手遅れになる前に復縁を成功させるためには、別れたあとは一日でも早く距離を置くこと、そして自分に必要な冷却期間の長さを把握し、その期間が過ぎたらすぐにアプローチを行うことが重要になってきます

冷却期間を置くと女性も男性も冷める?

「冷却期間を置くと相手が冷めるんじゃないか?」と聞かれることもあります。

これに関しては、冷却期間を置いたから冷める、ということはありません。相手が女性でも男性でも同じです。

なぜなら、別れを決意した時点で相手の気持ちは冷めているから。すでに気持ちが冷めているから別れようと思ったんです。

そしてすでに気持ちが冷めているから、その気持ちをフラットな状態に戻し、また異性として意識させるために、冷却期間を置くんです。

もちろん冷却期間がいらないケースでは、距離を置くことで相手の気持ちが冷めることはあります。だから、そういう状況の人はすぐに復縁を申し込むことや、連絡を取ることや会うことを続けていくことが大事です。

でも、もし相手に未練が残っていれば、別れたあとも連絡が来たり、会おうとしてきたり、何かしらアクションがあるはずです。

はっきりと復縁を断られた場合や避けられている場合、別れてからほとんど連絡が来ない場合などは、冷却期間を置かないと復縁は難しい状況です。

復縁するために冷却期間はどのくらい必要?冷却期間の長さを状況別に解説

砂時計

では、復縁をするために冷却期間はどのくらい必要なのでしょうか?

状況別の目安となる長さについて解説します。

振られた場合は2~3か月

振られた場合は2~3か月を目安にしてください

振られた理由は一人ひとり違うと思いますが、ほとんどの場合、「恋人に嫌なところがあった」というのが原因だと思います。

  • 何度も注意されていたことや指摘されていたことがあった
  • 相手を怒らせることがあった
  • 相手の機嫌が悪くなることがあった
  • いつも同じようなことで喧嘩になった

このどれかに当てはまる場合は、何か不満があって別れを選んだ可能性が高いです。

そうだとしたら、その原因となった部分を改善しないといけません。変わるためには時間が必要です。

また、あなたに対する警戒心や悪いイメージが薄まるまでは距離を置く必要があります。

こういったことをクリアし、復縁可能な状況を作るためには、2~3か月はかかります。

別れたあとも相手から定期的に連絡が来る場合は2か月、全く、もしくはほとんど連絡が来ない場合は3か月を目安に冷却期間を置くようにしてください。

喧嘩別れをした場合は1週間

喧嘩別れをした場合は1週間を目安にしてください

感情的になって別れを口にしたケースなら、話し合いをすれば別れずに済むことがあります。

ただ、喧嘩をした直後だと、まだ怒りが収まっていないことが多いです。そんなときに話をしても、相手は意地になって復縁を拒む可能性があります。

喧嘩の原因やそのときの言動など、自分に少しでも非があったのであれば、まずはすぐに謝ってください。そして、お互いが冷静になるまで1週間くらい距離を置いてから復縁話をするようにしてください。

復縁を申し込んでも断られた場合は、2~3か月の冷却期間が必要になります。

別れ際に相手が泣いていた場合は2週間

別れ際に相手が泣いていた場合は2週間~1か月を目安にしてください

相手のほうから別れを切り出したのに涙を見せるのには、以下の理由が考えられます。

  • 本当は別れたくないけど、何か理由があって別れを決意したから
  • まだ迷いがあるから
  • 別れ話をしていて感情的になったから
  • もう気持ちは固まっているけど、恋人を悲しませる申し訳なさがあるから
  • 別れを選んだ自分の気持ちを理解してくれないのが悲しいから

「本当は別れたくないけど、何か理由があって別れを決意した場合」と「まだ迷いがある場合」は、好きな気持ちが残っている状態です。

それ以外は、別に未練があって泣いたわけではありません。

でも、どの理由で相手が泣いたかは判断しようがありません。

この場合は、とりあえず2週間くらい冷却期間を置き、その後の相手の反応を見て判断してください。

普通に連絡を取ることや会うことができれば、そのまま友達関係を続けてみてください。避けられている場合や相手が素っ気ない場合などは、2~3か月は冷却期間を置くようにしてください。

マンネリが原因で別れた場合は1~2か月

マンネリが原因で別れた場合は1~2か月を目安にしてください

まだ好きな気持ちが残っていれば、少し離れることで相手の気持ちが変わることがあります。

たとえ心境の変化がなかったとしても、1~2か月後には友達に戻れることが多いです。

冷却期間後に新鮮さを感じさせることができたら、復縁できる可能性があります。

ただ、マンネリによって完全に気持ちが離れていた場合や他に原因がある場合は、3か月くらいは冷却期間が必要になります。

1~2か月後に連絡をしてみて、以前のように接してくれた場合はそのまま進め、連絡をしたときの反応が悪かった場合は、もう少し冷却期間を置くようにしてください。

連絡が取れなくなっている場合は3か月

連絡が取れなくなっている場合は3か月を目安にしてください

ブロックをされている場合も同じです。

無視をされたりブロックをされたりしているということは、今は連絡を取る気がないということです。

「もう連絡はしてこないで」という意思表示でもあります。

今は相手の気持ちを尊重するしかありません。

ただ、連絡を取ることに抵抗感を示すのは、悪いイメージが強い、別れて1~2か月くらいのときです。

大抵の場合、3か月もすれば連絡は取れるようになります。

ブロックをされている場合も、罪悪感を覚えたり、ばかばかしくなったりして、3か月後には解除されていることが多いです。

3か月後に連絡をしてみて、返信が来ればそのままやり取りをして、次のステップに進んでください。そこでも無視された場合やブロックをされたままだった場合は、さらに2~3か月は距離を置くようにしましょう。

自分の浮気が原因の場合は3~6か月

自分の浮気が原因の場合は3~6か月を目安にしてください

この場合、相手は「裏切られた」と感じています。ショックが大きく、怒りもあるでしょう。

信頼関係も完全に崩れているので、友達に戻るのにも時間がかかります。

謝っても許してもらえなかった場合は、最低でも3か月は冷却期間を置くようにしてください。3か月後に連絡をしても無視された、冷たくされた、という場合は、さらに2~3か月は待ったほうがいいでしょう。

相手に新しい恋人がいる、もしくは今後恋人ができた場合は6か月以上

相手に新しい恋人がいる、もしくは今後恋人ができた場合は6か月以上を目安にしてください

恋人ができた場合、付き合い始めの3~6か月くらいは、一番楽しくて幸せな時期です。そこに入り込もうとすれば、確実に悪い印象を持たれます。

恋人との関係が落ち着くまで、最低でも半年は待つべきです。

とりあえず半年後くらいに連絡をしてみて、返信があれば、友達としてやり取りができる関係を目指してみてください。

冷却期間後も避けられている場合はもう少し時間が必要

冷却期間が終わったら、まず連絡をします。

でも、そのときの相手の反応次第では、さらに時間が必要になることがあります。

  • 返信がない
  • あきらかに返信が遅い
  • 相手の反応が素っ気ない、冷たい感じがする
  • 誘ったけど断られた

このような場合は、まだ警戒心や気まずさがある状態だと考えられます。

すぐには状況が変わらないので、2~3か月くらいは冷却期間を延長するようにしてください。

冷却期間が必要なケースに当てはまる人は、冷却期間後に連絡が取れるかどうか、相手が普通に接してくれるかどうかで、次のステップに進むかどうかを判断してください。

復縁を成功させるための冷却期間中の過ごし方

メイク中の女性

復縁を成功させるためには、冷却期間中の過ごし方も重要になってきます。

冷却期間中には、以下の点を意識して過ごすようにしてください。

別れの原因をもとに変わる努力をする

まずやるべきことは、別れの原因をもとに変わる努力をすることです。

相手は、あなたに嫌なところがあったから別れを選んだんだと思います。

そこから復縁を考えてもらうために必要なのは、変化を感じさせることです。

自分のダメだったところを改善することや状況を変えることができれば、相手に良い印象を与えることができます。

  • どこをどう改善すればいいのか?
  • これからどういうことを意識して過ごせばいいのか?

それは、別れの原因と真剣に向き合えば、自然と見えてくると思います。

ほんの少しの変化でも相手の気持ちを変えることができるので、やれることをやってみてください。

嫌なところの印象が強い分、ちょっとした変化で「あれ?なんか変わった気がする」と思ってもらえます。それが相手に良い印象を与え、興味を持ってもらえるきっかけになります。

より魅力的になるための自分磨きをする

もう一度好きになってもらうためには、より魅力的になるための自分磨きもするようにしてください

「前よりも魅力的になった」と思ってもらうために必要なことです。

「しばらく見ない間に可愛くなっている(かっこよくなっている)」と思ってもらえたら、それだけでまた異性として意識してもらえるようになります。

「自分の知らない間に何があったんだろ?もしかすると良い人ができたのかな?」と、あなたのことが気になってくるはずです。

自分磨きとはいっても、そんなに難しく考えなくて大丈夫です。

  • あまり服装に気を遣っていなかった人なら、少しお金をかけてオシャレをしてみる
  • 「絶対ショートのほうが似合うと思う」と言われたことがある人なら、髪を短くしてみる
  • 体型を指摘されたことがある人なら、ダイエットをしてみる
  • メイクについて何か言われたことがある人なら、彼好みのメイクに変えてみる

まずはこういうところから始めてください。

基本的には、相手の好みに近づけることを意識するといいと思います。

他には、何か新しいことに挑戦してみるのもおすすめです。

内面の自分磨きに繋がり、人として成長した姿を見せることができると思います。

特別な用件がない限り、自分からは連絡をしない、会おうとしない

冷却期間中は、寂しかったり、相手のことが気になったりして、連絡をしたくなることがあるかもしれません。

でも、まだ相手の警戒心が強いときです。自分からは連絡はしないようにしてください

連絡をしてもいいのは、以下のような場合です。

  • 明確な用件がある場合
  • どうしても連絡を取る必要がある場合

それ以外の場合は、連絡をしたくなっても我慢してください。

会うことに関しても、荷物の受け渡しなどで会うしかない状況を除き、自分からは会おうとしないでください。

参考記事別れたあとは連絡しないほうが復縁できる理由とは?

相手からの連絡や誘いには応じる

冷却期間中に相手から連絡が来ることや誘われることがあれば、それには応じるようにしてください

何か理由があって連絡をしてきたはずです。やり取りをしていれば、何か進展があるかもしれません。

誘われた場合も同じです。会おうとしてくるということは、あなたに会いたい気持ちがあるということです。会っていれば相手の気持ちが変わるかもしれません。

どちらも友達として応じれば問題ありません。

ただ、体の関係を持つのだけは絶対にやめてください。都合のいい存在になってしまう可能性があるので、そこはケジメをつけるようにしましょう。

また、会うのがつらい場合や、会ったら復縁を迫ってしまいそうな場合は、何か適当な理由をつけて断るか、冷静に対応できるまで先延ばしにしたほうがいいと思います。

手応えを感じても焦らない

別れたあとも相手から連絡が来たり、誘われたりすると、復縁できそうだと感じるかもしれません。

でも、手応えを感じても焦らないようにしてください

まだその時点では相手に復縁する気はないかもしれません。友達として何も考えずに連絡をしているだけかもしれません。

その場合、復縁を申し込んでも断られるだけでなく、友達関係も終わってしまう可能性があります。

もし本当に相手にも未練が残っていれば、必ずあちらから言ってくるはずです。

冷却期間中は自分から行動を起こすのは控えてください。

自分磨きをした成果をSNSにアップする

冷却期間中には、見た目の変化や新たに始めたことなどをSNSにアップするのもおすすめです

それを相手が目にすれば、あなたのことが気になってくると思います。

魅力的になったことや、充実した毎日を過ごしていることを知ったら、「連絡を取りたい」「会いたい」という気持ちも芽生えると思います。

他にもポジティブな内容の投稿を心がけていれば、相手に良い印象を与えることができるでしょう。

冷却期間後のアプローチの仕方

女性に花を渡す男性

冷却期間が終わったら、以下の流れでアプローチをしていきます。

1.連絡をする

まずは連絡をします。

「久しぶり」と簡単な挨拶をして、何か質問をするような内容のメッセージを送ってみてください。

「ちょっと聞きたいことがあるんだけど…」という感じで連絡をして、何か質問をするようにすれば、返信をくれると思います。

2.食事に誘う

連絡を取っているとき、相手が気さくに接してくれているようなら、食事に誘ってみてください。

食事に誘うのは、気軽に誘いやすく、相手も会いやすいシチュエーションだからです。

「久しぶりにご飯でも食べに行こうよ」という感じで誘うといいと思います。

3.変化をアピールする

会ったときには、変化をアピールすることを意識してみてください。

自分のダメだったところの変化をさりげなくアピールしたり、相手が自分に求めていたであろう言動を取ったりするようにしましょう。

4.何度か会って距離を縮める

一度会ったら、その後も何度か会って距離を縮めていきます。

一緒に過ごす時間が増えれば、それだけで相手はあなたのことを意識するようになります。

久しぶりに会ったときに楽しい時間を過ごすことができたら、またすぐに会うことができると思います。

5.復縁を申し込む

最後に復縁を申し込みます。

復縁したいことをストレートに伝えるだけです。

順調にいっていれば、相手の反応が変わり、好意を持ってくれているのも伝わってくると思います。

そのタイミングで復縁を申し込めば、いい返事が返ってくるはずです。

復縁に必要な冷却期間についてのまとめ

  • 復縁をするために冷却期間が必要な理由
  • 状況別の目安となる期間
  • 冷却期間中はやるべきこと

このようなことについてお伝えしてきましたが、ご理解いただけたでしょうか?

冷却期間を置くことに不安や焦りもあると思いますが、復縁可能な状況を作るためには絶対に必要なことです。

自分の状況に応じた適切な期間を把握し、その期間を正しく過ごせば、復縁できる可能性は高くなります。

ここでお伝えしたことを参考にして、復縁に向けた正しい準備をしていただければと思います。

また、別れてから復縁するまでにやるべきことについては以下の記事で詳しく解説していますので、どうすれば復縁できるのかを知りたい方は、こちらを参考にしてみてください。

参考記事復縁する正しい方法|もう一度好きになってもらうための重要なポイントを解説