スマホを見る女性

元彼からLINEの返信が来ないんですけど、これ以上は連絡をしないほうがいいですよね?

復縁をするためには冷却期間が必要なのか、必要ならどのくらい待ったらいいのかを教えていただけないでしょうか?

このような相談を受けました。

元彼・元カノからLINEの返信が来ない場合の冷却期間について、同じように気になっている人もいると思います。

その場合の目安にしてほしい期間や対応の仕方について解説します。

元彼・元カノからLINEの返信が来ない理由

スマホを見る女性

なぜLINEの返信が来ないのか?

それには以下の理由が考えられます。

  • 警戒されているから
  • 距離を置きたいと思われているから
  • 連絡を取るのも嫌になるくらい悪く思われているから
  • 怒っているから
  • 何て返したらいいか分からないから
  • どう接したらいいか分からないから
  • 別れたあとに連絡を取り続けるのが気まずいから

別れるときや別れたあとに一度でも復縁を迫ったのなら、あなたが復縁を望んでいることが伝わっています。LINEの返信が来ないのは、連絡を取っているうちに復縁話になるような気がして、相手が警戒している可能性があります。

警戒心があれば、距離を置きたいと思うのも自然なことです。

別れの原因となった言動や出来事によっては、連絡を取るのも嫌になるくらい悪く思われている可能性もあります。表には出さないけど、実はかなり怒っている人だっていると思います。

最初はLINEに付き合っていたけど、何度もやり取りをしているうちに、これ以上何て返したらいいか分からなくなったのかもしれません。

別れた人とどういう距離感で接したらいいか分からなくて、連絡を取るのがめんどくさくなることもあります。

別れたあとに連絡を取り続けるのが気まずいと感じたのかもしれません。

LINEの返信が来ない場合は冷却期間が必要

スマホと砂時計

次に冷却期間の必要性について。

元彼・元カノからLINEの返信が来ない場合は冷却期間が必要です。

冷却期間を置かないと復縁はできない、と思ってください。

復縁を目指すなら冷却期間を置くべき理由

なぜ冷却期間が必要なのか?

それは、今は相手が連絡を取ることに抵抗がある時期だからです。

LINEの返信が来ない理由として考えられるものをいくつか挙げましたが、すべてに共通しているのは、「今は連絡を取り続けることを望んではいない」ということです。

それを分からせるために返信をするのをやめた、とも言えます。

返信が来なくなれば、普通の感覚なら「もう連絡をするのはやめよう」と思いますよね?

つまり、「今は連絡を取ることに抵抗があるから、もうLINEはしてこないでね」ということを伝えているわけです。

そういう心境の人とすぐに復縁できるか、というと、さすがに無理です。

お構いなしにLINEをすれば、ウザがられるだけです。

相手の気持ちを考えたら、しばらく距離を置くしかありません。

時間が経てば相手の気持ちも変わる

今は連絡を取ることに抵抗があっても、時間が経てば相手の気持ちも変わります。

距離を置いていれば、あなたに対する警戒心やマイナスの感情は自然と薄れていくからです。怒りや気まずさもなくなっていきます。

冷却期間を置くだけで友達として接してくれるようになるわけです。

その頃には、また連絡が取れるようになります。

LINEの返信が来ない場合の冷却期間は1~3か月

スマホを持つ女性

LINEの返信が来ない場合の冷却期間の長さは状況によって変わります。

たまに返信が来ないことがある場合は1か月

今もLINEでやり取りをしているけど、たまに返信が来ないことがある場合は、1か月を目安にしてください。

そこまで警戒されているわけではないけど、連絡を取る続けることに抵抗感を覚えることもある状態だと思います。

ポイント

今のままだと連絡が取れなくなることもあるので、1か月くらいは距離を置くようにしましょう。

ただ、相手からLINEが来れば、それにはちゃんと返信をするようにしてください。

自分からLINEをするのは1か月は我慢する、ということです。

そして1か月後に連絡をしてみて、返信が来れば、次のステップに進むようにしてください。

もしスルーされた場合は、さらに1か月は様子を見るようにしましょう。

あるときから返信が来なくなり、それ以降反応がない場合は2か月

別れたあとも友達として何度も連絡が取れていたけど、あるときから返信が来なくなり、それ以降反応がない場合は、冷却期間は2か月を目安にしてください。

最初は「友達に戻れたらいいな」という気持ちや恋人を振った罪悪感から連絡を取っていたけど、その関係に違和感を覚えた可能性があります。

ポイント

相手は距離を置きたいと思っているはずなので、とりあえず2か月は待つようにしてください。

この場合も、相手からLINEが来れば返信をするのが基本です。

頻繁に連絡が来るようになれば、そこで冷却期間は終わらせて構いません。

ただ、1か月の場合と同様、冷却期間後にLINEをしても返信がなかった場合は、さらに1か月は延長するようにしてください。

数回LINEをしただけで返信が来なくなった場合は3か月

別れた直後、数回LINEをしただけで返信が来なくなった、もしくは最初から無視をされている、という場合は、冷却期間は3か月は必要です。

連絡を取ることをはっきりと拒んでいる状態です。それだけ悪く思われていて、警戒心も強い状態だと言えます。

その悪いイメージや警戒心が薄れるのには、かなり時間がかかります。

ポイント

何か用件があって相手からLINEが来ることもあるかもしれませんが、その場合は返信をしつつも、自分から連絡をするのは3か月は我慢をするようにしてください。

  • 頻繁に連絡が来るようになった
  • 別れた直後とは明らかに相手の反応が変わった

この場合は冷却期間を短縮しても大丈夫です。

反対に、3か月後にLINEをしても返信がなかった場合は、さらに1~2か月は冷却期間が必要になります。

返信が来なかったら連絡をするのはやめる

テーブルの上の眼鏡とスマホ

LINEの返信が来なくても、「もう一度連絡をしたら返信がくるかも」と期待したくなる気持ちは分かります。

でも、相手が意図的に返信をしなかったのだとしたら、再び連絡をするのは相手の気持ちを無視した行為になります。

「スルーしたんだから察してよ。なんで分からないの?」と、さらに悪く思われるかもしれません。

返信が来なかったら、もう自分から連絡をするのはやめてください。

返信をしなかったのに特別な理由があったわけではない場合は相手から連絡が来る

返信をしなかったのに特別な理由があったわけではない、ということもあります。

  • 忙しかった
  • 眠かった
  • 返信するのを忘れてた
  • 返信をする必要性を感じなかった

このような理由で返信をしなかった可能性もあります。

その場合は後日改めてLINEをすれば、ちゃんと返信をくれると思います。

でも、上記のような理由で返信をしなかっただけなら、こちらからLINEをしなくても相手から連絡が来るはずです。

それ以降連絡が来なかったのなら、今は連絡を取る気はないと思っている、と考えるべきです。

そういったことを考えても、自分から連絡をするのはやめたほうがいいと思います。

冷却期間後にLINEをするときのポイント

スマホ

冷却期間後にLINEをするとき、その内容次第で返信が来るかどうかが変わることがあります。

意識してほしいのは、返信の必要性を感じるLINEを送ること

ポイント

「返信をしてあげないと」と思ってもらえるような、例えば質問をするような内容のLINEを送るようにしてください。

何か聞かれたら、多少は警戒をしていても返信はくれるものです。

たまに、「元気?」と聞くだけの人や、「最近どう?」という曖昧な質問をする人がいるのですが、それでは返信が来ないことがあります。

  • どうして連絡をしたのか?
  • どうしてそのことを聞きたいのか?

こういったことが伝わる内容にすることが重要です。

LINEの送り方に関しては以下の記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

また、復縁成功までの流れに関しては以下の記事で解説しています。

こちらを読んでいただければ、復縁をするためにやるべきことが分かると思います。