遠距離の場合の復縁の可能性とやり直すための方法について

更新日:

人差し指に通した指輪

最近、遠距離恋愛をしていて別れた方からご相談をいただくことが多いです。

2週間前に彼女に別れを告げられました。彼女とは遠距離で、なかなか会えない状況が続いていて、このまま付き合っていけるか不安になったということでした。

私への気持ちも冷めているようで、何度か電話はできたんですが、それからはLINEをしても最初に一度返信が来ただけです。それ以降は無視されていて、もうこちらからは連絡をしていません。本当は会って話をしたいのですが、それも叶わない状況です。

やっぱり遠距離での復縁は不可能なんでしょうか?無理だとしてもせめて最後に一度だけでも会いたいんですが、諦めたほうがいいんですかね?

確かに遠距離というと、相手が近くにいる場合と比べて難しいという印象を受けると思います。でも、実際のところはどうなのでしょうか?

ここでは、遠距離の場合の復縁の可能性や進め方について解説したいと思います。

遠距離の場合の復縁は難しいのか?

答えは、「いいえ」です。意外かもしれませんが、相手が近くにいる場合と難易度は変わりません。会う機会が限られる点、誘ってもすぐに会えない点で、少し不利になるくらいです。

でも、それに関しては、他で十分にカバーできます。時間的、金銭的に厳しい人もいるかもしれませんが、会おうと思えば会えると思うので、遠距離だからといって成功率が低くなることはありません。実際に私も遠距離の方のサポートを多く行ってきましたが、失敗した記憶もありません。

遠距離でも復縁が可能な理由

遠距離でも復縁が可能なのは、以下のような理由からです。

会おうと思えば会えるところに相手がいるのなら、復縁は可能

復縁をする上で特に重要なのは、あなたの変化と魅力を感じさせることです。

「変わったんだな」と思ってもらえれば、相手はそれだけであなたのことを意識するようになります。そうやって相手を振り向かせ、改めてあなたの良いところを見せていけば、恋愛感情を取り戻すことができます。やることは単純なんです。

では、どうすれば確実に変化と魅力が伝わるのか?

それは、会うことです。直接会って接する中で、ちょっとした言動から変化や魅力が伝わるんです。顔を見ながら話をすることで、自然と心も開いてくれるようになります。1ヶ月間毎日連絡を取り合うよりも、誘うために一度連絡をしてすぐに会ったほうが、一瞬で距離を縮めることができるんですね。

参考記事連絡を取り続けても復縁は無理!会うことを最優先させること!

その点で遠距離は不利になります。「離れているから会えない」と思っている人も多いのではないでしょうか?

でも、ちょっと待ってください。本当に会えないのでしょうか?

確かに、九州と北海道のように離れていれば、距離的にはすごく遠く感じると思います。しかし飛行機を利用すれば、2~3時間で行ける距離です。九州から関西までの場合だと、距離的には近いですが、新幹線を利用すると4時間くらいかかります。それでも行こうと思えば日帰りでいけると思います。

何十時間もかかるような海外に相手がいる場合は話は別ですが、国内やアジア圏内なら、「会えない」ということはないのではないでしょうか?復縁をするために会いに行くのは苦にはならないと思うのですが、どうでしょうか?

「遠く離れているから…」は言い訳にならないと思います。時間的な問題、金銭的な問題はあるかもしれませんが、会える状況である限り、復縁は可能です。遠距離だろうが近距離だろうが、関係ありません。

近くにいてもそう簡単に会えるものではない

相手が近くにいると有利な点はあります。

しかし、だからといって、そう簡単に会えるわけではありません。冷却期間が必要なケースでは、1~3ヶ月くらい会えないことがあります。冷却期間の有無に関わらず、警戒をされていれば連絡が取れずに、会いたくても会うことができない状況が待っています。別れた後も友達として会える人はごく一部です。

参考記事冷却期間が必要なケースと必要ないケース、目安となる期間について

つまり最初は、近くにいても会えない人のほうが圧倒的に多いわけです。遠距離で会えないのと何ら変わりありません。会えるようになったときに会いに行けばいいだけです。

会えないから状況が悪化することもない

ごく一部とはいえ、別れた後も友達として会える人はいます。学校や職場が一緒で、ほぼ毎日顔を合わせる人もいます。上手くやれば復縁に有利に働きます。

しかしその反面、会う機会があることで状況が悪化してしまうこともあります。未練が伝わってしまったり、別れの原因となったことを繰り返してしまったり、我慢ができずに復縁を迫ってしまったり…。

しかし遠距離では、そんな頻繁に会う機会がありません。つまり、会えないからこそ、状況が悪化することもないわけです。

振られたときに「別れたくない」と縋(すが)った人や、その後も復縁を迫った人はいると思いますが、それは誰もがやることです。しつこく続けなければ影響はありません。

遠距離の場合は悪い印象をもたれていない可能性が高い

遠距離の場合、会えない寂しさやすれ違いからケンカになったり気持ちが離れたりして、別れることが多いです。そしてその場合は、それほど悪い印象を持たれていない可能性が高いです。ずっと一緒にいて嫌なところが目につき、それに耐えられなくなって別れたわけではないと思うので。

もし遠距離じゃなければ、最悪な印象を持たれた状態で別れていたかもしれません。そうなっていたら、そのイメージを払しょくするのに相当苦労します。また良い印象を持ってもらうのは大変なんです。「もう関わりたくない」と思われることもあるので、連絡すら取れない状況が続くでしょう。

でも遠距離の場合は、そこまで大きな障害がありません。比較的早く連絡が取れるようになることが多く、良い印象を与えるのも難しくないと思います。

遠距離で復縁をするための進め方

ここからは、実際にどう進めればいいのか、ということについて解説したいと思います。

必要な場合は冷却期間を置く

冷却期間の必要性は、別れの原因によって変わってきます。

些細なすれ違いで別れたくらいなら、冷却期間は必要ありません。もし連絡が取れないような場合は、2週間くらいは様子を見てください。

しかし、はっきりと自分に非があると言えるような原因があったり、問題点を指摘されていたり、完全に関係が冷め切っているような場合は、冷却期間を置く必要があります。その期間は、とりあえず1か月~2か月くらいを目安にしてみてください。

詳しくは、「冷却期間が必要なケースと必要ないケース、目安となる期間について」という記事を参考にしていただければと思います。

冷却期間中は自分磨きを行う

冷却期間中には自分磨きを行うようにしてください。

基本ですね。会ったときにドキッとさせるために、外見・内面ともに磨くようにしましょう。そして、より魅力的になってください。繰り返しますが、会ったときが勝負なので。

もちろん、自分の問題点がはっきりしている場合はそこを改善する必要がある、ということは言うまでもないと思います。

他には、異性と遊ぶのもオススメです。それだけで自然と男としての魅力、女としての魅力が磨かれるんですよ。当然それは相手にも伝わり、あなたが魅力的に映ります。元彼や元カノに対して優しく接することや気遣うことを忘れていた、ということにも気付くはずです。

冷却期間の過ごし方に関しては、「【冷却期間はこう過ごせば復縁できる】重要な5つのポイントを解説!」という記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

連絡を取りながら友達関係を作る

遠距離だからといって、特別なことをするわけではありません。やることは一緒です。違いがあるとすれば、会う機会が限られている分、やや連絡重視のアプローチになることくらいです。

最初のうちは主にメールやLINEでやり取りを行いましょう。そして、何か盛り上がった話題があれば、そのタイミングで電話をかけてみましょう。メールやLINEの続きを電話で話す感じで。やり取りをしているときなら、相手も電話に出やすいですからね。出るしかない状況とも言えますが(笑)

そうやって気軽に連絡を取り合える友達関係を目指してください。

変化や成長に気付いてもらえるようなことを伝えるのも効果的です。

ポイント

「最近こんなことを始めた」とか、仕事や人間関係のことで相談をして、相手からアドバイスをもらっていたことがあれば、「前に相談した○○だけど、アドバイスのおかげで上手くいくようになったよ」とか、そういうちょっとしたことが変化や成長を感じさせるので、積極的にアピールしていきましょう。

詳しくは、「復縁を目指す相手にLINEやメールを送るときに意識してほしいこと」という記事を参考にしてみてください。

口実を考え、会いに行く

相手からも連絡が来るようになったら、会うタイミングだと判断していいと思います。

「今度休みができたから、そっちに一人旅行をしようと考えてるんだけど、会えない?よかったら案内してよ」という感じで、何か口実を考え、会いに行くことを伝えましょう。出張があるような仕事をしている方は、「出張でそっちに行く」と言えば、不自然さを感じさせることはないと思います。ここまできたら嘘でも何でもアリです(笑)

あなたが遠くにいる場合は、「今度帰省するから」って伝えればいいですしね。

会ったときの接し方に関しては、「元カレ元カノと久しぶりに会ったときに復縁成功を近づける正しい接し方」という記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

もし会うのを断られたら?

もし会うのを断られたとしたら、それはまだ警戒されている証拠です。もう少し時間を置くしかありません。連絡を取るペースも少し落とし、定期的にメールやLINEをしながら距離を縮めていきましょう。そして、また誘ってみましょう。

注意ポイント

ただ、ちゃんと友達関係ができていれば、断られることはまずないと思います。断られた場合は、焦ってタイミングを間違えた可能性が高いので、相手の反応を見ながらタイミングを見極めてください。

相手の家には泊まらないこと

もし泊まりの予定で行ったとしても、絶対に相手の家には泊まらないようにしてください。たとえ「うちに泊まったら?」と誘われたとしても。

男性は下心があって誘うことが多いです。体の関係を持ってプラスになることも一切ありません。必ず自分で宿泊先を用意しておいて、断るようにしてください。

参考記事元カレと体の関係を持つと復縁できる可能性が低くなる4つの理由

2日続けて会うのはOK!

泊まりで行って、次の日も会おうと言われた場合は、2日続けて会っても問題ありません。むしろ、数少ない一緒に過ごせる時間ができたわけなので、その時間を有効に使いましょう。

2日続けて楽しい時間を過ごし、良い印象を与えることができれば、復縁は成功間近だと思います。

復縁を申し込む

相手の好意が伝わってくるようになったら、復縁を申し込みましょう。できれば会って直接伝えたほうがいいです。

ただそのタイミングは、相手の反応を見ながら見極めるしかありません。

会う回数も関係ありません。些細なすれ違いで別れた場合や、連絡を取っている段階であなたのことを意識させることができている場合は、一度会っただけで復縁できると思います。

反対に、二度、三度会ってもまだ警戒心が残っていたり、あなたの変化や魅力がはっきりと伝わっていないタイミングで復縁を申し込んでも、断られる可能性が高いです。決め手に欠ける状態では、相手も復縁を決断できませんからね。

復縁を申し込むタイミングの見極め方や判断材料、告白の仕方に関しては、「【復縁を申し込むときの告白の仕方】想いの伝え方とタイミングについて」という記事を参考にしてみてください。

遠距離の場合の復縁についてのまとめ

遠距離の場合の復縁の可能性や進め方についてお伝えしました。

連絡重視のアプローチになることが違うくらいで、遠距離だからといって復縁の可能性が低くなることはないということ、基本的な進め方ややるべきことは変わらないということをご理解いただけたでしょうか?

連絡を取りながら友達関係を作ることや会うタイミングの見極めが難しいかもしれませんが、そこさえクリアできれば、ほぼ確実に復縁を実現できます。

どうしても不安な方は、プロの復縁屋に直接サポートをしてもらえる『7step』に参加することも検討してみてください。

  • どんなメールやLINEを送ればいいのか?
  • 相手から来た返信に何て返せばいいのか?
  • いつ、どんなタイミングで、どういう口実で誘えばいいのか?

など、あなたの状況でやらなければいけないことを常に教えてくれるので、復縁できる可能性が高いと思います。

7stepの詳しい内容はこちらから

復縁マニュアル7step(7つのステップでもう一度好きにさせる方法)
【復縁成功率87.3%】7stepが教えてくれる復縁方法について

7stepの特徴 『7step(7つのステップでもう一度好きにさせる方法)』は、日本一の復縁屋と言われている小澤康二さんのノウハウが詰まった復縁マニ ...

続きを見る

Copyright© 復縁のいろは , 2019 All Rights Reserved.