しつこいと思われている状態から復縁を成功させるためのポイントと注意点
  • 「別れたくない」
  • 「やり直したい」

別れるときにそうやって自分の想いを伝えるのは当然のことです。その行為には何も問題はありません。

ただ、別れを決意した時点で相手の気持ちは固まっていることが多く、何を言ってもダメなことがほとんどです。

そんなときには別れを受け入れるしかありません。無理そうなときには早く引いたほうが、その後の関係性も良い状態をキープできます。

相手が必要以上に感情的になることも、別れた人のことを警戒することもないため、復縁もしやすくなります。

でも、何度も断られているのにしつこく復縁を迫る人も少なくありません。

あなたもそうだったのではないでしょうか?

そして、相手と気まずい関係になっているのではないでしょうか?

完全に避けられていて、まともに連絡も取れなくなっている人もいるかもしれません。

復縁は無理そうだと感じている人もいると思います。

  • しつこくしたら復縁は難しくなるのか?
  • しつこい態度を取ったら復縁は無理なのか?
  • しつこいと思われている状態から復縁を成功させるためにはどうしたらいいのか?

そのことについて解説します。

しつこくしたら復縁は難しくなるのか?

落ち込む女性

  • 「相手にやり直す気がないのがわかっていても、別れを現実として受け入れられない」
  • 「どうにかして相手の気持ちを変えたい」
  • 「必死に訴えたら相手の考えも変わるかもしれない」

その気持ちは理解できます。

ただ、どうしても関係性は悪化します。

別れたい人と別れたくない人が正反対の主張をし合うことで、相手とのすれ違いが大きくなるからです。

どんなに復縁を望まれても、相手にそのつもりがなければ、そこで思うのは、「どうしてこっちの気持ちをわかってくれないんだろう」ということ。

悩んだ末に出した答えを受け入れてもらえなかったら、悲しくなると思います。

同時に、この人は自分のことしか考えていない、人の気持ちを理解しようとしない、と思われてしまいます。

別れを決意した時点であなたの印象は悪くなっているのに、しつこくすればさらに印象が悪くなります。

「またいつ復縁を迫ってくるかわからない」という気持ちがあるため、警戒心も強くなります。

すぐに別れを受け入れた場合と比べると復縁が難しくなるのは事実です。

しつこい態度を取ったら復縁は無理?

ハートとクエスチョンマーク

じゃあ復縁は無理なのか?

いいえ、そんなことはありません。

別れるときにしつこくした人でも復縁はできます。

しつこい態度を取ったことで悪化した印象や強まった警戒心は、時間が経てば自然となくなっていくからです。

例えば、別れた直後と1年後とで、別れたときの印象と警戒心が同じだと思いますか?

そんなわけがありませんよね。1年後には、当時のことはもうどうでもよくなっているはずです。

1年後というのは極端な例ですが、大抵の場合は2~3か月もすれば相手の心境に変化が表れます。

そして、友達として連絡を取ることや会うことができるようになります。

そうなれば復縁は可能です。

不安だと思いますが、別れるときにはほとんどの人がしつこい態度を取っています。

実際に復縁を成功させた人の多くは、何度も復縁を迫った経験がある人です。

しつこくしたら復縁成功までに時間がかかるケースが増える

しつこくした場合は、復縁の成功率よりも、復縁成功までにかかる期間に影響が出ることが多いです。

すぐに別れを受け入れたら、別れたあとも友達でいられることがあります。そして友達関係が続いていれば、連絡を取ったり会ったりしているうちに相手の気持ちが変わることがあります。

でも、別れるときにしつこくした場合は、悪化した印象や強まった警戒心がなくなるまでに数か月かかります。さらにそこから友達関係を作り、少しずつ距離を縮めていかないといけません。

  • どのくらいしつこくしたか?
  • 相手はそれをどう感じたか?
  • どのくらい印象が悪くなったか?
  • どのくらい警戒しているか?

それによって復縁成功までにかかる期間は変わってきますが、平均で3~6か月くらい、ひどい場合だと1年くらいかかるかもしれません

しつこいと思われている状態から復縁を成功させるために重要なこと

赤いハートのカードを持つ男女

では、しつこいと思われている状態から復縁を成功させるためにはどうしたらいいのか?

2~3か月を目安に冷却期間を置く

しつこいと思われている場合は、「もう別れを受け入れたよ」「復縁は迫らないよ」ということをわかってもらわないといけません。

ただ、口や文字で直接伝えても信じてもらえません。何か言えば言うほど印象が悪くなる状況でもあります。

そんな状況では、黙って引き下がり、しばらくは連絡をしないで距離を置くのが一番効果的です。完全に関係を断つんです。

この期間のことを「冷却期間」と言います。

大体2~3か月を目安に冷却期間を置くようにしてください。

ポイント

距離を置いている間に何度か相手から連絡が来ることがあれば2か月、一切、もしくはほとんど連絡がなければ3か月を目安にするといいでしょう。

相手から連絡が来た場合は友達として接する

しつこくしたせいで避けられていても、距離を置いていたら相手から連絡が来ることがあります。

しつこく復縁を迫ってきた人に何の理由もなく連絡をしようとは思わないはずなので、もし連絡が来たのだとしたら、嫌でも連絡をしないといけない用件があったか、相手の心境に変化があったか、のどちらかです。

前者の場合は、聞きたいことだけを聞くような内容だと思います。

後者の場合は、内容から、特に用件はないけど連絡をしてきたのが伝わってくると思います。

どちらにしても、相手から連絡が来た場合は以下の点を意識してください。

  • 冷却期間中であっても関係なく応じる
  • 友達として気さくに接する

この2つを意識していれば、相手から連絡が来たのをきっかけに友達関係になれる可能性があります。

心境の変化があって連絡をしてきたのなら、あなたのほうから友達感覚で気さくに接していれば、相手との距離も縮まっていくと思います。

未練が伝わるようなことだけは書かない、言わない。

それだけは気をつけてください。

誘われたら会ってもいい

もし相手から誘われるようなことがあれば、冷却期間中でも気にせずに会ってかまいません

誘われるということは、あなたに会いたくなっている、ということです。

まだ警戒心はあるかもしれませんが、それ以上に会いたい気持ちが大きくなっている状態なので、会ってもまったく問題ありません。

もしかしたら復縁を意識し始めているかもしれませんし、会ったときに良い印象を持ってもらえたら、復縁を決意してもらえるかもしれません。

誘われる状況なら、会えばすぐに復縁できる人もいると思います。

冷却期間が終わったら連絡をする

冷却期間中に相手からアクションがなければ、冷却期間が終わったタイミングでこちらから連絡をします。

久しぶりに友達に連絡をする感覚でLINEやメールを送ってみましょう。

ただし、3か月くらい経ったとはいえ、いきなり連絡が来たら「また復縁話かも」と感じる人も絶対にいるので、「こういう用件があって連絡をした」というのが伝わる内容にしてください。

ポイント

とりあえず質問系の内容にしておけば間違いないと思います。「このことについて聞きたかったから連絡をした」というのが伝わるので。

警戒心はほとんどなくなってるので、特別な用件じゃなくても大丈夫です。

無視をされた場合はさらに2か月くらい冷却期間を延長する

連絡をしても無視をされた場合は、いまだに別れたときのことを根に持っているか、かなり警戒心が強い状態だったか、ということが考えられます。

この場合はまだ時間が必要です。

無視をされたら、それ以上連絡はせずに、さらに2か月くらい冷却期間を延長するようにしてください。

友達として少しずつ距離を縮めていく

連絡をして返信が来ても、完全に警戒心がなくなったわけではないと思います。あまりグイグイいってしまうとまたしつこいと思われ、警戒される可能性もあります。

最初のうちは慎重に進めるようにして、友達として少しずつ距離を縮めていきましょう。

ポイント

久しぶりに連絡をしたときには、あまりやり取りを続けようとはせずに、用件についてのやり取りが終わったらいったん終わらせるといいと思います。

そして1週間後くらいにまた連絡をしてみて、相手の反応を見ながらやり取りをしてください。

自然と続く間はやり取りを続け、終わりそうな雰囲気になれば無理に引き延ばそうとはしない。

こういったことを意識しながら、連絡をする頻度も少しずつ増やしていくといいでしょう。

誘えそうな雰囲気になったら食事に誘う

連絡を取っていれば、相手の反応や接し方から、心を開いてくれたかどうかがわかると思います。

以前のように接してくれるようになったら、もう誘っても大丈夫です。

復縁をするためには会うことが重要です。

まず、会えば完全に警戒心がなくなります。

「やっぱり可愛い(かっこいい)」「楽しい」「落ち着く」「懐かしい」など、いろんな感情を呼び起こすこともできます。

そういったところから相手の気持ちも変わり始めます。

ポイント

連絡を取り始めてから誘うまでの期間ややり取りをする回数に決まりはないので、誘えそうな雰囲気になったら食事に誘ってみましょう。

詳しくは「復縁デートの誘い方」を参考にしてみてください。

会ったときには良い印象を持ってもらうことが重要

会ったときには、とにかく良い印象を持ってもらうことが重要です。

  • 絶対に未練を感じさせないこと
  • 復縁を匂わせるような言動は避けること
  • とにかく楽しい時間を過ごすこと
  • 別れの原因となった言動は絶対にやらないこと
  • 別れの原因となった部分の変化をアピールできることがあれば、さり気なく変化を感じさせること

こういったことを意識してください。

ポイント

とりあえず悪い印象を与えなければ振り出しに戻ることはありませんし、「楽しい」と思ってもらえたら「また会いたい」と思ってもらえるようになります。

詳しくは「復縁デートを成功させるための10のポイント」を参考にしてみてください。

何度か会って復縁を申し込む

その後も焦らずにデートを重ねましょう。

  • 最初に会ったときに相手が楽しそうにしていた
  • 以前のように自然体で接してくれた
  • 気まずさはなかった
  • 会ってから相手から連絡が来ることがある

このように良い反応が得られている場合は、次は2週間後くらいに誘うといいと思います。

会ったときに相手の反応が微妙だった場合は、次に誘うのは1か月くらい空けたほうがいいかもしれません。

そしてその後も何度か会い、相手が好意を持ってくれているのが伝わってくるようになったら復縁を申し込んでみてください。

そのタイミングや告白の仕方については以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ

しつこくした場合の復縁の可能性と、しつこいと思われている状態から復縁を成功させるためのポイントと注意点についてお伝えしました。

しつこくしたら復縁できるまでに時間はかかるかもしれませんが、そのくらいのことでやり直せる可能性がなくなることはありません。

ただ、慎重に進めないと失敗することもあります。

復縁を目指すなら、ここでお伝えしたポイントと注意点を意識してみてください。

また、短期間で確実に復縁を成功させたい人には、7step復縁方法も参考になると思います。