相手に復縁を意識させることができるもっとも有効な手段とは?

カレンダーの上に置かれたハート型の木

「自分のことを大切な存在だって思ってほしい」

復縁を望んでいる人なら誰もがそう思っているはずです。

では、どうすればいいのか?

【こうすれば復縁できる】もう一度好きになってもらうための6つのプロセス」という記事の中でも解説していますが、あなたの大切さに気付かせ、復縁を意識してもらうためには、楽しかった思い出をよみがえらせることがもっとも有効な手段です。

楽しかった頃の記憶をよみがえらせることができる

なぜ思い出をよみがえらせることが有効なのか?

それは、付き合っていたときの楽しかった記憶をよみがえらせることができるから。

別れるときというのは、あなたのことが本当に嫌になっているときです。もうあなたの悪いところしか目につかない状態、精神的に何もかも我慢の限界に達している状態、といっても過言ではありません。

つまりほとんどの場合、最悪な印象を持たれたまま別れているわけです。

別れたあとも、あなたの嫌なところ、付き合っていて耐えられなかったことなどが強く印象に残っています。

付き合っていたときの楽しかった記憶は頭の片隅に追いやられている状態です。もしかすると、思い出さないように完全に蓋をしているかもしれません。

しかし、ある程度の期間付き合っていたのであれば、忘れられないような特別な思い出が必ずあるはずです。思い出すたびに「あれは楽しかったなぁ」「あのときは幸せだったなぁ」と思うような出来事が。

もちろん今、相手はそれを思い出してくれる状態ではありません。過去を振り返り、思い出に浸るような心境ではないわけです。

でも、そのきっかけをあなたが作ることができたら?

楽しかった頃の記憶がよみがえるし、同時にあなたのことを好きだったときの感情もよみがえります。

楽しかったあのとき、隣には常にあなたがいた

こう思わせることができるんですね。

別れた相手の大切さに気付くのも、多くがこういったきっかけからです。

そのもっとも有効な手段が、思い出をよみがえらせることなんです。

思い出をよみがえらせるには?

パズル

では、思い出をよみがえらせるには何をしたらいいのか?

一番簡単なのは、思い出話をすることです。

楽しかった頃の思い出話をすることで、当時の記憶をよみがえらせることができるんです。

あなたにもそんな経験があるのではないでしょうか?

友達と昔話に花が咲いて、「あの頃が一番楽しかった」「できればあの頃に戻りたい」と思ったことが。

思い出話をすることで、まさにそれと同じ感覚を相手に抱かせることができるわけです。

お互いにとって楽しかった思い出でなければ意味がない

とはいえ、思い出話なら何でもいいわけではありません。あなたにとって楽しかった思い出でも、相手にとってはうっすらとしか覚えていない平凡な思い出でしかない可能性があるからです。

そんな話をあなたが楽しそうにしても、相手には一切響きません。「なんでこんなに盛り上がってるのかさっぱり分からない」と温度差を感じるだけです。

楽しかった思い出をよみがえらせるには、お互いにとっての特別な思い出、お互いが「楽しかった」と強く記憶に残っている思い出でなければ意味がないわけです。

ポイント

こちらが思い出話を始めたときに、「あれ楽しかったよね」と共感を得られる出来事を話題にするのが重要なポイントです。

相手の記憶に強く残っている思い出の見つけ方

カメラと写真

付き合っていたとき、相手が何度も口にしていた思い出がなかったか?

それを振り返ることで、相手の記憶に強く残っている思い出を見つけることができます。

  • 楽しかった
  • 忘れられない
  • また行きたい
  • またやりたい

ある出来事を振り返りながらこういった言葉を口にしていたことって、誰でも一度はあると思うんですよね。

そのとき、どこで何をしたときのことを話していたのか?

それを思い出してみてください。

くだらないことで大笑いしたときのことや、忘れられない良いハプニングがあったときのことでも構いません。

これまでにあった様々な出来事を振り返っていけば、見つけられると思います。

思い浮かぶものをすべてリストアップしておく

特別な思い出がいくつも思い浮かぶ場合は、すべてリストアップしておくことをお勧めします。携帯にメモしておくだけで十分です。

  • ○○に行ったときにこんなことがあった
  • ○○をしたときにこんなハプニングがあって2人でずっと笑っていた
  • ずっと行きたがっていた○○に行ったとき、すごく嬉しそうにしていて、何度もそのときのことを話していた

こんな感じで、思いつくものをすべて書き出しておきましょう。そうしておけば、会話をするとき、忘れずに話題にできますから。

自然と思い出話に繋げること

全然関係のない話をしている流れで急に思い出話を始めれば、相手は違和感を覚えます。

例えば、ディズニーに行ったときのことが強く印象に残っている場合。

何の前触れもなく、いきなりディズニーでの思い出話を始めると不自然です。

そんなときは、別の話題やディズニーに関する話題から入り、自然と思い出話に繋げるようにしてください。

○○(共通の友人)が彼とディズニーに行ったって聞いた?わざわざお土産を買ってきてくれたんだけど(ここでそのお土産の写真を見せる)。そういえばさぁ、2人で行ったときのこと、覚えてる?あのとき、こんなことがあったよね

という感じで入り、そこからさらに思い出話を広げていくイメージです。

まぁこんな都合のいい話はなかなかないと思いますが、なんでもいいんです。

そのあと友達とディズニーに行ったのなら、そのときの話から入ればいいですし、新アトラクションができたのなら、そのことを話題にして、2人で行ったときの話に持っていけばいいですし。

上手く繋げられる自信がない人は、その入り方に関してもあらかじめ考えておくといいと思います。こういう話をして、そこから思い出話に繋げよう…という感じで。

思い出話をするのは会ったとき

いつ思い出話をすればいいのか?

連絡を取り始めた段階でいきなりそんな話題を始めるのは、あまりに不自然です。

「久しぶり。元気?そういえば、○○に行ったときのことを覚えてる?」

まだ相手の警戒心が強く、信頼関係もできていないときにこんなことを言っても、「なんだこいつ」と思われて終わりです。

思い出話は、直接会ったときにするのが効果的です。

ポイント

本人を前にして、お互いが当時のことを振り返りながら、「あんなことがあったよね」「こんなこともあったね」「あれも覚えてる?」と思い出話のキャッチボールをすることで、そのときの記憶を鮮明に蘇らせることができます。

思い出がいくつかある場合は、会うたびに何か一つ思い出話をして、少しずつ当時の感情をよみがえらせるのがおすすめです。

そうすることで毎回付き合っていたときのことを思い出させることができるので、無意識にあなたに対して恋人感覚を抱くようになるんですね。

すでに順調にいっている場合は、相手の好意が感じられるようになった最終段階で思い出をよみがえらせることで、最後の一押しをすることができます。

そして、「またあの頃に戻りたい」「やり直したい」と思ってもらえるようになります。

思い出をよみがえらせて大切さに気付かせる方法についてのまとめ

楽しかった思い出をよみがえらせることで、なぜあなたの大切さに気付かせることができるのか?

そして、元彼や元カノに復縁を意識させることができるのか?

その理由をご理解いただけたでしょうか?

これは、復縁をする上で欠かすことができないプロセスです。

ポイント

最適なタイミングで、相手の記憶に強く残っている思い出を呼び起こし、当時のことをよみがえらせることができれば、復縁は成功したも同然です。

そのためにも、まずは冷却期間中に思い出探しをしておくようにしてください。

復縁メール相談

「こんな状況だけど、復縁できる可能性はあるのか?」

「今自分は何をしたらいいのか?」

など、何か分からないことや詳しく知りたいことがある方は、こちらから復縁アドバイザーに直接相談ができます。

その答えややるべきことが分かると思います。

この記事と同じカテゴリの記事

赤く色を塗った2つのハート型の木材

アプローチの仕方

元彼や元カノを再び惚れさせる正しい褒め方とは?

元彼や元カノを上手く褒めることができれば、2人の距離はグッと縮まります。そして、復縁にも大きく近づきます。 しかし、とりあえず褒めることしかできていない人が多い気がします。 それでは全く ...

手で作ったハートマーク

アプローチの仕方

たった1ヶ月で復縁が可能に?別れてから短期間でよりを戻せる方法

以前、「【復縁成功までにかかる期間】あなたは何ヶ月でよりを戻せる?」という記事で、状況別に、復縁できるまでの目安となる期間について書きました。 しかし、誰もが思っているのは、「一日でも早 ...

「HELLO」と書かれたブラックボード

アプローチの仕方

復縁したい相手との会話で意識してほしい7つのポイントと注意点

冷却期間を置き、連絡を取り、いざ会うことになったときに多くの方から聞かれることがあります。 どんな会話をすればいいんですか?気をつけることなどがあれば教えていただけるとありがたいです。 ...

私が復縁できたときの話

手を繋いでいるカップル

私も以前、復縁を経験しました。

しかし、どんなに想いを伝えても、謝っても、何度復縁を迫っても、全く相手にされないような状況でした。

それでも別れを受け入れられず、必死に彼女を振り向かせようとしていたら、避けられるようになりました。

このとき、彼女にはやり直す気がこれっぽっちもないことを知りました。

それからは、これ以上嫌われるのが怖くて、連絡をすることすら不安で、自分からは何もできなくなっていました。

どうしたらいいのかも分からず、「もう無理かもしれない…」と思っていました。

でも、後悔だけはしたくなかったんです。

そこで参考にしたのが、7step復縁方法でした。

なぜ自分が復縁できる方法が分かったのか?

どんなアプローチをしたら、もう一度好きになってもらえたのか?

7step復縁方法が教えてくれたことを、以下の記事の中で包み隠さず書いています。

こんな記事もよく読まれています

© 2021 復縁のいろは