3か月で復縁できる人が多いって本当?その真相と3か月で復縁を可能にする方法

更新日:

縦に3つ並んだハート

これまで多くの方をサポートしてきましたが、「復縁は最低でも3か月はかかるもの」「大体3か月くらいで復縁できる」という認識を持っている方が多いようです。

先日も、「復縁は別れてから3か月くらいでできると聞きました。本当ですか?」というご質問をいただきました。

今日はこのことについて書いてみたいと思います。

3か月あれば復縁できるのか?

私の経験上、これは事実です。これまでサポートをしてきた中で、約3か月で復縁できた方の割合が断トツでトップです。

もちろん復縁までにかかる期間というのは、別れの原因や状況によって大きく左右されます。なので正確には、3か月あれば復縁できる原因で別れた人が多いということです。

参考記事【復縁成功までにかかる期間】あなたは何ヶ月でよりを戻せる?

「別れてから3か月で復縁できる人が多い」というのは、間違いではありません。

大抵の場合は3~6か月で復縁できる

原因や状況にもよりますが、大抵の場合は3~6か月で復縁できます。

もっと早く復縁をすることも可能ではありますが、そのくらいかけて着実に進めたほうが確実性も成功率も高くなります。短い期間で相手の気持ちを取り戻そうとすると、どうしても焦ってしまい、失敗のリスクも高くなりますからね。

また、たとえよりを戻すことができたとしても、短期間で復縁をした場合、再び別れることになるケースが多いです。別れに至った根本的な問題が改善されていないからです。それでは上手くいくわけがありません。

何か原因やあなたに対して嫌なところがあったから、相手は別れを選んだはずです。しかし、人はそう簡単には変われません。その問題点を改善するのには時間がかかります。

  • 自分自身が変わること
  • そして、その変化に気付いてもらうこと

復縁をするためには欠かせないことです。

そのプロセスとアプローチをする期間を含めると、ほとんどのケースで3~6か月はかかります。

3か月で復縁できる人が多い理由

それには大きく分けて2つの理由があります。

3か月もあれば変化に気付いてもらえる

一つ目は、前述のとおりです。

  1. 自分自身が変わる
  2. 自分磨きをしてより魅力的になる
  3. 変わったことに気付いてもらう

この3つは復縁をするための絶対条件ですが、どんなに頑張っても、1~2か月ではちょっと厳しいと思います。

最初の2つに関しては、あなた次第でどうにかなることです。しかし、3つ目の「変わったことに気付いてもらう」に関しては、何度が会い、あなたの言動から変化に気付いてもらう必要があります。それにはもう少し時間がかかるでしょう。

でも順調にいけば、3か月もあったらクリアできることです。

これが、3か月で復縁できる人が多い一つ目の理由です。

自然と警戒心がなくなる

二つ目は、自然と警戒心がなくなるからです。

別れた直後は、どうしても相手の警戒心が強くなります。何度も「別れたくない」と言って相手を困らせたのなら、尚更です。

いつ復縁を迫られるか分からない警戒心から、連絡が取れなくなることも多いです。あなたのことが嫌になって「もうこれ以上関わりたくない」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、それがいつまでも続くわけではないんですね。しばらく連絡をするのを避け、距離を置けば、自然と警戒心はなくなっていきます。

その期間が、大体2~3か月です。よほどひどいことをした場合や信頼関係が完全に崩れた場合を除き、そのくらいで警戒心が薄まり、連絡を取ることや会うことができるようになります。

あとはアプローチの仕方次第ではありますが、そこからはトントン拍子で進むことが多いため、3か月程度で復縁が可能になるわけです。

警戒心の解き方に関しては、「元彼・元カノに警戒されている場合はどうすればいい?その度合いによって変わる警戒心の解き方」という記事で詳しく解説しています。警戒されていると感じている方は、こちらを参考にしてみてください。

3か月でよりを戻すための復縁プラン

3か月で復縁を目指す場合、私のやり方では、最初の2か月を冷却期間に、残りの1か月をアプローチ期間に当てます。状況によっては冷却期間をもう少し長くすることもありますが、イメージとしては大体こんな感じです。

まずは冷却期間を置く

まずはできるだけ早く別れを受け入れ、冷却期間を置きます。そして冷却期間中に別れの原因を見極め、問題点を明確にし、変わる努力をします。同時に自分磨きも行います。

冷却期間中の正しい過ごし方に関しては、「【冷却期間はこう過ごせば復縁できる】重要な5つのポイントを解説!」という記事を参考にしてみてください。

連絡をする

冷却期間が終わったら、メールかLINEを送ります。相手がメールやLINEをめんどくさがる人なら、いきなり電話をしても構いません。

参考記事元カレ元カノに連絡をするのに最適なのはLINE?メール?電話?

そして連絡が取れたら、無駄なやり取りはせずに、できるだけ早く誘います。

参考記事連絡を取り続けても復縁は無理!会うことを最優先させること!

連絡の取り方に関しては、「復縁を目指す相手にLINEやメールを送るときに意識してほしいこと」という記事を参考にしてみてください。

会う

復縁は、会ったときから大きく動き始めます。会ったときにどれだけ良い印象を与えられるか、変化に気付いてもらえるかで復縁できるかどうかが決まる、といっても過言ではありません。

逆に、久しぶりに会ったときに悪い印象を与えてしまうと、復縁成功までに時間がかかるどころか、失敗に終わってしまう可能性もあります。

3か月で復縁を目指すなら、「元彼・元カノと久しぶりに会ったときに復縁成功を近づける正しい接し方」という記事を参考にして、確実にチャンスを掴むようにしましょう。

想いを伝える

私がサポートをするときには、相手から復縁を申し込んでもらえるように進めていきます。

しかし一人でそれをやろうとしても、なかなか難しいと思います。時間をかければできるかもしれませんが、チャンスがあれば自分から告白をしたほうが確実です。

【復縁を申し込むときの告白の仕方】想いの伝え方とタイミングについて」という記事を参考にしていただき、自分の想いを伝えてください。

3ヶ月で復縁は可能だけど焦りは禁物!本来の目的を見失わないように!

「3か月で復縁できる人が多いって本当?その真相と3か月で復縁を可能にする方法について」というテーマで書いてみました。

正しいアプローチを行えば、3か月で復縁をすることが可能です。3か月は無理でも、6か月もあれば復縁できる方が多いと思います。

ただし、期間にこだわって焦ってしまうと、それが失敗の原因になることもあります。その点は注意してください。

「一日でも早く復縁したい」という気持ちは分かりますが、あなたの本来の目的は、『元彼や元カノと復縁をすること』だと思います。その目的だけは絶対に見失わないように。無理そうだったら時間をかけ、慎重に進めるようにしましょう。

最短で確実に復縁を叶えたい方は、『7step(7つのステップでもう一度好きにさせる方法)』を参考にすることも検討してみてください。

復縁マニュアル7step(7つのステップでもう一度好きにさせる方法)
【復縁成功率87.3%】7stepが教えてくれる復縁方法について

相手が別れを選んだのは、あなたに嫌なところがあり、魅力も感じなくなって、一緒にいても幸せになれないと判断したからだと思います。 なかなか別れを受け入れら ...

続きを読む

Copyright© 復縁のいろは , 2020 All Rights Reserved.