バレンタインデーのギフトボックス

バレンタインデーのギフトボックス

毎年1月~2月になると、元彼にバレンタインのチョコを渡す件についての相談が増えます。

元彼と復縁したいと思っています。

もうすぐバレンタインですが、復縁したい場合はチョコを渡してもいいのでしょうか?

それとも、渡さないほうがいいのでしょうか?

先日もこのような相談を受けました。

「どうしてもチョコを渡したい」

「毎年渡していたから、なんとなく渡そうかと考えている」

「渡したほうが復縁に繋がる気がする」

「渡したいけど、そうしたら未練が伝わりそう」

こんな風に考えている人が多いようです。

ここでは、こういった疑問に答えていきたいと思います。

バレンタインデーにチョコを渡しても復縁に繋がることはない

復縁したい元彼にバレンタインデーにチョコを渡してもいいのか?

まずはその結論から。

どちらでも構いません。

チョコを渡してもいいし、渡さなくてもいい、ということです。

そもそも、バレンタインデーにチョコを渡しても、それが復縁に繋がることはありません。

最近はチョコ以外のものを渡すケースも増えていますが、何であっても、バレンタインデーに渡したからといって元彼の気持ちが変わることはないわけです。

「チョコをもらえた。嬉しい。やっぱり好き」

「別れたのにチョコをくれるなんて、こんなに自分のことを想ってくれていたのか。やり直したい」

こんなことには絶対になりませんからね。

結局は自己満のためです。

復縁のためにチョコを渡そうと考える必要はありません。

バレンタインデーにチョコを渡してもいい人

チョコレート

それでもチョコを渡したい、渡そうと考えている、という人もいると思います。

では、チョコを渡したい場合、どういう状況の人なら渡してもいいのか?

それは、日常的に元彼と会える状況の人です。

  • 職場や学校が一緒で毎日のように顔を合わせる人。
  • すでに元彼と何度か会っていて、いつでも会える状況の人。

こういう状況の人は、バレンタインデーにチョコを渡しても不自然ではありません。

職場や学校が一緒なら、何も気にせずに渡せばいいと思います。

いつでも会える状況なら、バレンタインデー当日かその前後に会う約束をして、そのときに渡せばいいと思います。

気軽に受け取りやすいものを渡す

バレンタインデーに渡すのは、元彼が気軽に受け取りやすいものにしてください。

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

基本は食べ物で、高くないものがいいと思います。

[/st-mybox]

元彼とはいえ、今は友達です。

プレゼントとしてもらうようなものや、たとえ食べ物であっても値段が高いものだと、「重い」と思われます。そういうものをもらっても困ると思いますし、場合によっては受け取ってもらえないこともあるかもしれません。

また、元彼はホワイトデーのことも考えなければなりません。お返しに気を遣わせるようなものはやめたほうがいいでしょう。

目安として、予算は3,000円までで考えるといいと思います。

もっと高いものをあげたかったら、それは復縁できてからにしてください。

バレンタインデーにチョコを渡さないほうがいい人

ギフトボックス

では逆に、どういう状況の人はバレンタインデーにチョコを渡さないほうがいいのか?

それは、以下のような状況の人です。

  • 冷却期間中で、しばらく元彼と会っていない人。
  • 元彼に避けられている人。
  • 会おうと思えば会えるけど、別れたときにしつこくすがってしまって、別れてからまだ1か月経っていない人。

こういう状況の人は、あなたの未練が伝わり、警戒される可能性があります。

まず冷却期間中なら、そんなことのために会うべきではありません。まだ復縁の準備ができていないのにチョコを渡すためだけに会おうとするのは、これまで過ごしてきた冷却期間を台無しにする行為です。

しばらく会っていなかった人がいきなりバレンタインデーに会おうとしてくると、下心を感じる人もいると思います。

元彼に避けられていると感じているのであれば、そもそも会ってくれないかもしれません。たとえ会えたとしても、その状況でチョコを渡すのはやめたほうがいいでしょう。

また、会おうと思えば会えるけど、別れたときにしつこくすがってしまって、別れてからまだ1か月経っていない場合は、チョコを渡すことで未練が伝わる可能性が高いです。

職場や学校が一緒でも、この場合や避けられている場合はチョコを渡すのも控えたほうがいいと思います。

冷却期間後に会うタイミングなら渡してもいい

バレンタインデー前に冷却期間が終わり、これから連絡を取り、会おうとしている場合、ちょうど会うタイミングがバレンタインデー当日かその前後になることがあると思います。

その場合は渡しても問題ありません。

チョコを渡すために会うのではなく、これから復縁に向けての関係を作っていくために会う、そのついでにチョコを渡すだけなので。

正しく接することができたら、警戒されることも未練が伝わることもありません。

会ったときの接し方については以下の記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

[st-mybox title=”参考記事” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#f7f7f7″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

[/st-mybox]

元彼にチョコを渡すときの注意点

元彼にチョコを渡すときには、友達や同僚に渡すときのように普通に渡せばいいのですが、一つだけ注意点があります。

それは、復縁に絡めないこと。

[st-mybox title=”注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef5350″ bgcolor=”#fff2f3″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

渡すときに想いを伝えるのはもちろん、未練があるのを悟られるようなことも絶対に言わないようにしてください。手紙やメッセージを添えるのもやめてください。

[/st-mybox]

ただ、すでにいい感じになっていて、思いきって告白をしようと思っている人は、バレンタインデーに復縁を申し込むのはアリです。

チョコなどを渡すタイミングで想いを伝えるといいと思います。

復縁を申し込むときの告白の仕方については以下の記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

[st-mybox title=”参考記事” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#f7f7f7″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

[/st-mybox]

告白をする前にはこちらにも目を通しておいてください。

[st-mybox title=”参考記事” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#f7f7f7″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

[/st-mybox]

まとめ

バレンタインデーにチョコを渡すかどうかで迷っている人も、この記事を読んで、復縁をするためにはどうするのがいいのかをご理解いただけたと思います。

最後にまとめると、

  • チョコであれ、なんであれ、バレンタインデーにそれを渡すことで復縁が近づくことはない。
  • どうしても渡したかったら渡せばいいし、不安なら渡さなくていい。
  • ただ、状況によっては、渡さないほうがいい人もいる。

ということになります。

少しでも参考になれば幸いです。