スマホを持つ女性

別れたあと、連絡をしても元彼や元彼からの返信が遅くなることがあります。

  • 「なんですぐに返信をくれないんだろう?」
  • 「嫌われたのかな?」
  • 「もう連絡はしないほうがいいのかな?」

そう悩んでいる人も多いと思います。

そんな人のために、元彼や元カノからの返信が遅い理由と、その状況から復縁をするためのポイントについて解説します。

なぜ返信が遅いのか?元彼や元カノの心理とは?

元彼や元カノからのLINEの返信が遅いのはどうしてなのか?

それには以下の理由が考えられます。

やり直す気がないことを分からせるため

まず一番に考えられるのは、やり直す気がないことを分からせるために意図的に返信を遅らせている可能性です。

別れたあとは未練が伝わっていることが多く、あなたが連絡をしてくるのも復縁を望んでいるからだと思われています。

そのため、返信を遅らせることで、こっちにはその気がないことをアピールしているわけです。

変に勘違いをさせないため

変に勘違いをさせたくない、期待させたくない、という気持ちから、すぐに返信をしないようにしている可能性もあります。

やり直す気がないことを分からせるという意味では前述と同じですが、少し相手の意識に違いがあります。

前述した理由は「やり直す気がないのを察して」「めんどくさいから復縁話はやめてよ」という気持ちが大きいのに対し、こちらは、「これまで通り返信をして勘違いをさせたら悪いな」「復縁できるかもって期待させたら申し訳ない」という気持ちが大きいです。

その違いを判断するのは難しいですが、相手からの返信内容を見てそこまで突き放されている感じがなければ、こちらの可能性があります。

今は連絡を取るのも抵抗があるから

今は連絡を取るのも抵抗があるくらいあなたのことが嫌になっていることも考えられます。

別れの原因の影響はもちろんのこと、別れ話をしているときや別れたあとのあなたの言動に受け入れられないところがあったのかもしれません。もしかしたら、怒っているのかもしれません。

でも、無視をするのは悪いと思っているから仕方なく返信をしている状況です。

本当は連絡を取りたくないと思っている可能性もあります。

ケジメをつけたいから

別れたから、これまでの関係にケジメをつけたいと考えているのかもしれません。

別れたら、その瞬間からケジメをつけたいと考える人もいます。

「もう恋人じゃないんだから、連絡は取らない」

そういう考えの人だと、別れた人から連絡来ても返信をするか迷います。ケジメはつけたいけど、連絡が来たから返すしかない、という葛藤がある状態です。

その結果、LINEやメールを返すのが遅くなることがあります。

別れたあとの接し方や距離感が分からないから

別れたあとの接し方や距離感が分からずに返信が遅くなることもあります。

「別れたんだから、付き合っていたときと同じ接し方をするのは違う気がするけど、いきなり友達として接するのは無理。どういう距離感でやり取りをしたらいいのか分からない」

こんな風に悩んでいるうちに時間が経ったのかもしれません。

忙しくて後回しになっているため

単純に忙しくて後回しになった可能性もあります。

これは、あなたと連絡を取ることの優先順位が低くなっていることも関係しています。

仕事が忙しいときに限らず、プライベートが充実しているときにも、「気が向いたときに返せばいいや」という気持ちになりがちです。

完全に忘れていて、思い出したタイミングで返信をした人もいると思います。

返信が遅くても復縁には影響がないケース

LINE

以下のようなケースでは、LINEの返信が遅くてもそれほど復縁には影響がありません。少しずつ状況はよくなっていくと思います。

自然とやり取りが続く

返信が遅くても、その後にやり取りが続く場合は、あなたと連絡を取るのが嫌なわけではないと考えられます。

特に、しつこく質問攻めをしているわけでもなく、自然とやり取りが続いたり、相手からも話題や質問を振られたりする場合は、今後も連絡は取れるはずです。

警戒心や気まずさ、適度に距離を取りたいという気持ちから返信が遅くなっているだけだと思います。

ただ、頻繁に連絡をしていると避けられるようになる可能性があるので、用件がない限り、無駄に連絡をするのは控えたほうがいいでしょう。

これまでと同じように接してくれる

返信は遅いけど、素っ気ないわけでもなく、これまでと同じように接してくれる場合は、あなたと連絡を取ること自体は楽しんでくれていると思います。

もしくは、「最初は警戒していたけど、連絡を取ってみたら楽しかった」と思ったのかもしれません。

嫌だったら、やり取りの中での反応や接し方に表れるはずです。

そういう違和感を覚えることがなければ、返信間隔は気にせずに楽しいやり取りを続けることを意識すればいいと思います。

相手から連絡が来ることがある

こちらからは連絡をしていないのに相手から連絡が来ることがある場合も、返信が遅いのは気にしなくていいと思います。嫌われていたら連絡をしてくることなんてないはずですから。

すぐに返信をしないのには何か理由があるのでしょうが、一時的なものだと考えていいでしょう。

少ししたら普通に返信をしてくれるようになると思います。

会う約束ができた

あなたと距離を置きたくて返信を遅らせていたのだとしたら、連絡を取ることすら抵抗がある状態です。まず会おうとは思わないはずです。

もし会う約束ができた場合は、実はまだ好意を持ってくれている可能性があります。

返信が遅かったのは気分的なものだったか、元々未練があったけど意地になっていたか、連絡を取っているうちに心境の変化があって会いたくなったのかもしれません。

どちらにしても、会える状況なら復縁はそれほど難しくないと思います。

LINEの返信が遅い元彼や元カノと復縁するためのポイント

スマホ

ここからは、LINEの返信が遅い元彼や元カノと復縁するためのポイントについて解説します。

やり取りを続けようとしない

元彼や元カノからの返信が遅い場合は、無理にやり取りを続けようとしないことがポイントになります。

相手がすぐに返信をしないのにはいろんな理由が考えられますが、あなたと連絡を取ることを楽しみにしている心境でないのは明らかです。

連絡が来ても嬉しくないし、返信をするのも面倒だと感じていると思います。

やり取りを続けようと何度も返信をすれば、「またか…」とか、「しつこいな」と思われるはずです。

それではあなたと連絡を取ること自体が嫌になってきます。

ポイント

返信が来たあと、特に用件がなければ、次に自分が返してやり取りを終わらせるつもりで返信をするようにしてください。

他にも聞きたいことなどがある場合は、あまり長引かせないようにするか、後日連絡をするときの話題にするようにしましょう。

相手に合わせて返信を遅らせる必要はない

相手からの返信が遅いと、それに合わせて自分も時間を空けたほうがいいのかな、と考える人もいると思います。

でも、あなたが返信を遅らせる必要はありません。

「すぐに返信をしたら未練が伝わる気がする」「返信が来るのを待っていたと思われない?」

こんな風に思う人がいるかもしれませんが、未練が伝わるのは、何度もやり取りを続けようとしたり、頻繁に連絡をしたりした場合です。

元々あなたがすぐに返信をするタイプなら、時間を空けるほうが不自然です。駆け引きをしようとしている感じが伝わり、お互いが探りさぐりの状態になるので、より関係がギクシャクします。

余計なことは考えずに、返信できるときに返信すれば大丈夫です。

ポイント

不安なら5~10分くらい空ければいいでしょう。

素っ気ない対応をするのもやめたほうがいい

相手が素っ気なかったり、返信が遅いことに不満があったりすると、自分も素っ気ない対応をしたくなるかもしれませんが、それではお互いが気まずくなるだけです。

相手が素っ気なくても、同じような対応をするのはやめてください。

そんなときこそ自然体で接するべきです。

そうすることで、相手は自分だけが冷たい態度を取っているのが馬鹿ばかしくなり、普通に接してくれるようになります。

注意

駆け引きをしようとしても「めんどくさい」と思われるだけだということを頭にいれておいてください。

しばらく距離を置く

返信が遅い状況が続くときには、しばらく距離を置くようにしましょう。

相手は、今は連絡を取りたくない、距離を置きたい、と思っている可能性が高いからです。

すぐに返信をしないことで、遠回しにそのことを伝えています。

そのサインを無視して連絡を取り続けようとすると、「なんで分からないの?」と思われ、あなたの印象がさらに悪くなります。最悪の場合、連絡が取れなくなるかもしれません。そうなるのだけは避けたいところです。

また、今は連絡を取ることに抵抗があったとしても、時間が経てば警戒心や気まずさは薄れるものです。

しばらく距離を置けば、相手の気持ちにも変化が表れると思います。

ポイント

とりあえず1か月は空けるようにしてください。

翌日以降に返信が来た場合は早めに距離を置く

返信が遅いといっても、数時間程度の間隔が空くくらいなら、定期的に連絡を取りながら様子をみて構いません。

でも、翌日以降に返信が来た場合は早めに距離を置くようにしてください。

忙しかったり、忘れていたり、一度なら一日以上空くことがあるかもしれませんが、二度以上ある場合は意図的にしていると考えていいと思います。

「面倒だけど仕方なく返信をしている。だからもう連絡をしてこないで」と言っているようなものです。

翌日以降に返信が来ることが二度以上あった場合は、もう連絡をするのはやめたほうがいいでしょう。

ポイント

この場合は2~3か月は距離を置くようにしてください。

ただ、付き合っていたときも一日以上返信が遅れることが何度もあった場合は、もう少し様子を見ていいかもしれません。

今までそんなことはなかったのなら、すぐに距離を置くべきです。

まとめ

元彼や元カノからのLINEの返信が遅い理由や、その場合の対応の仕方についてお伝えしました。

いろんな理由が考えられますが、相手の反応を見ながら進めていくしかありません。

いつまでも返信が遅いのが続く、素っ気ない対応になる、返信が来なくなる、という状況なら、連絡を取るのを相手が嫌がっていると判断できます。

その場合は早めに距離を置くようにしてください。

逆に、一時的に返信が遅かっただけだったり、返信は遅いけど相手から連絡が来ることがあったりする場合は、状況はよくなっていると言えます。

その場合は少しずつ距離を縮めていくといいでしょう。

連絡をするときに意識してほしいことや、返信が来たあとのやり取りの仕方などについては以下の記事で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてみてください。