【忙しい人とはこうやって復縁する】仕事が忙しいことを理由に振られた場合の復縁方法

投稿日:

パズル

仕事が忙しいことを理由に振られた人から相談をいただきました。

彼から、「仕事が忙しくて、今はそっちに集中したい。」と言われ、別れることになりました。

会えない日が続いていて、寂しさからワガママを言ってしまったこともあり、すれ違いもあったんですけど、まさか別れることになるとは思っていなかったので、今はまだ現実を受け入れられていません。

絶対に復縁をしたいと思っているんですけど、今は時間を置くしかないんでしょうか?

ここでは、仕事で忙しい人との復縁方法と注意点について解説したいと思います。

相手が忙しい場合はしばらく時間を置く必要がある

忙しいことが理由で別れることになったのなら、まずはしばらく時間を置く必要があります。

今は恋愛どころじゃない、恋人とデートをする余裕もない、という状況です。そんなときに連絡をすると、「自分の気持ちを理解してくれていない」と思われてしまいます。それではさらに印象を悪くしてしまいます。

相手のことを一番に考えれば、そっとしておいてあげるのが自然な対応だと思います。

忙しい人に対しては、その人の負担にならないように進めるのが絶対条件です。

忙しいのが落ち着くまで、もしくは1か月は待つ

では、どの程度時間を置けばいいのか?

基本的には、忙しいのが落ち着くまで。忙しい時期が一時的な場合は、「そろそろ落ち着いたかな」という頃に連絡をしてみましょう。

特に時期に関係なく忙しい場合や、いつ落ち着くか分からない場合は、最低でも1か月は時間を置くようにしてください。そして連絡をしてみて、返信があれば、様子を見ながらやり取りをしてみましょう。

もし相手が素っ気ない場合や無視をされた場合は、まだ余裕がないということです。さらに2週間くらいは待つようにしてください。

気遣いアピールはほどほどにする

相手が忙しいとき、どうしても気遣いを前面に押し出すような内容の連絡をする人が多いです。

しかし、あまりに度が過ぎると、良く思われようと気遣いアピールをしていると受け取られる可能性があります。その気遣いや心配が嘘っぽく感じるわけですね。それが未練が感じさせることに繋がるので、気遣いはほどほどにするようにしてください。

最初にさらっと触れるだけで十分です。

「返信不要」と書くのはNG!

忙しいのが分かっている人に連絡をするとき、わざわざ「返信はいらない」と書く人がいます。

しかし、これもやめたほうがいいです。そんなことを書くと本当に返信がきません。返信をするかどうかは相手が判断することなので、余計なことは書かないようにしましょう。

連絡をするときの話題やポイントに関しては、「復縁を目指す相手にLINEやメールを送るときに意識してほしいこと」という記事を参考にしてみてください。

相手から連絡が来れば素直に応じる

時間を置いているときに相手から連絡が来ることもあるかもしれません。

そんなときは素直に応じてください。どんな理由であれ、意味もなく連絡をしてくるわけがないので、何も気にしなくて大丈夫です。普通にやり取りをして、もし「会おう」と誘われたら会っても問題ありません。

ただし、体の関係だけは持たないように、それだけは注意してください。

参考記事元カレと体の関係を持つと復縁できる可能性が低くなる4つの理由

他に原因がないか考えてみる

忙しいことが理由で振られることはよくあります。

でも、よく考えてみてください。

どうして忙しいだけで別れようと思ったのでしょうか?そんな理由で別れる必要があったのでしょうか?

普通は、忙しいときこそ支えてほしいと思うのではないでしょうか?

もしかすると、忙しいのは口実で、あなたの存在が負担になっていたのかもしれません。

例えば、忙しくて支えてほしいときにあなたが自分本位な行動を取ったり、連絡が取れないことや会えないことに不満を言ったりして、相手を困らせたことはありませんでしたか?

忙しかったのは事実だとしても、本当の原因は他のところにある可能性も否定できないわけです。むしろ、その可能性のほうが圧倒的に高いと思います。ただ忙しいだけで本当に好きな人と別れようとは思わないはずなので。

他に原因がないか?

時間を置いている間にもう一度考えてみてください。

本当の原因を払しょくするようにアプローチをする

もしも他の原因に思い当たる節がある場合は、それを基準に進めていかなければなりません。

例えば、寂しさから、忙しい相手を困らせていたのであれば、自立したことをアピールする必要があります。そうやって、構ってちゃんを卒業したことや、もう相手の負担にならないことなどを分かってもらわないといけないわけです。

  • その原因となったこと
  • 相手が復縁を拒んでいる理由

これを払しょくしないといけないんですね。

自分のダメだったところが分かれば、どう改善すればいいのか、何をアピールすればいいのか、ということも分かると思います。

それを連絡をするときや会ったときにさり気なくアピールしていきましょう。その意識さえ持っていれば、基本的に復縁は可能です。

忙しさを共有するのも効果的

相手が忙しくて、あなたがそれを気遣い、体を心配するような関係では、上手くいかないことがあります。なぜなら、「こっちの忙しさなんて分かるはずがない」と思われてしまうからです。それでは距離が縮まりません。

このような場合は、自分も同じように忙しい状況を作るか、嘘でもいいので忙しいフリをするのが効果的です。

相手と同じ状況を作ることで、【同じ立場の人】として見てくれるようになります。つまり、お互い大変な状況だということで、その大変さを共有できるようになるわけです。相手も心を開きやすくなりますし、距離も縮まりやすくなります。

とはいえ、いきなり忙しいことをアピールするのは不自然です。最初は相手の近況を聞き、その流れであなたの近況を話し、そこで忙しいことに触れてみてください。あくまでもさらっと、さり気なく、です。

会って変化をアピールして、良い印象を与える

連絡が取れて、相手の忙しさも一段落しているようだったら、都合の良い日を聞いて誘ってみましょう。心を開いてくれていれば、多少忙しくても断れることはないと思います。

会ったときにも、変化をアピールすることを意識してください。先程の例で言えば、自立したことをアピールするわけですね。そうやって「前とは違う」という確信を持ってもらうわけです。そうすることで良い印象を与えることができ、復縁を考えてもらえるようになります。

その他の接し方などに関しては、「元彼・元カノと久しぶりに会ったときに復縁成功を近づける正しい接し方」という記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

「誘ったけど断られた」という場合は、もう少し時間をかける必要があります。本当に忙しい可能性もあるので、定期的に連絡を取りながら様子をうかがい、タイミングを見てまた誘ってみましょう。

その後の流れに関しては、通常のケースと同じです。「元彼・元カノをもう一度好きにさせる方法と復縁成功までの正しい流れ」という記事を参考にしていただき、アプローチをしてみてください。

仕事が忙しいことを理由に振られた場合の復縁方法についてのまとめ

仕事が忙しいことを理由に振られた場合の復縁方法をまとめると、以下のようになります。

  1. まずはしばらく時間を置く(忙しさが落ち着くまで、もしくは1か月以上)
  2. 本当に忙しいことが原因なのかを考える(他に原因がある可能性大)
  3. 連絡をして、別れの原因と関係のあることに関して変化をアピールする

そのあとに誘い、会う~復縁成功までの流れは、「元彼・元カノをもう一度好きにさせる方法と復縁成功までの正しい流れ」という記事を参考にしてみてください。

  • 忙しさが落ち着くのを待つ
  • 本当の原因を見極め、正しく変化を感じさせる

この2つさえクリアできれば、復縁は難しくないと思います。

Copyright© 復縁のいろは , 2019 All Rights Reserved.