時計

復縁までにかかる期間は、状況によって大きく変わってきます。

別れの原因や別れ方、連絡が取れるかどうか、などによって左右されることです。

1か月かからずに復縁できる状況もあれば、1年以上経って復縁できる人もいます。

また、正しいアプローチができるかどうかも関係してきます。

自分の状況でやるべきことをベストなタイミングで行えば、最短で復縁できます。

反対に、アプローチの仕方やタイミングを間違えば、状況が悪化し、長引く可能性が高くなります。最悪の場合、復縁できなくなることもあります。

ただ、大きなミスさえ犯さなければ、ほとんどの人が大体同じくらいの期間で復縁を成功させています。

復縁できるまでの平均期間は3~6か月

砂時計とカレンダー

復縁にはどのくらいかかるのか?

復縁できるまでの平均期間は、3~6か月です。

  • 小さなことの積み重ねで気持ちが冷めた
  • 嫌なところがあって、そこに耐えられなくなった
  • マンネリ状態になり、好きなのか分からなくなった
  • すれ違いや価値観の相違が大きくなった

このように、ある出来事をきっかけに一発で別れに発展したのではなく、付き合っている過程で少しずつ関係が悪化していったようなケースでは、3~6か月で復縁できる人がほとんどです。

別れの原因としてもこのようなケースが多くを占めているため、復縁できるまでの平均期間は3~6か月だと言えます。

3~6か月で復縁できる人が多い理由

3~6か月で復縁できる人が多いのには、以下の理由が考えられます。

3~6か月経った頃には、

  • 元彼や元カノに対する警戒心やネガティブな感情がなくなるから
  • 最近どうしてるのか気になり始めるから
  • 相手の良かったところを思い出すから
  • 付き合っていた頃の楽しかった記憶がよみがえってくるから
  • 他に出会いがなかった場合、一人でいるのが寂しくなるから
  • 久しぶりに連絡を取りたくなったり、会いたくなったりするから

こういった理由が大きいと思います。

いくら嫌になって別れたとはいえ、ある程度の期間付き合っていたのなら、そう簡単に忘れられるものではありません。

しばらく経てば相手のことが気になってくるものです。

嫌だったところの記憶は薄れ、好きだったところを思い出すものです。楽しかった記憶もよみがえってきて、元彼や元カノことを考えることも増えるものです。

そうすれば、自然と連絡を取りたくなるし、会いたくもなってきます。

そこで良い印象を与えることができたら、「やっぱり好きだな」「一緒にいると落ち着くな」と思ってもらえます。

こういった心境の変化が起こるのが、大抵の場合、別れてから3~6か月後です。

復縁までの期間は冷却期間の長さによって左右される

復縁をするためには、ほとんどのケースで冷却期間が必要になります。

前述した相手の心境の変化が起こるまでには時間がかかるため、その間は何もせずに待たないといけないんですね。

その期間、つまり冷却期間として必要なのが、平均で3か月です。

でも、2か月で済むこともあります。反対に、3か月以上空けたほうがいいこともあります。

これは、別れの原因や別れ方、連絡が取れるかどうか、などの状況によって変わってきます。

そして当然ですが、冷却期間が短ければ復縁までの期間も短くなり、冷却期間が長くなるほど復縁までの期間も長くなります。

つまり、復縁までの期間は冷却期間の長さによって左右される、というわけです。

復縁までの平均期間が3~6か月と幅があるのは、そのためです。

冷却期間後、1か月くらいで復縁できることが多い

冷却期間後は、大体1か月くらいで復縁できることが多いです。

連絡を取って、久しぶりに会って、その後も何度か会いながらもう一度好きにさせて、というアプローチを行い、実際に復縁できるのが1か月後、という感じです。

ポイント

冷却期間が2か月で済む場合は別れてから3か月後に復縁できることが多く、冷却期間が3か月の場合は別れてから4か月後に復縁できることが多い、ということです。

ただ、冷却期間後すぐに復縁できることもありますし、連絡を取り始めてから復縁できるまで2~3か月くらいかかることもあります。

  • 冷却期間中に相手にどの程度の心境の変化があるか
  • 正しいアプローチができるかどうか

このあたりの影響が大きいです。

でも間違った言動さえ取らなければ、冷却期間後は1か月くらいで復縁できるものだと思っていただいていいと思います。

ちなみに、私がサポートをする場合は、アプローチを始めてから2週間以内に復縁できることが多いです。

復縁まで平均で半年~1年かかる状況とは?

スケジュール帳

状況によっては、復縁まで平均で半年~1年かかる状況もあります。

例えば、以下のようなケースです。

  • 自分の浮気が原因で別れた
  • 何年も付き合ったけど、結婚を考えられずに別れた
  • 同じ過ちを何度も繰り返して愛想を尽かされた
  • 相手に好きな人ができて振られた、もしくは別れてから好きな人ができた

このような場合、相手に心境の変化が起こるまでにかなり時間がかかります。

上記の中で自分に非があるものが原因の場合は、別れたあとも悪いイメージが強く残ります。冷却期間を置いても、なかなか自分に対するネガティブな感情はなくならないことがあります。

相手に好きな人がいる場合は、その人のことで頭がいっぱいです。別れた人のことを考えることはほとんどないでしょう。

復縁までの期間は好きな人と付き合えるかどうかで変わってきますが、その人と上手くいなかったとしても、すぐに気持ちを切り替えることはできないと思います。

やはり半年~1年はかかるものです。

冷却期間は最低で半年は必要

前述のケースでは、最低でも半年以上の冷却期間が必要になります。

そのため、復縁できるのもそれ以降ということになります。

とりあえず半年後に連絡をしてみて、そのときの相手の反応で判断してみてください。

連絡が取れたら、そのままアプローチを行います。上手くいけば、1~2か月後には復縁できると思います。

でも、半年後に連絡をしても無視されたり、相手の対応が素っ気なかったりした場合は、さらに2か月くらいは冷却期間を置く必要があります。

大抵の場合、その頃には連絡が取れて、そこから1~2か月くらいで復縁できます。

長くても1年程度で復縁できると思っていいでしょう。

復縁まで平均で1年以上かかる状況

川沿いに座る女性

相手に新しい恋人がいる場合は、復縁まで1年以上はかかることが多いです。

基本的に恋人がいる場合は、その人と別れるまでは復縁もできません。

なので、恋人と上手くいくかどうか、いつ別れるか、で変わってくると考えてください。

すぐに別れた場合は、もっと早く復縁できるかもしれません。

でも、よほど相性が悪かった場合を除き、普通は少なくとも半年~1年くらいは続くことが多いと思います。

特に付き合い始めてから半年くらいまでの間は、ラブラブで、一緒にいて楽しくて仕方がない時期です。

その間は何かをしようとしても相手の邪魔をすることになり、確実に邪魔者扱いをされます。友達として連絡を取るにしても、半年以上は待つべきです。

また、連絡を取っているうちに自分のことを意識させることができたとしても、恋人への気持ちがあれば、すぐに別れを決意することはありません。

相手が自分のことを選んでくれるとしても、早くて1年後くらいになるでしょう。

もちろん、これはかなり上手くいった場合の話です。

恋人と良好な関係が続けば、2~3年くらいかかることもあります。

そのまま結婚をすることもあるため、復縁できないこともあります。

平均で2週間~1か月以内で復縁できる状況もある

ハートを持つ手

以下のような状況では、平均で2週間~1か月以内で復縁できることがあります。

  • 自分から振った
  • 喧嘩別れをした
  • 何か勘違いをされていることがある
  • なかなか会えずに寂しい思いをさせていた(遠距離を含む)

どれも相手に未練が残っている可能性が高い状況です。

冷静になってからすぐに謝罪や釈明をし、想いを伝えれば、早ければ1週間以内で復縁が可能です。

相手が意地になっている場合は、復縁を受け入れてくれるまで1か月くらいかかることもあります。

どちらにしても、相手に未練が残っていれば、1か月以内で復縁できると思います。

上記の状況に当てはまっているけどすぐには復縁できなかった場合は、もう完全に気持ちが離れているか、全然違うことが原因の可能性があります。

その場合は3か月くらいの冷却期間を置くようにしてください。

平均期間で復縁を成功させるための7つのコツ

スマホ

復縁までの平均期間について解説してきましたが、その期間で復縁できるのは、正しい行動を取った場合です。

間違ったことをすれば状況が悪化し、平均期間よりもかなり長引く可能性があります。

ここからは、復縁を成功させるためのコツについて解説します。

冷却期間中は連絡をしない

すぐに復縁可能な状況を除き、復縁をするためには冷却期間が必要になります。平均で3か月、長いと半年以上は距離を置きます。

そのときに注意してほしいのは、自分からは連絡をしないことです。連絡をすると未練が伝わり、相手の警戒心が強まる可能性があるからです。

避けられるようになることもあるので、急用がない限り、一切連絡はしないようにしてください。

相手から連絡が来たときには返信をする

冷却期間中に相手から連絡が来たら、そのときはちゃんと返信をするようにしてください。

何か理由があって、自分の意思で連絡をしてきているので、素直に応じるのが自然な対応です。

自分からは連絡をしてはいけないけど、相手から連絡が来たら返信をする。

このことを頭に入れておいてください。

頻繁に連絡が来る場合は友達としてやり取りを行う

別れたあとも相手から頻繁に連絡が来る場合は、これまでと同じようにやり取りをして構いません。

重要なのは、友達としてやり取りを行うことです。恋人だった頃よりも一歩引いた感じで接するようにしてください。

素っ気ない対応をするのはNGです。よそよそしい感じを出すのもダメです。

相手がほんの少しだけ違和感を覚えるような対応をするのが正解です。

ただ、なかなか意識してできることではないと思うので、仲の良い異性の友達と接するときの感じを意識してみてください。

自分磨きをしておく

冷却期間中は自分磨きをしておきましょう。

  • 自分に原因がある場合は、その原因となったところを改善するための内面の自分磨き
  • 会ったときに相手をドキッとさせるための外見の自分磨き

この2つを行うようにしてください。

どちらもできていたら、冷却期間後に会ったときに一瞬で相手を振り向かせることができます。

会ってから復縁できるまで2週間もあれば十分だと思います。

冷却期間後は連絡が取れたら早めに会う

冷却期間後に連絡が取れても、しばらくやり取りを続ける人がいます。

でも、そうしているうちに警戒されて連絡が取れなくなることや、誘うタイミングを逃してしまい、また1週間空けて連絡をする、ということを続けている人も少なくありません。

それでは何も状況は変わりません。当然、復縁までにかかる期間も長くなります。

もちろん焦りは禁物です。慎重に進めるべきではあります。

でも連絡が取れて、警戒されている感じもなく、相手が普通に接してくれているようなら、早めに誘うことをおすすめします。

考えてみてください。

久しぶりに友達に連絡をしたら、自然と会う流れになりませんか?「久しぶりに会おうよ」って。

それに、3か月ぶりに連絡が来たと思ったら特に何もなくて、それで終わりかと思ったら1週間くらい経ってからまた連絡が来て、その後も定期的に連絡が来る、というほうが、相手からしたら違和感ありありだと思いませんか?

誘うタイミングは相手の反応を見て判断すべきですが、連絡を取る続けるのではなく、早めに会うことを意識するようにしてください。

会ったときには楽しく会話をすることを心がける

会ったときには、相手に良く思われよう、気に入られようとして、どうしても不自然な対応をしてしまう人がいます。

でも、相手は必ず違和感を覚えます。復縁を望んでいることが伝わり、警戒されることもあります。優しさや気遣いをアピールするのも逆効果になります。

最初は、とにかく楽しく会話をすることを心がけるようにしてください。

難しく考えなくていいんです。

久しぶりに2人で過ごした時間を「楽しい」と思ってもらえたら、それだけであなたのことを意識させることができます。そして、「また会いたい」と思ってもらえます。

まずはそこを目指すようにしましょう。

2回目以降はさり気なく変化をアピールする

復縁までには、少なくとも2~3回は会う必要があります。さすがに、久しぶりに会ってその瞬間に復縁を決意してくれることはありませんから。

ただ、何度も会えばいい、というものでもありません。

2回目以降に会うときには、さり気なく変化をアピールすることを意識してみてください。

ほとんどの場合、相手が別れを選んだのは、恋人に嫌なところがあったからだと思います。

その人が復縁を考えるようになるのは、嫌だったところの変化を感じたときです。

「別れてから変わったのかな?」「今ならうまくいくかも」

そう思ってもらえたときに、復縁を考えるようになるわけです。

自分磨きをしていれば自然と伝わると思いますが、言葉や行動でアピールできることがあれば、さり気なく変化を伝えてみることをおすすめします。

うまくいけば復縁までの期間も短縮できると思います。

まとめ

復縁までの平均期間と、平均期間で復縁を成功させるためのコツについてお伝えしてきました。

ほとんどの人は3~6か月で復縁できると思います。

ただ、あくまで平均です。

復縁を目指している人はそれぞれ状況が違うため、同じような状況でも、3か月で復縁できる人、6か月かかる人も、1年くらいかかる人もいます。

別れた直後の行動やアプローチの仕方でも大きな差が出てきます。

そのため、ここでお伝えした期間は一つの目安として参考にするようにしてください。

長引いても焦る必要はありません。焦れば復縁できるチャンスを潰してしまう可能性もあります。

やるべきことをやれば復縁できるので、期間にとらわれずに、本来の目的である復縁成功に向けて進めていってほしいなと思います。

そのための具体的に進め方に関しては以下の記事で解説していますので、こちらを参考にしてみてください。