手をつないだカップル

3年付き合っていた元彼と復縁したいと思っています。長く付き合ったカップルのほうが復縁の可能性が高いってことはあるんでしょうか?

先日、このような質問をいただきました。

他にも同じようなことを聞かれることがよくあります。

これまで、長く付き合ったカップルのサポートも多くしてきました。

では、実際のところ、長く付き合ったカップルの復縁の可能性はどうなのでしょうか?

長く付き合ったカップルって何年以上付き合ったカップルのこと?

その前に、長く付き合ったカップルって何年以上付き合ったカップルのことを言うのでしょうか?

人によって基準は違うと思いますが、1年というのは、決して長いとは言えないと思います。

個人的には、少なくても2年以上付き合ったカップルのことを「長く付き合ったカップル」と言うものだと考えています。

たぶん、あなたも同じように捉えているのではないでしょうか?

そして、あなたも2年以上付き合っていたのではないでしょうか?

これからお伝えするのも、2年以上付き合ったカップルの復縁の可能性についてです。

長く付き合ったカップルの復縁の可能性は?

長く付き合ったカップルの復縁の可能性は、交際期間が短いカップルの復縁の可能性と比べると高くなります。

それは以下のような理由からです。

相性が良いのを分かっているから

長く付き合っていたということは、上手くいっていた期間が長かったということです。

そして、上手くいっていた期間が長かったということは、2人の相性が良かったということです。

何か理由があって別れることにはなったけど、「この人とは合う」と思われていたはずなんですよね。相性が悪い人と長く付き合うことはないはずですから。

当然、相性が良いのは相手も分かっています。

それは、相手が復縁を決意するきっかけの一つになります。

あなたへのマイナスの感情がなくなれば、自分から戻ってきてくれる可能性は十分にあります。

相手が寂しさを感じやすいから

何年も一緒にいた人と別れると、一人になってから寂しさを感じることがあります。

ふとした瞬間に別れた人のことを思い出すこともあります。

元彼や元カノの嫌だった言動や出来事よりも、いつも一緒にいた人がいなくなった寂しさのほうが大きくなり、復縁を考えるようになることもよくあります。

思い出がたくさんあるから

長く付き合ったカップルほど思い出の数も多くなります。

すごく楽しかったことから、何気ない出来事やどうでもいいことまで、たくさんの思い出があると思います。

そしてそういう思い出も、一人になると自然とよみがえってくるものです。

  • どこかにデートで行ったときのことを思い出し、「あのときは楽しかったな」とか、
  • よく一緒に行ったお店や場所の前を通ったときに、「ここよく来てたな」とか、
  • よく一緒に聴いていた音楽を耳にしたときに、「いつも車の中で聴いてたな」「よくカラオケで歌ってたな」とか。

挙げたらキリがありませんが、付き合っていた期間が長いほど思い出す出来事も多くなります。

そして、付き合っていたときのことを思い出すたびに、相手の頭の中には元彼や元カノの顔が浮かびます。「あの頃に戻りたいな」という気持ちになることもあります。

それで復縁を意識するようになる人は多いです。

安心感や居心地の良さ、懐かしさを感じさせることができるから

大抵の場合、復縁をするためには、何度が会いながらもう一度好きになってもらえるように相手の気持ちを変えていきます。

そこでも、長く付き合っていたほうが有利になることがあります。

一番大きいのは、安心感や居心地の良さ、懐かしさを感じさせることができることです。

特別なことをしなくても、「やっぱりこの人といると落ち着くな」「この感じ、懐かしいな」と、一緒にいるだけで思わせることができるわけです。

これは、長く付き合っていたからこそ可能になることです。

変化に気付いてもらいやすいから

別れてからの変化が伝われば、復縁の成功率は一気に高くなります。

別れの原因となった部分の変化はもちろんこと、あなたが魅力的になったように思ってもらえる変化が伝われば、相手の気持ちは変わり始めます。

そして、付き合っていた期間が長いほどその変化にも気付いてもらいやすくなります。

あなたのことをよく分かっているからこそ、ちょっとした変化にも気付いてもらえるわけです。

ほんの些細な変化でも以前との違いに気付いてもらえる可能性があります。

その変化を好意的に受け止めてくれたら、今のあなたに惹かれ始めると思います。

大切さに気付いてもらえる可能性があるから

  • 相性が良いのを分かっているから
  • 相手が寂しさを感じやすいから
  • 思い出がたくさんあるから
  • 安心感や居心地の良さ、懐かしさを感じさせることができるから
  • 変化に気付いてもらいやすいから

ここまで挙げたこういったものがきっかけとなって、あなたの大切さに気付いてもらえる可能性があります。

付き合いが短かったカップルに比べると、長く付き合っていた場合は「自分に必要な人」と相手から思ってもらえることが多いです。

長く付き合っていたほうが不利になることもある

長く付き合っていた場合は、前述のような、復縁をする上で有利になることがあります。

でも、不利になることもあります。

完全にケジメをつけていることがある

何年も付き合っていた人と別れるときには、その決断に至るまでにたくさんの葛藤があったと思います。

どうすべきなのか真剣に考えたと思います。何か月も悩んだ人もいると思います。

その結果、別れを決意した人というのは、もう完全にケジメをつけていることがあります。

迷っている状態で別れを切り出したとは思えません。

「何があっても復縁はない」というくらいに相手の気持ちが固まっていることもあるため、簡単にはいかないかもしれません。

変化を感じても信用してもらえないことがある

長く付き合っていた場合、同じことを繰り返したことや小さなことの積み重ねが原因で振られるケースが多いです。

  • 変わってほしいところがあったのに全然変わらなかった
  • 「これ!」というものはないけど、小さなことが積み重なって気持ちが冷めた

こういうケースですね。

そしてこの場合、もうあなたは変わらない、これ以上期待できない、と思われている可能性があります。

ということは、あなたのことをよく分かっているので些細な変化にも気付いてもらいやすい状況ではありますが、変化を感じても信用してもらえない状況でもあるわけです。

変わったような気がしても、「どうせ一時的なもので、よりを戻しても前と同じことになるだろう」と思われるかもしれません。

将来を考えられないと思われた可能性がある

何年も付き合っていたカップルが別れる理由の一つに、「将来を考えられない」というものがあります。

  • 恋人として付き合うのには問題はないけど、将来のことを考えたときに結婚をイメージできない
  • この人と一緒になっても幸せになれない気がする

こういった理由で別れを決意する人も少なくありません。

もしあなたも相手からそう思われていたとしたら、復縁は難しいかもしれません。

そのイメージを払しょくするのは大変です。

新鮮さを感じさせることが難しい

長く付き合ってると、どうしてもマンネリ状態になると思います。それが別れに繋がった人もいるでしょう。

そしてマンネリ状態になっていれば、新鮮さを感じさせることが難しくなります。

別れたあとに会えたとしても、これまでと同じ感じだと、何の刺激も感情の変化もないまま、ただ一緒の時間を過ごすだけで終わってしまいます。

それでは全然楽しくないと思います。つまらなかったと思われたら、次は会ってくれないかもしれません。

マンネリが原因の場合の復縁方法としては、新鮮さを感じさせるようなデートをする必要があります。

長く付き合っていた人と復縁するためのポイント

長く付き合っていた人と復縁をするには、有利になる点を生かし、不利になる点を補うことがポイントになります。

特に意識してほしいのが、以下の5つ。

  1. 変化を感じさせる
  2. 思い出話をする
  3. 落ち着ける雰囲気を作る
  4. 幸せな将来をイメージさせる
  5. 新鮮さを感じさせるようなデートをする

1.変化を感じさせる

相手は、あなたに嫌なところや不満があったから別れを選んだんだと思います。

長く付き合っていたのなら、ずっと我慢をしてきたのかもしれません。それでも何の変化も感じなかったから、別れることを決意したのかもしれません。

だったら、まずは原因となった部分の変化を感じさせる必要があります

何がいけなかったのかを振り返り、本気で変わろうとしてください。

そして、言葉や行動でアピールできることがあれば、さり気なくアピールしてみてください。

変化に気付いてもらいやすい状況なので、ちょっとしたことでも変わったことが伝わると思います。

ただ、その変化を信用してもらえない可能性もあります。

同じ過ちを繰り返さないようにしながら、常に変化が伝わるような言動を取るように意識してみてください。

外見の変化も意識する

髪型や服装などがいつも同じだった人は、外見がマンネリに関係していることがあります。

外見の変化も意識すると、会ったときに新鮮さを感じさせることやドキッとさせることができると思います。

ただ、相手の好みから外れていたら逆効果になります。

復縁できる正しい自分磨きをするためには、相手好みの外見に近づけることを意識し、可能な範囲で見た目を変えてみるといいと思います。

2.思い出話をする

せっかく思い出がたくさんあるので、こちらから思い出話をして、当時の記憶をよみがえらせるのも効果的です。

楽しかったときのことを思い出させることができれば、復縁を考えてもらえるようになると思います。

3.落ち着ける雰囲気を作る

復縁したい人に会うと、変に意識しすぎてしまう人がいます。

確かに、いろいろと意識してほしいことはありますが、長く付き合っていた場合は落ち着ける雰囲気を作ることも重要です。

これまでと同じように接し、安心感や居心地の良さ、懐かしさを感じさせることも忘れないようにしてください。

4.幸せな将来をイメージさせる

  • 「将来を考えられない」と思われた可能性はないか?
  • あるとしたら、どういうところをそう思われたのか?

それを一度考えてみてください。

もし何か思い当たることがあれば、そこから幸せな将来をイメージさせることができるかもしれません。

例えば、彼が家庭的な女性を望んでいたのに、同棲やお泊りをしながらも料理を作ることがほとんどなかったのなら、彼は結婚を考えられなかったと思います。

その場合は、最近はよく自炊をしていることを話したり、実際に作った料理を見せたりすると、彼の理想の女性に近づけるかもしれません。

例えば、彼女は休みの日には遠出をしたかったのに、疲れてる、めんどくさい、という理由で家で過ごすことや近場をブラブラすることが多かったのなら、「これからもずっとこんな感じか」と思ったはずです。

その場合は、最近は休日にいろんなところに出かけていることや旅行に行ったことなどを話したり、そのときの写真を見せたりすると、「今なら2人でたくさんの思い出が作れるかも」と思ってもらえるかもしれません。

そういったものが、相手に将来を意識させることに繋がります。

5.新鮮さを感じさせるようなデートをする

長く付き合っていると、いつも同じようなデートしかしなくなることがあります。

もしあなたも心当たりがあるのなら、それがマンネリに繋がったことも考えられます。

その場合は、これまでとは違う新鮮さを感じさせるようなデートをするのがおすすめです。

とはいえ、もう別れているので、恋人がするようなデートだと相手が違和感を覚え、警戒される恐れがあります。

遊園地や動物園に行ったり、長距離ドライブをしたり、いかにもデートという感じのものは避けたほうが無難です。

そこまでしなくても、これまで行ったことがないようなお店で食事をするだけでも新鮮な気持ちにさせることができます。

他にも、友達として一緒に行っても(やっても)おかしくないデートなら問題ありません。

交際期間が長かった場合は冷却期間が必要?

復縁をするためには、冷却期間という、別れたあとに相手と距離を置く期間が必要になることがほとんどです。

別れたあとはお互いが感情的になっているので、まずは冷静になるための時間が必要です。

自分に対する警戒心や悪いイメージが薄れるのも待つのも、自分自身が変わるための時間を作るのも、冷却期間を置く目的の一つです。

冷却期間がいらないパターンもありますが、交際期間が長かった場合には冷却期間が必要です。

  • 真剣に悩んだ末に別れを決意したこと
  • 相手の気持ちは固まっていて、もうケジメをつけていること
  • 変わらないと思われていること
  • 将来を考えられないと思われていること

こういった可能性があることを考えると、すぐにはどうすることもできない状況です。

会ったときに変化に気付いてもらうためには、変わるための時間も必要です。

ポイント

別れたあとも連絡が取れている場合は少なくとも1か月、相手から避けられている場合は2~3か月は待つようにしてください。

冷却期間後の進め方

冷却期間後の進め方は、以下のとおりです。

  1. 連絡をする
  2. デートに誘う
  3. デート(食事)をする
  4. 何度か会う
  5. 好意を感じるようになったら復縁を申し込む

具体的なやり方については「冷却期間後から復縁成功までのアプローチの仕方」という記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

復縁できるかどうかはやってみないと分からない

お伝えしたように、長く付き合ったカップルは、交際期間が短いカップルよりも復縁の可能性は高くなります。

その理由もご理解いただけたと思います。

ただ、不利になる点もあります。

そのため、復縁の可能性については、交際期間の長さだけでは判断できません。

別れの原因や相手の性格、現在の状況などによっても変わってきます。

自分の状況に応じた正しい行動を取ることができるかどうかによっても成功率は大きく左右されます。

簡単に復縁できる状況でも、間違ったことをすれば手遅れになることもあります。

長く付き合い、本来なら復縁に有利な状況でも、実際に復縁できるかどうかはやってみないと分かりません。

とりあえずここでお伝えしたことを参考にしていただき、やれることはやってみて、状況の変化や相手の反応をみて判断をしてみてください。

復縁できる状況の人や、順調にいっている場合は、必ず手応えを得られるはずです。

何か月経っても関係が進展しなかったり、相手に新しい恋人ができたりした場合は、ちょっと復縁は難しいかもしれません。

絶対に復縁を成功させたい人や、一日でも早く自分からアプローチを行いたい人は、7step復縁方法を実践することも検討してみてください。

この方法なら復縁できると思います。