元カレ・元カノに連絡をするのに最適なのはLINE?メール?電話?

電話とメールのアイコンが表示されているスマートフォンの画面

復縁を望んでいる元カレや元カノに久しぶりに連絡をしようと思ったときにまず迷うのが、どの連絡手段を利用しようかということだと思います。

LINE(ライン)にするか、メールにするか、思い切って電話をかけてみるか。

どれだと連絡が取れる確率が高いのか、誰だって気になりますよね。

ここでは、最適な連絡手段やそれぞれのメリット・デメリットについて解説したいと思います。

付き合っていたときによく利用していた連絡手段を選択する

どの連絡手段がいいのか?

まず結論から書くと、

付き合っていたときによく利用していたものを選べば問題ありません。

  • いつもLINEでやり取りをしていたのなら、LINEで。
  • メールを使うことが多かったのなら、メールで。
  • 文字を打つことや何度もやり取りをするのが面倒くさくて、LINEやメールをしても電話で返答をしてきた人が相手なら、電話で。

これが基本です。

だって、付き合っていたときにLINEばかりでメールなんてしたことがなかったのに、別れたからといって急にメールを送るのって、すごく不自然だと思いませんか?

その逆も然り。

また、いきなり電話をかけるのは勇気がいるという人も少なくないと思います。

しかし、付き合っているときにメールやLINEを送っても、その返事を電話をかけてきた人や、相手がメールやLINEでやり取りをするのを面倒くさがる人であれば、電話じゃないと連絡が取れない可能性だってあります。

ポイント

相手が好んで利用しているもの、付き合っていたときによく利用していたものを選ぶことが、連絡が取れる確率を高める重要なポイントになります。

各連絡手段のメリットとデメリット

「最適な連絡手段は人によって変わる」ということはご理解いただけたと思います。

それを踏まえたうえで、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

LINE(ライン)のメリット

LINEのメリットは以下の通りです。

堅苦しさを感じさせない

LINEは、軽い感じで連絡ができるのが一番のメリットです。

最近は連絡のほとんどをLINEで取っている人が多いと思いますが、そういう人にとっては他の連絡手段よりも受け入れやすく、違和感なく見てもらえる可能性が高いです。

相手も変に意識せずに返信ができると思います。

会話感覚でやり取りができる

メールと比べ、会話に近いやり取りができるのが、LINEの特徴だと思います。

短い文章を、会話のキャッチボールをするように送り合えるので、相手にとっても返信をするハードルが低い連絡手段だといえるでしょう。

もし返信が来れば、その流れで何度もやり取りができる可能性もあります。文字上での会話ではありますが、上手くやれば一気に警戒心を取り除くことも可能です。

LINE(ライン)のデメリット

LINEのデメリットは以下の通りです。

見てもらえない可能性がある

LINEの一番のデメリットは、「見てもらえない可能性がある」ということです。

色んな裏技もあるので絶対というわけではありませんが、基本的にLINEは見れば既読がつくので、見たのに返信をしなければ、「無視をしている」というのがはっきりと伝わってしまいます。そして、それに対して罪悪感を覚える人もいます。

そういう人は、未読スルーという選択をする可能性があります。

  • まだ警戒心が強く、連絡を取ることに対して心の準備ができていない
  • 内容は気になるけど、その内容次第では返信をしない可能性がある

このような心理状態のときには、予防線を張って、初めからLINEを見ることを拒もうとするんですね。

自分から振った場合、別れた人から久しぶりに連絡が来ると一番に頭をよぎるのは、「もしかすると復縁話かもしれない」「うかつに返信をすると、また復縁を迫られるかもしれない」ということです。

そういう警戒心があると、面倒なことから逃げたいという心理が働くわけです。

しばらく時間を空けて連絡をすれば、「内容が気になる」「ずっと無視をするのは悪い」という感情が上回るので、自然と返信は来るようになります。

しかし、最初はどうしても見てもらえない可能性があることを頭に入れておいてください。もし未読スルーをされたとしても、あまり気にする必要はありません。

メールのメリット

メールのメリットは以下の通りです。

確実に内容を確認してもらえる

LINEと違い、見たことが相手にバレる心配がないメールの場合は、ほぼ確実に内容を確認してもらえます。その上で返信をするかどうかの判断をすればいいわけですからね。

どんな別れ方をしようが、どれだけ印象が悪くなっていようが、内容が気にならないわけがありません。

警戒をしながらも、どんな用件なのか、とりあえずメールを開くはずです。見ずに削除をする人はいないでしょう。

内容を確認した上で返信するかどうかの判断をしてもらえる

これは、内容に問題がなければ返信をしてもらえる可能性が高いことを意味します。

メールが来る→何だろう→とりあえず見てみよう→そういうことか→それなら返信をしてもいいかな」という流れですね。

返信の必要性を感じるような内容なら、かなりの確率でメールは返ってくるはずです。

考える時間や言い訳を与えることができる

上記の2つと共通していることではありますが、相手にバレずに内容を確認できるメールなら、自分のタイミングで返信をすることができます。

まだ警戒心が強い段階では、友達に送るようなメールを送っても、「その流れで復縁話を切り出してくるんじゃないか」と考えてしまうものなんですね。そうすると、返信をすべきか、やめておくべきか、その結論を出すのに時間がかかることもあるんです。

しかしメールなら、相手に考える時間が与えることができます。

さらに、「気付かなかった」とか、「忙しかったから」とか、「メールを見た時間が遅かったから次の日に返そうと思ってたんだけど、忘れてた」とか、言い訳を与えることもできます。

つまり、相手を追い込まずに済むわけです。

次第に返信をしないことに対して罪悪感を覚え、「やっぱり無視をするのはよくないよな…」と思うようになるので、返信率も高くなります。

メールのデメリット

メールのデメリットは以下の通りです。

気付かれない可能性がある

ほぼLINEしかしていない人だと、メールが来たのに気付かなかったり、メールは迷惑メールしか来ないから一々確認しなかったり、迷惑メールに紛れて見落としたりということがよくあります。

これは、こちらがメールの内容や送るタイミングを気を付けていてもどうすることもできないことです。

返信がないときは、そもそも気付かれていない可能性があることを考え、少し時間を置いてもう一度送るか、連絡手段を変えて連絡をしてみましょう。

かしこまった印象を与えることもある

これまで多くの方をサポートする中でメールの添削も数え切れないほどしてきましたが、LINEだと友達に送る感じで打てるのに、なぜかメールになるとかしこまった文章になってしまう人をたくさん見てきました。

嫌われたくない、気に入られたい、というのが伝わる文章、相手の顔色をうかがうような文章になってしまうんですね。

これは避けられないというか、メールというのはそういうものなんだと思います。多分、ここがLINEとメールの大きな違いなんでしょう。

また、受け取る側からしても、メールだと少し堅苦しい印象を受けることがあるかもしれません。

メールで連絡をする人は、元恋人ということを意識した内容やかしこまった文章にならないように気を付けてください。

電話のメリット

電話のメリットは以下の通りです。

警戒心が解けやすく、一気に距離が縮まる

電話のメリットは、なんといっても「一気に距離が縮まること」です。

LINEやメールでは、警戒をしつつ、探りさぐり相手の様子をうかがいながら、文字だけ(スタンプや絵文字も含む)でやり取りをすることになります。そして、何度もやり取りを続けないと警戒心は解けません。

しかし電話なら、直接声が聞けます。連絡をした目的や言葉のニュアンスも明確に伝わります。その雰囲気であなたの状態も分かります。

自然体で、あなたに未練がないことが伝わるような会話ができれば、たった一度の電話で2人の距離は一気に縮まるでしょう。何十回もLINEやメールを続けること以上に警戒心を解く効果があるんです。

その流れで「久しぶりにご飯に行かない?」と誘うこともできます。

連絡を取り続けるプロセスを短縮できるので、復縁成功までの時間も短くできます。

電話をかけたのが不自然だと思われない明確な理由を考えられる場合は、初めから思い切って電話をかけてみるといいでしょう。

電話のデメリット

電話のデメリットは以下の通りです。

着信に気付いても出てもらえない可能性がある

内容が分からないので、着信に気付いても電話に出てくれない可能性があります。当然、そのときは折り返し電話をしてくれる可能性も低いです。

こればかりは相手の警戒心の強さやそのときの心理状態によって左右されるので、どうなるかは分かりません。

ただ、もしそうなったとしても、すぐにLINEかメールで「こういうことを聞きたくて電話をした」と、電話をかけた用件を伝えれば大丈夫です。

電話をかけたけど出てくれなかった場合は、早めに他の連絡手段を利用して用件を伝えるようにしてください。

電話に出られないタイミングもある

LINEやメールなら、自分の都合のいいタイミングで見ることができます。

しかし電話の場合は、着信があったときに出るしかありません。もし電話をかけたときが相手が出られないタイミングであれば、通話はできません。

この場合も折り返し電話をかけてくれるとは限らないので、他の連絡手段で用件を伝える必要があります。

メールから始めるのがオススメ

それぞれのメリットとデメリットを踏まえた上で個人的にオススメなのが、メールです。デメリットに比べ、メリットのほうが圧倒的に大きいからです。

  • 内容を確認してもらえる
  • 内容を確認した上で返信するかどうかの判断をしてもらえる
  • 考える時間や言い訳を与えることができる

まだ警戒心が残っているであろう相手の心境を考えると、この3つは非常に重要です。

友達から連絡が来るのとは違います。元カレや元カノからいきなり来る連絡には、受け取る側にも心の準備が必要です。

メールなら、その時間を与えることができます。

たとえ一度目で返信が来なかったとしても、その時点でもう相手には心の準備ができています。返信をしようか迷った時間はあなたのことを考えたはずです。返信をしなかったことに対する罪悪感も大きくなっていくでしょう。

そうすると、少し時間を空けて再び連絡をしたときに、高い確率で返信が来るようになります。

ポイント

相手がLINEしかしない人だったり、文字を打つのを面倒くさがる人でなければ、まずはメールから始めてみるといいでしょう。

手紙は重たい印象を与えるのでやめたほうがいい

ここで手紙という選択肢も出てくるのですが、久しぶりに連絡を取るための手段としては、あまりお勧めしません。どうしても重たい印象を与えてしまうので、まだ未練が残っていると受け取られる可能性が高いです。

注意ポイント

他の手段で連絡が取れないからといって、焦って手紙を書くのはやめたほうがいいです。

まずはもう少し時間を置くことを最優先させてください。そして、また連絡をするようにしてください。

二度も三度も無視される場合は、まだ相手に心の準備ができていないか、連絡手段や内容に問題があると考えられます。さらに2週間~1ヶ月程度時間を空け、LINEかメールを選択するなら、その内容も考え直すようにしましょう。

手紙については、「復縁に繋がる正しい手紙の書き方と注意点、渡すべき状況について」という記事を参考にしてみてください。

メリットとデメリットを理解してベストな連絡手段を選択すること

どの連絡手段がベストなのか?

それは状況によって変わってくるので、一概には言えません。

しかし、この記事を読んでいただければ、どれを選択すればいいのかの目安にはなると思います。

また、それぞれのメリットとデメリットを理解していれば、メリットを最大限に生かすことができるだけでなく、うまくいかなかったときの理由や、その場合にどう対応すればいいのかが分かると思います。

これから連絡をしようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

LINEかメールを選択する場合は、「復縁を目指す相手にLINEやメールを送るときに意識してほしいこと」という記事も参考になると思います。

復縁メール相談

「こんな状況だけど、復縁できる可能性はあるのか?」

「今自分は何をしたらいいのか?」

など、何か分からないことや詳しく知りたいことがある方は、こちらから復縁アドバイザーに直接相談ができます。

その答えややるべきことが分かると思います。

この記事と同じカテゴリの記事

スマートフォンを持っている女性

連絡の取り方

「もう連絡してこないで」と言われる理由とそれでも復縁できる理由

「もう連絡してこないで!」 「連絡を取るのはやめよう…」 こんな風に言われた人もいると思います。 でも、大丈夫です。 復縁は可能なので、安心してください。 「もう連絡してこないで」と言わ ...

白いテーブルの上に置かれたノートとペン

連絡の取り方

復縁に繋がる正しい手紙の書き方と注意点、渡すべき状況について

恋人に振られ、復縁を考えている人なら、一度は手紙を書くことについて考えるのではないでしょうか? ここでは、復縁を書いたほうがいいのかということと、正しい手紙の書き方や注意点、渡すべき状況 ...

スマートフォン

連絡の取り方

彼・彼女と会えている場合は連絡をしないほうが復縁が上手くいく理由

別れたあとは連絡が取れなくなることがあります。 その場合はしばらく時間を置きます。 参考記事 別れたあとに距離を置くと復縁できる可能性が高くなる理由 そして、まずはメールやLINEで連絡 ...

私が復縁できたときの話

手を繋いでいるカップル

私も以前、復縁を経験しました。

しかし、どんなに想いを伝えても、謝っても、何度復縁を迫っても、全く相手にされないような状況でした。

それでも別れを受け入れられず、必死に彼女を振り向かせようとしていたら、避けられるようになりました。

このとき、彼女にはやり直す気がこれっぽっちもないことを知りました。

それからは、これ以上嫌われるのが怖くて、連絡をすることすら不安で、自分からは何もできなくなっていました。

どうしたらいいのかも分からず、「もう無理かもしれない…」と思っていました。

でも、後悔だけはしたくなかったんです。

そこで参考にしたのが、7step復縁方法でした。

なぜ自分が復縁できる方法が分かったのか?

どんなアプローチをしたら、もう一度好きになってもらえたのか?

7step復縁方法が教えてくれたことを、以下の記事の中で包み隠さず書いています。

こんな記事もよく読まれています

© 2021 復縁のいろは