「気になる人ができた」と振られた場合の復縁の可能性と別れてから意識してほしいこと

悩んだ5つのハート

「気になる人ができたから…」

こんな風に振られた人たちをたくさん見てきました。

誰もが大きなショックを受け、自信をなくしています。振られるだけでもつらいのに、自分以上に気になる人ができたと知らされたら、裏切られたような気持ちにもなると思います。

そして多くの人が、復縁は無理だと思っています。

「気になる人ができた」と振られたんですが、復縁の可能性はありますか?

こんな相談を受けることも多いです。

ここでは、「気になる人ができた」と振られた場合の復縁の可能性と、別れてから意識してほしいことについてお伝えしたいと思います。

「気になる人ができた」と振られた場合の復縁の可能性

「気になる人ができた」と振られた場合でも、復縁できる可能性はあります。

なぜなら、まだ一方的に気になっている段階だからです。

この場合、別れを考えるほどなので、随分前からその人のことが気になっていて、すでに恋愛感情が芽生えている状態だと考えられます。なので、【気になる人ができた=他に好きな人ができた】と解釈すべきです。

でも、その人と付き合っているわけではありません。今後想いを伝えたとしても、相手にはその気がないかもしれません。

つまり、その人と恋愛関係に発展するとは限らないわけです。

今は他の人が気になり、ドキドキして、舞い上がっている状態だと思います。でも冷静になったら、あなたの大切さや存在の大きさに気付く可能性もあります。

気になっていた人と上手くいかなかったり、いざ別れてみて、自分が浮かれていただけだと気付いたりして、「やっぱりやり直したい」と言われることも少なくないんです。

都合よく戻ってくることに抵抗感を覚える人もいるかもしれません。

でも、意外と相手から復縁を望まれることが多いケースではあります。

ただ、今後、もしその人と恋人関係に発展したら、復縁は難しくなる可能性があります。

別の理由で振られた可能性も否定できない

「気になる人ができた」と言われたら、その言葉を信じる人が多いと思います。

でも実は、別の理由で振られた可能性も否定できません。「他に気になる人ができた」というのは、別れの口実として利用する人もいるんです。

これにはいくつかの理由が考えられます。

  • 本当の原因を言うとあなたを傷付けることになるから。
  • 本当の原因を言うとあなたを否定することになるから。
  • 本当の原因を言っても納得してくれそうにないから。
  • 原因について問いただされるのがめんどくさいから。

「こういうところが嫌だった」とはっきり言いたくない人や、今さら本当の原因を言っても意味がないと考える人や、いろいろと原因について問いただされるのがめんどくさいと思う人もいるんですね。

そういう人が、すんなりと別れを受け入れてもらうために使う口実が、「気になる人ができた」なんです。「好きな人ができた」というのはさすがに抵抗があるから、「気になる人ができた」と言うわけです。

こう言われたら、言われたほうはもうどうすることもできないし、諦めるしかないじゃないですか?

そこを狙っているわけですね。

もちろん、本当に気になる人ができた可能性はあります。

でも、別の理由で振られた可能性も否定できないことは頭に入れておいてください。

その場合、本当の原因が分かなければ正しい行動を取ることができないので、復縁は苦労するかもしれません。

ポイント

どちらにしても、相手の気持ちが冷める原因やきっかけがあったのは間違いないので、まずはそこを一番に考えるべきだと思います。

それが分かれば自分のダメだったところを改善することができますし、その変化に気付いてもらえたら復縁できる可能性も高くなります。

別れてから意識してほしいこと

「気になる人ができた」と振られた場合でも、まずはちゃんと自分の想いを伝えるべきです。

でも、もう相手の気持ちは完全に離れていると思うので、何を言っても無駄かもしれません。その場合は黙って引き下がるしかありません。

その後は、3か月以上は時間を置くようにしましょう。相手から連絡が来ない限り、こちらから連絡をするのもやめたほうがいいです。

別れたあと、相手は気になっている人に想いを伝える可能性が高いですが、それをやめさせることはできません。恋人関係に発展しないように邪魔することもできません。

不安だと思いますし、いろんなことを想像してつらいと思いますが、とにかく3か月以上はグッと我慢をするようにしてください。

その間にやるべきこともあります。詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

そして、3か月~半年後に連絡をしてみましょう。そのタイミングに関しては、「いつまで時間を置けばいい?復縁のアプローチを始めるタイミングについて」という記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

連絡をするときには、以下の記事を参考にしていただければと思います。

あと、この場合のポイントとしては、「気になっていた人とどうなったのか?」ということは絶対に聞かないことです。相手からしたら嫌味に聞こえるからです。

また、「気になる人ができた」と言って振ったのに、もし上手くいかなかった場合は、そのことを聞かれると気まずくなります。触れてほしくないと思っている人もいるはずです。

恋人関係になっていたら、こちらから聞かなくても相手が教えてくれます。それまでは、あなたは友達として接していれば大丈夫です。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

もし相手から新しい恋人がいることを告げられた場合は、またしばらく時間を置く必要が出てきます。そのことについては以下の記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

まとめ

「気になる人ができた」と振られた場合の復縁の可能性と、別れてから意識してほしいことについて解説してきました。

難しいケースもありますが、これまでの経験から、意外と復縁できる人も多いです。

実は気になる人はいないけど、別れる口実としてそう言っているだけの人もいます。

その辺のことは本人にしか分かりませんが、あまり悲観的にならずに、とりあえず時間を置くようにしてください。

私が復縁できた理由

指輪をした男女の手

私も以前、復縁を経験しました。

別れてから1か月半で復縁できたときの話です。

「好きって気持ちがなくなった…」

そう別れを告げられたとき、私にできたのは、必死に想いを伝えることくらいでした。

でも何を言っても全く相手にされず、避けられるようになっていました。

そんな私が復縁できたのは、大切さに気付いてもらえるアプローチができたからです。

そのために何をしたらいいのかを教えてくれたのが、7step復縁方法でした。

以下の記事の中で、この方法を実践して復縁できたときのことを書いています。