友達としか見られていないと復縁は無理?恋人関係に戻るためのポイントと注意点

更新日:

テーブルに置いたコーヒー

連絡は取れるし、会うこともできる。

そんな状況の人の多くが、「友達としか見られていないんじゃないか?」という不安を感じているようです。

彼と別れて3ヶ月になります。冷却期間も終わり、今は連絡をすればちゃんと返信をくれるし、定期的に会えてもいます。警戒をされている感じはありません。

でも、彼はもう吹っ切れているようで、私への接し方があっさりしているというか、完全に友達としか見られていないと強く感じます。

こんな状況からは復縁も難しいのでしょうか?女として意識させることができる方法があれば教えていただければと思い、ご連絡させていただきました。

よく聞かれることなのですが、ちょっと勘違いされている方が多い気がします。

友達としか見られていなかったら復縁はできないのか?

いいえ。そのほうが復縁はしやすくなります。

そもそも復縁をするために最初に目指すべき関係は、友達関係です。

  1. まずは友達として連絡が取れる関係、会える関係を作る。
  2. その過程で相手の警戒心を解きながら心を開かせる。
  3. そして、そこから異性として意識させる。

これが、最短で復縁を成功させるための進め方です。つまり、「友達としか見られていない」という状況は、順調にきている証でもあるわけです。

友達関係を作る段階で苦労している人もたくさんいます。すでにそこをクリアできているのなら、確実に復縁に近づいていると思ってください。プラスに捉えてもらって大丈夫です。

いきなり異性として意識させようとすると失敗する

連絡を取り始めた段階や久しぶりに会った段階でいきなり異性として意識させようとすると、「気に入られたい」「もう一度好きになってほしい」という下心が確実に伝わります。それでは警戒心がなくなることはありません。

冷却期間を置いたからといって、恋愛感情がなくなり、あなたのことを避けている人の気持ちを一瞬で取り戻すことはできないんです。そんな魔法のような方法もありません。

注意

焦る気持ちも分かります。でも、相手の準備ができていない段階で次のステップに進もうとすると、温度差が生じます。そして、相手の気持ちは冷めてしまいます。

落ち着いて一つひとつクリアしていきましょう。

どう見られているかを気にする必要はない

もう一つお伝えしたいことがあります。

それは、どう見られているかを気にする必要はない、ということ。相手があなたのことをどう見ていようが関係ないんです。

いいですか?よく考えてみてください。

あなたは今、元彼や元カノに「友達としか見られていない」と感じているかもしれません。「もうそれ以上の存在になれないかも…」と不安を感じているかもしれません。

でも、そもそも相手は本当に友達としか見ていないのでしょうか?

もちろんその可能性はあります。もしそうだとしても、前述のとおり、復縁を目指す上では有利な状況です。

しかし、他の可能性も考えられるのではないでしょうか?

あなたへの未練があるのに、それを隠すために、あからさまに友達に接するときと同じ距離感を意識している可能性は?

別れたあと、元彼や元カノに対してどんな風に接したらいいのかと戸惑い、意図的に友達感を出している可能性は?探りさぐり接している可能性は?

いろんなことが考えられると思います。結局、相手の本心は誰にも分からないので、気にしたって仕方ないんです。

どうすれば友達関係から発展させることができるのか?

ここからは、すでに友達関係ができている(当たり前のように連絡が取れ、何度も会えている)という前提で、そこから関係を発展させるためにはどうすればいいのか、ということについて解説したいと思います。

あなたのことを考えさせることが重要

異性として意識させるため、もう一度好きになってもらうために重要なのが、あなたのことを考えさせることです。

ポイント

一人でいるときにあなたのことを考える時間が増えれば、頭の中がそのことでいっぱいになります。あなたのことがどんどん気になってきます。そして、再び恋愛感情を抱くようになります。「やっぱりこの人のことが好きなのかもしれない」と。

では、そのためにはどんなことをすればいいのか?

楽しい時間を過ごし、余韻を感じさせること

一番意識してほしいのが、会ったときに楽しい時間、充実した時間を過ごすこと

余計なことは考えなくていいんです。とにかく「楽しかったな」と思ってもらえれば、別れたあともその余韻が強く残ります。家に帰って一人になった瞬間にあなたと過ごした時間を思い出すはずです。そして、あなたのことを考えるはずです。

そんな経験、あなたにもありませんか?お風呂に入っているときやベッドに横になったときにその日のことを思い出し、「今日は楽しかったなぁ」と余韻に浸ることが。気になる人とのデートだったら、しばらくはその人のことを考えると思います。

そのときに考えることって決まっていますよね?「また会いたい」と思うはずです。

楽しい時間を提供できれば、相手にもそう思わせることができます。その段階で、あなたは友達以上の存在になっています。

それを可能にするためには、以下の3つの記事を参考にしてみてください。

参考記事元彼・元カノと久しぶりに会ったときに復縁成功を近づける正しい接し方

参考記事【元彼・元カノとのデート】復縁に繋げるための重要なポイントを解説

参考記事復縁したい相手との会話で意識してほしい7つのポイントと注意点

自分から連絡をする回数を減らす

毎日のようにやり取りをしていた連絡をパタッとやめる。

これは恋愛におけるお決まりの駆け引きのやり方ですよね。急に連絡が途絶えて、その人のことが気になり始める、というやつです。

当然、復縁でも通用します。

当たり前のように連絡を取り合う関係になれている場合は、自分から連絡をする回数を減らしてみましょう。相手からメールやLINEが来たときには、急用でなければわざと時間を空けて返信をするといいと思います。

これまで会ったあとにも連絡をしていたのであれば、それをやめてみるのも効果的です。「今日は連絡が来ないな」と思わせれば、その時点であなたのことを考えるようになりますからね。

参考記事彼・彼女と会えている場合は連絡をしないほうが復縁が上手くいく理由

駆け引きをするときの注意点

ただし、注意点が2つあります。

1つ目は、何度もやらないこと。

あるとき一時的にパタッと連絡が途絶えたり、すぐに返ってきていたメールやLINEがなかなか来ないから効果があるんです。連絡をしないことや返信を遅らせることが続くと、相手の気持ちが離れてしまう可能性があるので、気をつけてください。

2つ目は、ちゃんと友達関係ができてからやること。

まだ数回しか連絡が取れていないときや、一度、二度しか会えていないときにやってしまうと、関係がギクシャクしてしまいます。お互いを警戒し合っている雰囲気が出てしまうんです。

相手から連絡が来るのが当たり前、こちらから連絡をすれば返信が来るのが当たり前、会えるのが当たり前、という状況になってから、このような駆け引きを行うようにしてください。

いつも会えるのが当たり前だと思わせない

何度も会っていて、いつも一緒にいるのが当たり前の存在だと思われると、友達以上の関係には発展しにくくなります。

相手から誘われることがあれば、一度断ってみることをおすすめします。「ごめん。その日は予定が入っているから」「仕事が忙しくて」など、適当に理由をつけて断るといいでしょう。

そして後日、「○日(○曜日)は空いてるんだけど、よかったら一緒にご飯食べない?」という感じで、あなたから誘ってみてください。

断られたことが気になり、不安になり、あなたのことを考えていると、数日後に誘われ、ホッとする。

このように短い期間で不安と安心感を与えることで、相手の気持ちは大きく動き始めますよ。

まとめ

  • 別れたあとに友達として見られることは復縁をする上では有利なこと
  • そもそもどう見られているかを気にする必要はないこと
  • あなたのことを考えさせる時間を増やすことで、恋愛感情を抱かせることができること

このことをご理解いただけたでしょうか?

友達関係ができているのなら、あとはほんの少しのきっかけで復縁を実現できます。焦らず、少しずつその関係を発展させていきましょう。

復縁成功までの具体的な流れに関しては、「元彼・元カノをもう一度好きにさせる方法と復縁成功までの流れ」という記事で詳しく解説しています。ぜひこちらにも目を通しておいてください。

Copyright© 復縁のいろは , 2019 All Rights Reserved.