指輪

「自分が他の人を好きになって振った人と復縁できる可能性はあるのでしょうか?」

このような質問をいただきました。

「他の人を好きになって、付き合っていた恋人を振った。でも、やっぱりやり直したい」

この場合の復縁の可能性とよりを戻すためのポイントについて解説したいと思います。

自分が他の人を好きになって恋人を振った場合の復縁の可能性

まず復縁の可能性についてですが、自分が他の人を好きになって振った場合でも復縁できる可能性は十分にあります。

まだあなたへの未練が残っている可能性があるからです。

相手も復縁を望んでいるかもしれません。

その場合はすぐによりを戻すことができるでしょう。

ただ、復縁できるかどうかは、相手の性格や考え方で大きく変わってきます。

「他に好きな人ができた」という理由で振られたら、誰だって大きなショックを受けると思います。

「それでも戻ってきてくれるのなら、それでいい」

そんな風に思ってくれる人なら、復縁は難しくないはずです。

でも、そうではない人もいます。

  • 「まだ気持ちは残っているけど、絶対に許せない」
  • 「裏切られた気持ちが大きくて、もう信用できない」
  • 「他の人を好きになってそっちを選んでおきながら、今さら復縁なんてありえない」

もしも相手がこんな風に思っていたとしたら、復縁は厳しいかもしれません。

また、好きになった人と実際に付き合ったかどうかでも復縁できる可能性は変わってきます。

他の人を好きになったけど、その人と付き合うことはなく、すぐに元彼や元カノの大切さに気付いた場合と、別れたあとにその人と付き合い、それを相手も知っている場合では、前者のほうが復縁できる可能性は圧倒的に高いです。

一時的に他の人に気持ちがいっただけの場合と、その人と実際に恋人関係になった場合では、相手の受け止め方に大きな違いがあるんです。

これは説明しなくても、相手の立場になって考えたら分かると思います。ショック度や裏切られた感が全然違うはずです。

前者の場合だと許せるけど、後者の場合だと許せない、という人も多いと思います。

このように、復縁できるかどうかは、相手の性格や考え方、別れたあとの状況などによって大きく左右されます。

復縁を受け入れてもらうためには想いを伝えるしかない

では、自分が他の人を好きになって振った場合、復縁をするためにはどうしたらいいのか?

重要なのは、あなたの想いを伝えること。

これしかありません。

相手があなたのことを嫌いになったわけでも、別れを考えるほどあなたに嫌なところがあったわけでもありません。

だから、時間を置く必要も、特別なことをする必要もないんです。

想いを伝える手段も何だって構いません。電話でもLINEでも直接会ってからでも、伝えやすい手段を選べば大丈夫です。

とにかくあなたの素直な想いをぶつけてください。

裏切ったことや傷つけたことに対して全力で謝ってください。

自分のせいで相手にどんな想いをさせたのか?

そのことにも必ず触れてください。ただ復縁を望むだけでは、「この人は自分のことしか考えていない」と思われるので。

また、前述のように復縁が難しいケースでも、あなたの想いが伝われば相手の気持ちが変わる可能性は十分にあります。

どうするかは相手が決めることなので、まずは伝えたいことをすべて伝えてみるべきです。

想いを伝えたけどダメだった場合は?

想いを伝えたけどダメだった。

こういうこともあると思います。

簡単には許せない人もいるでしょう。たとえ未練が残っていたとしても、すぐには復縁を受け入れることができないかもしれません。

正直なところ、一度想いを伝えただけで復縁できる人は少ないと思います。

では、どうしたらいいのか?

この場合は、少し時間を空けてからもう一度想いを伝えてみてください。

しつこくしたら嫌われそう…。

そんな風に思うかもしれませんが、一度ダメだったからといって諦めたら、あなたの本気度も伝わらないんですよ。

  • 「好きになった人と上手くいかなかったから、都合よく戻ろうとしているんじゃないか?」
  • 「もう振り回されたくないし、これ以上悲しい思いはしたくない」

相手には、こういう気持ちやあなたへの不信感がある状態です。

それを払しょくし、本気で復縁を望んでいることを分かってもらうには、あなたの想いや謝罪の気持ちを繰り返し伝えるしかないんです。

ポイント

そのタイミングは、最初に想いを伝えてから1週間後くらいを目安にしてください。

すぐのタイミングだと、まだ相手も感情的になっていたり、意地になっていたりして、冷静に話を聞いてくれない可能性があります。

また、あなたの想いを受けたあと、どうすべきなのか相手に考える時間を与えることもできません。

でも1週間くらい経てば、冷静に話を聞いてもらえる可能性も、相手の気持ちに変化が起こる可能性も高くなります。

焦りも出てくると思いますが、少し時間を空けることだけは守ってください。

二度目も断られた場合

二度目も断られた。

このとき、「絶対に復縁はありえない」「もう諦めて」というように強い口調で断られた場合は、一度そこで引き下がってください。今は何を言っても無駄なので、3か月~半年くらいは冷却期間を置くしかありません。

でも、それほど強く拒絶されたわけではない場合は、また少し時間を空け、もう一度想いを伝えてみてください。これまでの経験から、三度目で復縁を受け入れてもらえるケースも多いので。

もしそれでもダメだったら、今はまだあなたのことを許せないか、もう完全に気持ちが離れてしまったか、このどちらかの可能性が考えられます。

やはり3か月~半年くらいは冷却期間が必要です。

復縁を可能にする冷却期間の過ごし方を参考にしていただき、その間に自分のダメだったところを改善したり、より魅力的になるための自分磨きをしたり、復縁に向けての準備をするようにしてください。

自分が他の人を好きになって恋人を振った場合の復縁方法についてのまとめ

自分が他の人を好きになって振った場合は、間違いなく相手を傷つけ、悲しませています。

何を言っても信用してもらえないかもしれませんし、そう簡単に復縁を受け入れてくれることもないかもしれません。

それでも復縁を目指すなら、あなたの想いを伝え、謝り、許してもらうしかありません。

難しいことは考えずに、あなたの気持ちが固まったら、手遅れにならないようにすぐにアクションを起こすことをおすすめします。

少し状況は違いますが、復縁を申し込むときに重要なことについて書いた記事があるので、よかったらこちらも参考にしてみてください。