別れたあとも連絡が取れている場合の復縁方法

本とスマホ

復縁を目指している人は、別れたあとに連絡が取れなくなっていることが圧倒的に多いです。

しかし、付き合っていたときと変わらない感じで連絡を取り合えている人もいます。

この場合はどのように進めればいいのか?

ここでは、別れたあとも連絡が取れている場合の復縁方法について解説したいと思います。

連絡が取れている場合の冷却期間の必要性について

まず、誰もが気になるであろう冷却期間について。

連絡が取れない場合は警戒されていることが大きな原因なので、まずは時間を置いて相手の警戒心が薄れるのを待つしかありません。冷却期間が必要だということは、容易に想像がつくと思います。

では、連絡が取れている場合はどうなのか?

実は、この場合でも冷却期間は必要なんです。

冷却期間というと、多くの人が「時間を置くこと」「相手と距離を置くこと」と捉えています。

しかしこれは、半分正解で、半分間違いです。

というのも、冷却期間というのは、別れの原因をもとに自分のダメだったところを改善して、変わるため、そして、より魅力的になるための自分磨きをするための期間のことだからです。

相手が別れを選んだのは、あなたにどこか嫌なところがあったからだと思います。

それなのに、別れたときと何も変わっていない状態でアプローチをして、気に入られようとしたところで、もう一度好きになってもらえるでしょうか?

答えは、NOです。

ポイント

復縁をするためには、あなた自身が変わり、その変化に気付いてもらう必要があります。別れの原因となったあなたの言動が改善されていなければ、相手が復縁を考えてくれることはないわけです。

自分磨きをすることも欠かせません。より魅力的になっていれば、久しぶりに会ったときにドキッとさせることができるからです。

つまり、連絡が取れていても、変わるためや自分磨きをするための期間は必要になってくるわけです。

ただ、時間を置かなくていいケースもあります。冷却期間が必要なケースでも、その期間は状況によって変わってきます。

そのことについては以下の記事の中で解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

冷却期間中でも連絡は取っていい

スマートフォン

復縁を目指している人は、別れたあとに連絡が取れなくなっていることが圧倒的に多いです。

冷却期間というと、その間は連絡を取ってはいけない、と思っている人が多いと思います。

しかし、すでに連絡が取れている場合は、冷却期間中でもやり取りを続けて構いません。

なぜなら、相手から連絡が来たのに無視をしてしまえば、関係がぎくしゃくして、それっきり連絡が取れなくなってしまう可能性があるからです。

相手を突き放す形になるので、「もう別れてから関係を終わらせたいんだな」「連絡もしないほうがいいんだな」と捉えられることがあるわけです。

ただ、連絡を取るのは必要最小限にしておいたほうがいいです。

決してあなたへの警戒心がないわけではありません。

相手が連絡をくれるのは、友達関係は続けたいと思っているか、自分から振った罪悪感から、別れたあとも連絡くらいは取ってあげようと思っているか、そのどちらかである可能性が高いです。

そんな人に対して不用意に連絡をしてしまえば、未練が伝わり、これ以上この関係を続けるのはやめようと考えるかもしれません。

ポイント

相手から連絡が来たときも、いつまでもやり取りを続けようとするのではなく、その話題が一段落したところで終わらせるようにしたほうがいいでしょう。

そして基本的には、自分から連絡をするのは控えてください。何が用件があり、どうしても連絡をする必要があるときのみにしてください。

会うのは誘われときだけ

前述のとおり、冷却期間というのは、復縁の準備をする期間です。変わって、自分磨きをして、いつでも好きになってもらえる準備をするための期間です。

当然、本来は、準備ができるまでは会うのは避けるべきです。

しかし、相手から誘われたときに断るのは、それはそれでよくありません。

連絡が取れているときには食事などに誘われることもあると思いますが、そんなときには、冷却期間中でも会ったほうが上手くいくことが多いです。

注意

ただし、冷静に接することができそうにない場合や未練が伝わりそうな場合は、せっかくのチャンスを台無しにしてしまう可能性があるので、落ち着くまでは会わないようにしてください。

体の関係を持つのは絶対にダメ

会える状況では、体の関係を持ってしまう人も少なくありません。

しかし、これは絶対にダメです。復縁に向けての関係を作るのが難しくなります。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

冷却期間が終わったら自分から誘うこと

復縁の準備ができて冷却期間が終わったら、あなたから連絡をして、食事に誘ってください。

そのタイミングに関しては以下の記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

まとめ

別れたあとも連絡が取れている場合の復縁方法についてまとめると、以下のようになります。

  • 連絡が取れていても、変わるため、自分磨きをするために、冷却期間は必要
  • 冷却期間中でも連絡は取っていい
  • ただし、必要最低限のやり取りで終わらせ、特別な用件がない限り、自分から連絡をするのは控える
  • 冷却期間中でも誘われたら会っていい
  • でも、冷静さを失っているときや感情的になっているときには会わないほうがいい
  • 会っていても、体の関係だけは絶対に持たないようにする
  • 冷却期間が終わったら、自分から連絡をして誘う

以上のことを意識して進めれば、必ず上手くいくでしょう。

すでに連絡が取れているので、復縁も難しくないと思います。

復縁メール相談

「こんな状況だけど、復縁できる可能性はあるのか?」

「今自分は何をしたらいいのか?」

など、何か分からないことや詳しく知りたいことがある方は、こちらから復縁アドバイザーに直接相談ができます。

その答えややるべきことが分かると思います。

この記事と同じカテゴリの記事

時計

状況別の復縁方法

【復縁成功までにかかる期間】あなたは何ヶ月でよりを戻せる?

復縁までに何ヶ月かかるのか? 多くの方が気になることだと思います。 復縁成功までにかかる期間は、別れの原因や状況によって変わってきます。数日で復縁できるケースもあれば、3ヶ月、半年で復縁 ...

クレヨンで線を引いた紙に置いたハート型の木

状況別の復縁方法

価値観の違いで別れた場合の復縁の可能性とやり直すための方法

「価値観の違い」というのは、男女間に限らず、人と人との間には当たり前のように存在することです。 約2年付き合っていた彼に振られてしまいました。原因は、価値観の違いです。 価値観の違いはど ...

白い置時計

状況別の復縁方法

すぐに復縁できる可能性があるケースと短期間でやり直すためのポイントについて

これまでの経験から、別れたあと、すぐに正しい行動を始めた場合は、3か月くらいで復縁できる人が多いです。 でも、すぐに復縁できる人も少なくありません。1か月以内で復縁できる人のことです。 ...

私が復縁できたときの話

手を繋いでいるカップル

私も以前、復縁を経験しました。

しかし、どんなに想いを伝えても、謝っても、何度復縁を迫っても、全く相手にされないような状況でした。

それでも別れを受け入れられず、必死に彼女を振り向かせようとしていたら、避けられるようになりました。

このとき、彼女にはやり直す気がこれっぽっちもないことを知りました。

それからは、これ以上嫌われるのが怖くて、連絡をすることすら不安で、自分からは何もできなくなっていました。

どうしたらいいのかも分からず、「もう無理かもしれない…」と思っていました。

でも、後悔だけはしたくなかったんです。

そこで参考にしたのが、7step復縁方法でした。

なぜ自分が復縁できる方法が分かったのか?

どんなアプローチをしたら、もう一度好きになってもらえたのか?

7step復縁方法が教えてくれたことを、以下の記事の中で包み隠さず書いています。

こんな記事もよく読まれています

© 2021 復縁のいろは