窓に描いたハート

「『復縁は無理』と言われたら諦めるしかないのか?」と、よく聞かれます。

  • 「復縁は無理」
  • 「ありえない」
  • 「やり直す気はない」

別れるときにこんな風に言われることは少なくありません。

こう言われたら、「もう復縁は無理なのかも…」と感じると思います。

では、「復縁は無理」とはっきり言われたら諦めるしかないのでしょうか?

復縁は無理と言われても復縁できるのか?

まず結論からお伝えします。

「復縁は無理」と言われても復縁はできます。

  • 「復縁は無理」
  • 「ありえない」
  • 「やり直す気はない」

こう言われた状況から、実際に多くの人が復縁を成功させています。

そんなことを言われたくらいで諦める必要はありません。

無理と言われても復縁が可能な理由

無理と言われても、なぜ復縁できるのか?

それは、「今は復縁は無理」という意味だからです。

分かりますか?

「今は」なんです。

もちろん相手はそんなつもりで言っているわけではありません。その言葉を口にしたときには、「今も、今後も、復縁は無理」と思っています。

でも、そう思うのは自然なことです。

だって、そのときには別れることしか考えていないわけですから。

何か原因があってあなたのことが嫌になり、「別れたい」と思っているときに、「復縁を考えてるよ」とか「復縁もありえるよ」なんて言うわけがないじゃないですか?

つまり、別れるときに「復縁は無理」と言うのは当然のことなんです。

でもそれは、別れたときの相手の気持ちです。

1か月後には寂しくなっているかもしれません。2~3か月後には久しぶりに会いたくなっているかもしれません。

離れてみて、あなたの存在の大きさに気づくかもしれません。

これから先、どう気持ちが変わるかは誰にも分からないことです。

実際に、「復縁は無理」と言われたけど復縁できている人がいるのは、相手に心境の変化があったからです。別れたときには「復縁は絶対にない」と思っていたのに。

あなたの元彼や元カノも、元々あなたのことが好きだったのに、別れたいと思うようになりました。それは、気持ちが変わったからです。

同じように、「復縁は無理」と言っていた人の気持ちも変わるものです。

なぜ復縁は無理と言ったのか?

「復縁は無理」というのは、本気で別れを決意した人なら誰もが思っていることです。

その言葉を口にするかどうか、という違いだけです。

では、なぜあなたの元彼や元カノは「復縁は無理」とはっきり言ったのか?

たぶん、あなたがしつこく復縁を迫ったり、復縁を望んでいるのが伝わるような言動を取ったりしたからだと思います。

  • なかなか別れを受け入れてくれない
  • まだ諦めていないみたい
  • しつこい
  • このままだとめんどくさいことになりそう
  • 変に期待させるのはよくない気がする

こんな風に思ったから、諦めさせるために、あなたを突き放すようなことを言ったんだと思います。

相手も感情的になっているときです。

  • 「とにかく別れたい」
  • 「別れを受け入れてほしい」

頭の中はそのことでいっぱいで、あなたの気持ちは考えられなくなっています。

「復縁は無理」と言ったら傷つくかもしれないけど、それどころではなくなっているんです。

そう言われて落ち込んだと思いますが、相手の気持ちも理解してあげてください。

元彼や元カノが今は復縁は無理だと思っている理由

元彼や元カノが今は復縁は無理だと思っているのは、なぜなのか?

それには以下の理由が考えられます。

あなたに嫌なところがあるから

まず一番可能性が高いのは、あなたに嫌なところがあるからだと思います。

嫌なところがあるから別れたいと思ったはずですし、このまま一緒にいても幸せになれないと感じたはずです。

そんな人との復縁は無理だと思うのは当然ですよね。

嫌なところを我慢ができるくらいなら別れを選ばなかったでしょう。

今は復縁を考えてもらえないのも仕方がないと思います。

心が通じ合わないと感じたから

相手は、急に別れを決意したわけではないと思います。

あなたに嫌なところがあったのだとしたら、これまでに何らかのサインは出していたはずです。

  • 口で注意や指摘をした
  • 「こうしてほしい」と直接伝えた
  • 嫌だと分かってもらうために態度に出した
  • 機嫌が悪くなった
  • それが原因で喧嘩に発展した

このようなことがあれば、「ここが嫌」というのは、あなたには伝わっているものだと思っています。

でも、その後も何の変化もなかったら、「こっちの気持ちを全然理解してくれないんだな」と感じたと思います。

そしてそんなことが続いたから、最終的に別れを決断したんだと思います。

もしそうだとしたら、相手は今、「この人とは心が通じ合わない」と思っているはずです。よりを戻したところで上手くいくわけがない、と感じているでしょう。

自分にダメなところがあったのが分かっていて、それなのに最後まで変われなかったのなら、「復縁は無理」と言う相手の気持ちも理解できるのではないでしょうか?

あなたに魅力を感じなくなっているから

我慢ができないほど嫌なところがあったわけではないけど、恋人への気持ちが冷めて別れを選ぶケースも少なくありません。

気持ちが冷めるというのは、恋人に魅力を感じなくなったことが主な原因です。

魅力を感じなくなったら、好きな気持ちもなくなります。そして好きな気持ちがなくなったら、異性として意識することもなくなります。

当然、その状態では復縁したい気持ちになることもありません。

「復縁は無理」と言われたのなら、あなたに魅力を感じなくなっている可能性も考えられます。

我慢ができないほど嫌なところがあって、同時に魅力も感じなくなっている、ということもありえます。

元々そんなに好きじゃなかったから

交際期間が短かった場合は、元々そんなに好きじゃなかった可能性も否定できません。

  • 告白をされたからなんとなく付き合った
  • 「いいな」とは思っていたけど、ちゃんと好きになる前に付き合った
  • 寂しかったり、前の恋人を忘れたかったりして、急いで恋人を作った

こういう人もいるんです。

そして、実際に付き合ってみたけど「なんか違う」と感じた場合は、すぐに別れを考え始めます。

あなたがもし3か月や半年もしないうちに振られたのだとしたら、元々相手はあなたのことをそんなに好きじゃなかったのかもしれません。

付き合ってみたけど好きになれなかった人との復縁は考えられないと思います。

復縁をするためには2~3か月は時間が必要

「復縁は無理」と言った相手の気持ちを考えたら、今すぐどうにかできる状況ではありません。

今やることは、別れを受け入れることです。そして、もう別れを受け入れたことや復縁を迫らないことを相手に分かってもらうことです。

そのためには、完全に距離を置く必要があります。

  1. 自分からは連絡をしない
  2. 自分からは会おうとしない

この2つは絶対に守ってください。

そして、その期間は2~3か月を目安にしてください。

  • 別れを受け入れたことを分かってもらうため
  • 警戒心がなくなるのを待つため
  • あなたのことが嫌になっているその感情がなくなるのを待つため

このような目的のためです。

相手が寂しさや懐かしさを感じるのも、楽しかった思い出がよみがえってくるのも、「最近どうしてるかな?」とあなたのことが気になってくるのも、その頃です。

何度か相手から連絡が来ることや誘われることがあった場合は2か月、全く、もしくはほとんど連絡がなかった場合は3か月。

これを目安にするといいでしょう。

変化と異性としての魅力を感じさせることが重要

「今は復縁は無理」と思っている人に「やり直したい」と思ってもらうには、変化と異性としての魅力を感じさせることが重要です。

変化が伝われば、「変わった」と思ってもらえるのはもちろんのこと、あなたが自分のダメだったところを自覚できていることや反省していること、相手の気持ちを理解できたことなども伝わります。

異性としての魅力を感じさせることができれば、もう一度好きになってもらえます。

  • 相手が嫌だと思っていたところの変化を感じさせて「前とは違う」という印象を与える
  • 改めて異性としての魅力を感じさせて好きになってもらう

これで、復縁はありえないと思っている人の気持ちを変えることができます。

そのためにやるべきことは、以下の2つです。

  1. 自分のダメだったところを改善する
  2. 今よりも魅力的になるための自分磨きをする

冷却期間中には、この2つを意識して過ごしてください。

詳しくは以下の記事で解説しています。

冷却期間後に「復縁は無理」と言われたら難しいかも

別れたあとに相手と距離を置く期間のことを、冷却期間といいます。

復縁は無理と言われたら、冷却期間が必須です。

そしてその後、連絡をして、会って、という流れで進めていきます。

ただ、冷却期間後に連絡をしたり会ったりしている段階でこちらの魂胆がばれてしまうことがあります。

  • 「前も言ったけど、復縁は無理だよ」
  • 「会うのはいいけど、復縁はないからね」

こんな風に、警戒心丸出しでダメ押しをしてくる人もいるかもしれません。

それは相手の意志が固く、2~3か月経っても全く心境に変化がなかった、ということです。

もしも、冷却期間を置いたのに改めて「復縁は無理」と言われたのだとしたら、さすがに復縁は厳しいかもしれません。

もちろん、半年後や1年後に相手の気持ちが変わっている可能性はあるので、まだまだ待ってみるのもありだと思います。

冷却期間を置いてもダメだったときには、その辺のことも含め、じっくり考えて答えを出してみてください。

まとめ

「復縁は無理」と言われた場合でも復縁は可能です。

「今は復縁は無理」という意味であり、別れを決意した人なら誰もが思っていることだからです。

それでも実際に復縁できている人はたくさんいます。

ただ、すぐにどうにかなる状況ではありません。

まずは別れを受け入れ、冷却期間を置くようにしてください。

とはいえ、別れを選んだ相手の気持ちを考えたら、待っているだけで戻ってきてくれることはあまり期待できません。

変わることや自分磨きをすることは絶対に意識すべきです。

それができたら、復縁を考えてもらえるようになります。

あとは行動を起こすのみです。

復縁の前兆復縁できるタイミングを見逃さなければ、よりを戻すことができると思います。

復縁成功までの具体的な進め方に関しては以下の記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。