復縁したい場合のLINEやメールの最適な頻度や間隔を状況別に解説!

スマホのイラスト

「復縁をしたい場合、どのくらいの頻度、間隔で連絡を取ったらいいのか?」とよく聞かれます。

「あまり頻繁に連絡をしていると警戒されるかもしれない。でも、たまにしか連絡を取らなかったら関係が進展しない気がする」

こんな不安を感じている人が多いようです。

確かに、連絡を取る段階で失敗してしまえば、先へは進めなくなります。

では、復縁をするためには、どのくらいの頻度、間隔で連絡を取ったらいいのでしょうか?

復縁をするために連絡を取る最適な頻度や間隔は?

復縁をするために連絡を取る最適な頻度や間隔は、状況によって変わります。

別れたあとも連絡が取れている場合

LINE

別れたあともこれまでと同じように連絡が取れている場合は、以下の2点を心がけてください。

  • 相手から連絡が来たときには毎回返信をする。
  • 自分から連絡をするのは、明確な用件がある場合のみにする。

これは冷却期間中でも同じです。

別れたあともこれまでと同じように連絡が取れているということは、あなたに対して悪いイメージは持っていないということです。

あなたのことが嫌いになったわけでも、警戒しているわけでもありません。もしそうだとしたら、あなたと距離を置こうとするはずなので。

だから、普通に友達として接してくれている状態だと思います。

また、相手に未練が残っている可能性もゼロではありません。

こういう状況では、連絡を取り続けていたほうが復縁しやすくなります。

とはいえ、あまり頻繁に、例えば毎日のように連絡をするのはよくありません。

なぜなら、あなたと別れたことを実感させることができないから。

それだと、いつまでも「自分のもの」という感覚が抜けません。いつでも手に入る存在だと思われてしまいます。

あなたのいない日々に寂しさを感じることもありません。そうなると、あなたの大切さに気付くきっかけも、真剣に復縁を考えるきっかけもなくなるわけです。

そのため、連絡は取り続けていいのですが、自分から連絡をする頻度は減らす必要があります。

そこで心がけてほしいのが、

  • 相手から連絡が来たときには毎回返信をする。
  • 自分から連絡をするのは明確な用件がある場合のみにする。

という2点なんです。

相手から連絡が来たときに無視をすると、状況が悪化する可能性があります。

だから、これまで通り返信をしてください。ただ、あまり頻繁に連絡が来る場合は、少しだけ返信間隔を空けるようにするといいでしょう。

そして、自分から連絡をするのは極力控えてください。聞きたいことがある場合など、明確な用件があるときだけにしましょう。

ポイント

別れたあともこれまでと同じように連絡が取れている場合は、連絡を取る頻度や間隔に決まりはありません。ちゃんとした用件があれば何日か続けて連絡をしてもいい、ということになります。

今は冷却期間中でほとんど(全く)連絡を取っていない場合も同じです。

この先相手から連絡が来ることがあれば返信をして、自分からは明確な用件があるときだけ連絡をする。頻度は気にせずに。

冷却期間後に連絡を取り始めた段階の場合

スマホの画面を見る女性

この状況では、相手の反応によって頻度(ペース)を変える必要があります。

連絡をしたけど返信がない場合

この場合は2週間後にまた連絡をしてみてください。

それで返信が来れば、最低限のやり取りを行い、次は1週間後に連絡をしてみてください。

そこでも返信が来れば、次は3~5日後に連絡をしてみましょう。

そしてまた返信が来れば、そのタイミングで誘ってみてください。

最初に無視されて、2週間後に連絡をしたけどまた無視された場合は、さらに2週間は空けてください。

それでも連絡が取れなかったら、次は1か月くらいは待つようにしましょう。

その間に相手から連絡が来ることもあります。その場合は普通にやり取りをして、その後相手から連絡が来なければ、次は1週間後に連絡をしてみてください。

それで返信が来れば、次は3~5日後に連絡をして、そのタイミングで誘ってみてください。

1か月後に連絡をしても無視された場合は、さらに1か月くらいは時間が必要になります。

冷却期間後に連絡をしてすぐに返信が来た場合

この場合は、相手の反応をみて、付き合っていたときと同じように自然体で接してくれているように感じたら、すぐに誘ってみてください。

数日置いてまた連絡をするようなことはしなくて構いません。ダラダラと連絡をするより、早く会ったほうが復縁できる可能性が高くなるからです。

ただ、相手の反応が素っ気なかったり、警戒されているように感じたりした場合は、最低限のやり取りで終わらせ、次は1週間後に連絡をしてみてください。

そのときの反応が前回と違い、心を開いてくれているように感じたら、次は3~5日後に連絡をして、そのタイミングで誘ってみてください。

1週間後に連絡をしても相手の反応が変わっていなかった場合は、今度は2週間は空けるようにしてください。

そうやって反応を見ながら、少しでも変化を感じたら間隔を縮め、前回と変わらなかったらまた2週間は空ける、という感じで進めていってください。

久しぶりに会ったあとの連絡を取る頻度や間隔

スマホを見る女性

久しぶりに会ったあとは、まずその日のうちか、次の日に連絡をしておきます。そのタイミングで連絡をしておかないと、時間が経つと連絡をするのが気まずくなることがあるからです。

数日経ってから連絡をしようとすると、話題に困ることもあると思います。

でも、会った当日か次の日なら、会ったときのことについて自然なやり取りができます。久しぶりに会った感想やそこで話した話題などについて触れることができるわけですから。

ポイント

まずは会った当日か次の日に連絡をしておいてください。

毎日のようにやり取りができるようになった場合

それを機に毎日のようにやり取りができるようになることもあります。

その場合は、特に頻度や間隔は気にせずにやり取りをして構いません。

そして、1週間後くらいにまた食事に誘ってみてください。連絡が取れていて、会うこともできる状況なら、積極的に会ったほうが復縁できる可能性は高くなります。

ただ、会った当日か次の日に連絡をしたあと、特に相手から連絡が来るわけでもなければ、次は5~7日後に連絡をしてみてください。

そこで警戒されている感じがなければ、また5日後くらいに連絡をして、食事に誘ってみてください。

相手の接し方が素っ気なく感じた場合

会ったあと、5~7日後に連絡をしてみて、少し距離があるように感じた場合は、2週間くらい間隔を空けるようにしてください。

会ったときは楽しそうにしていても、その後冷静になったあと、相手の中で迷いが出てくることも少なくありません。「こういう関係は良くないんじゃないか」「もう会わないほうがいいんじゃないか」って。

すると、接し方が素っ気なくなることがあるんですね。

そういう場合は少し時間を置いたほうがいいので、相手の反応に違和感を覚えたら、2週間くらいは様子を見るようにしてください。

そして、2週間後に連絡をして相手の反応がよくなっていたら、もうそこで誘って構いません。

どうしても心配な場合は、また5~7日くらい空けて連絡をして、そのタイミングで誘うようにするといいでしょう。

2週間後に連絡をしても相手が素っ気なかったら、また2週間くらい空けて連絡をしてみてください。

2回会った以降の連絡を取る頻度と間隔

笑顔でスマホを見る女性

2回も会えば、かなり距離が縮まっている状態だと思います。

ここまできたら、頻度や間隔は気にせず、流れに任せてやり取りを行って構いません。

こちらから連絡をすることもあれば、相手から連絡が来ることもあるでしょう。

そんな状況でやり取りをしていたら、毎日のように連絡を取り合うことになることも少なくないと思います。「その場合は気にせずにやり取りをしていいですよ」ということです。

ただ、相手が元々自分からは連絡をしない人の場合や、まだ迷いがあり、自分からは連絡をするのを控えている人の場合は、毎回こちらから連絡をする形になります。さすがにそれでは警戒されるかもしれません。

その場合は、基本的には3~5日に1回のペースで連絡をしながら、たまに間隔を縮めたり、しばらく連絡をしない日を作ったりするといいと思います。

そして、週に1回~2週間に1回くらいのペースで会うようにしてみてください。

すぐに復縁できると思います。

まとめ

復縁したい元彼や元カノと連絡を取るのに最適な頻度や間隔について解説してきました。

現在の状況や相手の反応によって変わってきますが、ご理解いただけたでしょうか?

ここでお伝えしたことを意識していただければ、確実に相手との距離が縮まっていくと思います。

あとは、連絡の取り方や会った時の接し方、復縁成功までの進め方について解説した以下の記事を参考にしていただき、正しいアプローチを行ってください。

私が復縁できた理由

指輪をした男女の手

私も以前、復縁を経験しました。

別れてから1か月半で復縁できたときの話です。

「好きって気持ちがなくなった…」

そう別れを告げられたとき、私にできたのは、必死に想いを伝えることくらいでした。

でも何を言っても全く相手にされず、避けられるようになっていました。

そんな私が復縁できたのは、大切さに気付いてもらえるアプローチができたからです。

そのために何をしたらいいのかを教えてくれたのが、7step復縁方法でした。

以下の記事の中で、この方法を実践して復縁できたときのことを書いています。