開かれた本の上に置かれた指輪

復縁の可能性は、以下のような要因によって左右されます。

  • 交際期間
  • 別れの原因
  • 別れ方
  • 別れたあとの言動
  • 別れたあとの関係性
  • 相手の恋人の有無

では、どんな人なら復縁の可能性があるのか?

ここでは、復縁の可能性や、復縁の成功率を高めるためのポイントについて解説しています。

状況別の復縁の可能性とその理由

木製のハート

まずは、状況別の復縁の可能性とその理由について解説します。

復縁の可能性がある交際期間は?

復縁の可能性は、交際期間によって変わることがあります。

まず、交際期間が3か月以下だと復縁はかなり厳しくなります。

  • 元々そんなに好きじゃなかった
  • なんとなく付き合ったけど、あまり好きになれなかった
  • 合わなかった
  • つまらなかった

このような理由で別れを決意した可能性があるからです。

この場合、復縁を考えてもらうのは難しくなります。

でも、少なくとも3か月以上付き合っていたのなら、自分のことを好きでいてくれて、恋人としての最低限の条件もクリアできていたと判断していいと思います。

復縁の可能性もあると思っていいでしょう。

復縁の可能性がある別れの原因は?

別れの原因に関しては、基本的に、自分で改善できるものなら復縁の可能性があります

変わったところをアピールすることや変化に気づいてもらうことができるからです。

  • 「前とは違う」
  • 「別れてから変わった気がする」

ほんの少しでもこんな風に思ってもらえたら、もう一度好きになってもらうのは難しくありません。

でも、お金や家族の問題など、自分ではどうすることもできないものが原因なら、どうしても復縁は難しくなります。

復縁できるかどうかは、「別れの原因=復縁を妨げている障害」をなくすことができるかどうか、です。

それが可能な原因なら、どんなものでも復縁できると思ってください。

復縁の可能性がある別れ方は?

どんな別れ方をしたか?

それで復縁の可能性が変わることもあります。

  1. 冷静に話し合いをして別れを受け入れた場合
  2. 泣きながらすがったり、相手を責めるようなことを言ったり、喧嘩に発展したりした場合

この2つでは、前者のほうが復縁できる可能性が高くなります。

前者の場合は印象が悪くなることがありません。警戒をされることもないでしょう。

でも、後者のように素直に別れを受け入れられなかった場合は、さらに嫌われたり、避けられるようになったりすることがあります。

ただ、しばらく時間が経てば、別れたときの悪い印象は薄れていくものです。警戒心もなくなっていくでしょう。

よほどひどいことを言ったりやったりしていなければ、そこまで気にする必要はありません。

復縁の可能性よりも、復縁できるまでにかかる期間に影響が出ると考えてください。

別れたあとの言動が復縁の可能性を大きく左右することも

別れ方に比べ、別れたあとの言動は復縁の可能性を大きく左右することがあります。

  • 何度も断られているのにしつこく復縁を迫る
  • 避けられているのに連絡をし続ける
  • 相手の家や職場の前で待ち伏せをする

このようなことをすると、「めんどくさい」「いい加減にして」と思われ、もうかかわりたくないという気持ちが相手に芽生えることがあるからです。

相手が嫌がることや迷惑だと感じることをしてしまうと、どんどん気持ちが離れていきます。

でも、すぐに別れを受け入れた場合は、別れたあとに悪いイメージを持たれることがありません。

あなたの良さや大切さに気付いたり、楽しかった頃の思い出がよみがえったりして、相手が復縁を考えるようになることもあります。

もちろん、振られたときにちゃんと気持ちを伝えるのは大事なことです。

簡単には諦められないと思うので、そのあとに復縁を迫るのも問題ありません。

復縁の可能性は、ダメだったときに早めに別れを受け入れたか、それともしつこく相手を困らせるような言動を取ったか、で変わってきます。

別れたあとの関係性によっても復縁の可能性は変わる

別れたあとの関係性も復縁できるかどうかを左右します。

一番大きなのは、連絡が取れるかどうか、です。

別れたあとも連絡が取れる状況なら、それまで嫌われてはいないと判断できます。悪いイメージも持たれていないはずです。

しばらく距離を置いたほうがいいこともありますが、連絡が取れるのなら、その後すぐに友達として連絡を取ることや会うことができます。

そこからは意外と簡単に復縁できることも多いです。

でも、避けられている場合は、連絡が取れるようになるまでは何もできません。

いずれ状況が変わるかもしれませんが、それまでは復縁の可能性があるとは言えない状況です。

相手の恋人の有無で復縁できるかどうかがほぼ決まる

復縁できるどうかは、相手の恋人の有無でほぼ決まります。

当然ですが、復縁できるのは、相手に恋人がいないケースです。

まだ他の人に気持ちが行っていなければ、一度離れた気持ちを取り戻すだけです。相手を振り向かせるのは難しくありません。

でも、すでに恋人がいたら、もう引き下がるしかありません。

恋人がいる状況で復縁を考えてもらうのも、ほぼ不可能です。恋人と別れない限り、復縁はできないと思います。

まだ相手がフリーなら、次に進んでしまう前に気持ちを取り戻すことが重要になってきます。

復縁の成功率を高めるためのポイント

ハートの石

ここからは、復縁の成功率を高めるためのポイントについて解説します。

現時点で復縁が難しい人でも、ここでお伝えすることを参考にしていただければ復縁できる可能性が高くなります。

冷却期間を置く

まずは冷却期間を置きましょう。

冷却期間とは、相手と距離を置く期間のことです。

別れるときには、相手の中であなたに対するイメージが最悪の状態になっています。別れたくなるほど嫌になっているわけですからね。

その状態で何かをしようとしても、状況は悪化する一方です。

でも、しばらく連絡をするのも会うのも控えれば、時間とともにその悪いイメージは薄れていきます。

そうなったときに、復縁に向けてのアプローチが可能な状況になります。

そのためには、平均で2~3か月くらいは必要になります。

ポイント

定期的に相手から連絡が来ることがある場合は2か月、ほとんど連絡が来ない、もしくは全く連絡が来ない場合は3か月を目安にするといいでしょう。

ただ、冷却期間がいらないケースや1か月程度で済むケースもあります。

その場合はすぐに行動を起こしたほうが復縁できる可能性も高くなります。

別れの原因となったところを改善する

別れることになったのは、何か原因があったからだと思います。

復縁をするためには、その原因となったところを改善することが重要です。

別れの原因が分かっている場合は、そこを改善することを意識しながら冷却期間を過ごすようにしてください。

復縁したいけど原因が分からない場合は、これまでのことを振り返りながら原因を探してみてください。

自分磨きをする

自分磨きもすると、もう一度好きになってもらえる可能性が高くなります。

  • 前より可愛くなった(カッコよくなった)
  • なんか雰囲気が変わった

こんな風に思ってもらえたら、また異性として意識してもらえるようになるからです。

ポイントは、相手好みに近づけること

髪型や服装、メイクなど、外見に関してはすぐに取りかかることができると思います。

他には、新しいことを始めたり、積極的に異性と接したりするのもオススメです。

まとめ

復縁できる可能性について解説してきましたが、ここで挙げたのはあくまでも目安となる判断基準です。

可能性が高いからと言って絶対に復縁できるわけではありません。間違ったことをすれば可能性は低くなります。

反対に、可能性が低いからといって絶対に復縁できないわけでもありません。復縁の可能性がないパターンに当てはまっている人でも、もしかしたら今後状況が変わるかもしれません。

復縁できるかどうか、その可能性を知りたい人は、現時点での一つの目安として参考にしていただければと思います。

また、復縁の可能性は自分で高めることができます

そのために具体的に何をしたらいいのかについては以下の記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。