復縁の可能性は状況によって変わってきます。

復縁できる可能性が高い状況もあれば、復縁が難しい状況もあります。

「こんな状況だけど、復縁できるのか?」

復縁を望んでいる方なら、誰もが気になっていることだと思います。

復縁できる可能性が高いケースと復縁の可能性が低いケースは、以下のとおりです。

復縁できる可能性が高いケース
  1. 交際期間が1~3年のカップル
  2. 喧嘩別れをした
  3. 別れたあとも連絡が取れる
  4. 相手から連絡が来ることが多い
  5. 振られた理由が分かっている
  6. 顔を合わせる機会がある
  7. 自分から振った
復縁の可能性が低いケース
  1. 交際期間が3か月以下
  2. 相手に好きな人や新しい恋人がいる
  3. 完全に信用を失っている
  4. 別れの原因が分からない
  5. 別れの原因を自分で解決できない
  6. 別れたあとも体の関係を持っている
  7. ストーカーまがいの行為をした
  8. 別れて3か月以上経っても音信不通

この記事では、その理由と、復縁できる確率を高める方法などについて解説しています。

復縁できるかどうかを知りたい方や復縁を成功させたい方は参考にしてみてください。

目次

復縁の可能性はどのくらい?

一般的に復縁の可能性は20%前後だと言われています。様々なデータをも見ても、この数字は一致しています。

元恋人との復縁を望んでいた男女50名を対象に当社が行ったアンケートでも、別れてから1年経った時点で復縁できていた人は、22%(50人中11人)でした。

復縁を望んでいた人の中で実際に復縁できたのは、約5人に1人という計算になります。

復縁できた人たちに共通していた点

前述した復縁できた人たち全員(11人)に共通していたのは、以下の5つの点です。

  • 交際期間が1年以上だった
  • 相手に好きな人や新しい恋人がいなかった
  • 相手を裏切ったり悲しませたりしたことが原因ではなかった
  • 別れたあとも連絡が取れる関係性だった
  • 別れたあとに冷却期間を置いた

それぞれ状況は違いましたが、復縁できた人は全員、この5つに当てはまっていました。

復縁できるまでにかかった期間は大半が3~6か月

復縁できるまでにかかった期間は、大半が3~6か月でした。

  • 1か月で復縁できたのが1人
  • 2か月で復縁できたのが1人
  • 3か月で復縁できたのが3人
  • 4か月で復縁できたのが2人
  • 5か月で復縁できたのが1人
  • 6か月で復縁できたのが2人
  • 9か月で復縁できたのが1人

別れたあとも相手から連絡が来たり、相手から誘われて会えていた人は、復縁できるのも早かったです。

反対に、連絡は取れていたけど相手が素っ気なかったケースや、完全に避けられていた人は、半年以上かかっていました。

これまでの経験から言っても、順調にいけば、3~6か月くらいで復縁できる人が多いです。

ちなみに、私がサポートをした場合は、ほとんどが1~3か月で復縁できています。

状況に応じたアプローチを行うことができれば、3か月以内に復縁を成功させることも可能です。

どんな状況なら復縁できる?復縁できる可能性が高い7つのケース

手のひらに乗せたハート

当社が行ったアンケート結果や、私がこれまでに800名以上をサポートしてきた経験から、復縁できる可能性が高いと言えるのは、以下の7つのケースに当てはまっている人です。

  1. 交際期間が1~3年のカップル
  2. 喧嘩別れをした
  3. 別れたあとも連絡が取れる
  4. 相手から連絡が来ることが多い
  5. 振られた理由が分かっている
  6. 顔を合わせる機会がある
  7. 自分から振った

1.交際期間が1~3年のカップル

交際期間が1年以上だった場合は、以下の理由から復縁できる可能性が高くなります。

  • 本当に好きで付き合った
  • 付き合ってからもどんどん好きになっていった
  • 相性の良さや心地よさを感じていた
  • 多少嫌なところがあっても気にならないくらい大切に思っていた
  • 真剣に将来のことを考えたことがあった
  • 楽しい時間を多く過ごしてきた分、たくさんの思い出がある

これはどれも復縁をする上に有利に働きます。

別れてから寂しさを感じたり、元彼や元カノの存在の大きさに気づいたりして、相手が「復縁したい」と思うようになることも多いです。

でも、交際期間が長くなってくると以下の理由で振られたことが考えられ、逆に復縁が難しくなることがあります。

  • ずっと我慢をしていたことがあったけど耐えられなくなった
  • 「もう何を言っても無駄」「この人は変わらない」と思われた
  • 「将来を考えられない」と思われた
  • このまま一緒にいても幸せにはなれないと判断された

どれも、軽い気持ちで別れを決意したわけではないはずです。

真剣に将来について考えた末の決断なので、復縁を考えてもらえないこともあります。

特に交際期間が3年以上になってくると、完全に見限られるケースが増えてきます。

そういったことを考えると、復縁できる可能性が高いのは、交際期間が1~3年の人だと言えます。

実際に私が800名以上をサポートしてきた経験からも、交際期間が1~3年の人は復縁の成功率が高く、別れてすぐよりを戻せている人や短期間で復縁できている人もいます。

2.喧嘩別れをした

喧嘩になり、その流れで別れ話に発展した場合は、一時的な感情で別れを口にした可能性があります

まだ相手に気持ちが残っていることも多く、お互いが冷静になってから話をすると、別れずに済むことがあります。

まずは喧嘩になった原因や喧嘩をしたときの言動について謝るようにしてください。

そして、お互いが冷静さを取り戻せるまで数日~1週間程度距離を置き、やり直したいことを伝えてください。

相手が以前から別れを考えていた場合は、その喧嘩を機に本気で別れを決意することもあります。

その場合はすぐによりを戻すことはできないかもしれません。

でも、「すでに気持ちが固まっていて、最初から別れ話をするつもりだった場合」と、「別れを考えることはあったけど、まだ自分の中で答えが出ていなくて、そんなときに喧嘩になって別れを口にした場合」とでは、後者のほうが復縁できるケースが多いです。

一度断られても、冷却期間を置き、友達に戻ってから関係を作り直せば、復縁可能な状況です。

3.別れたあとも連絡が取れる

どんな理由や原因で振られたとしても、別れたあとも連絡が取れる関係性なら、そこまで嫌われていないと判断できます

しばらく距離を置いたほうがいいこともありますが、その後は友達として連絡を取ることや会うことができます。

別れたあとも繋がりがあれば、ちょっとしたきっかけで復縁を考えてもらえることも少なくありません。

連絡が取れる場合と避けられている場合とでは、前者のほうが復縁できる可能性は圧倒的に高くなります。

自分に非があって振られた場合は、2~3か月程度の冷却期間を置き、【連絡をする⇒会う⇒変化を感じさせる】という流れで進めていってください。

4.相手から連絡が来ることが多い

別れたあとも相手から連絡が来ることが多い場合は、まだ未練が残っていることや、このまま別れていいのか迷っていることが考えられます

  • 別れたからといって関係を断ちたくない
  • 別れたあとも繋がっていたい

こんな気持ちがあるんだと思います。

この場合は何もしなくても、今の関係を続けているだけで復縁できることがあります。

とりあえず自分からは連絡はしないようにして、相手から連絡が来たときにだけやり取りを行うようにしてください。

そして、そのまましばらく様子を見るようにしてください。

5.振られた理由が分かっている

復縁をするために最も重要なのは、別れの原因に応じたアプローチを行うことです。

相手は、何か理由があって別れを選んだはずです。未練が残っていない限り、今のあなたとはやり直す気にはならないでしょう。

でも、別れの原因となったことに対して心からの謝罪をすれば、相手の気持ちが変わるかもしれません。

同じ過ちを繰り返さないように気を付けることを伝えれば、もう一度チャンスをくれるかもしれません。

口先だけでは信用してもらえなくても、これから自分のダメだったところを改善し、ほんの少しでも変化を感じさせることができたら、復縁を考えてもらえるようになります。

振られた理由が分かっていれば、このように別れの原因に応じたアプローチを行うことが可能になります

  • 「前とは違う」
  • 「別れてから変わった気がする」

こんな風に思ってもらえたら、そこからもう一度好きになってもらうことは難しくありません。

そのため、自分自身が変わる努力をすることや状況を変えることが重要になってきます。

6.顔を合わせる機会がある

  • 職場や学校が一緒
  • 何か用件があって会うことがある

このように、別れたあとに顔を合わせる機会がある場合は、そこであなたの印象を上書きできます

別れるときに悪い印象を与えてしまった人でも、これから友達として接していたら、また良い印象を持ってもらえると思います。自然と相手との距離も縮まっていくでしょう。

会っていたら、「やっぱり好きかも」と思ってもらえることもあります。

会える状況にいるというのは、復縁を目指す上で非常に大きなメリットになります。

最初は気まずいと思いますが、避けたり、冷たくしたりしていると、関係が悪化してしまいます。

無理に明るく接する必要はありませんが、まずは挨拶くらいは普通にするようにしてください。

相手の反応も見つつ、できそうなら簡単な会話もするといいと思います。

ただし、未練は感じさせないようにしないといけません。

適度な距離感を意識して、友達として接するようにしてください。

7.自分から振った

自分から振った場合は、相手が復縁を望んでいることが多いです

自分が復縁を望むのなら、そのことを伝えればすぐに復縁できる可能性が高い状況です。

振ったことを謝り、どういう気持ちの変化があったのかを話し、よりを戻したいことを伝えてください。

ただし、同じタイミングで相手も別れを考えていた場合や、別れたあとに相手の心境に変化があり、「別れてよかったのかも」と思うようになった場合は、断られることもあります。

その場合は冷却期間が必要になります。

その後、友達として連絡を取ったり会ったりしながら、もう一度好きになってもらえるようにアプローチをしていきます。

復縁は難しいかも?復縁の可能性が低い8つのケース

ケンカをするカップル

反対に、現時点で復縁が難しいのは、以下の8つのケースに当てはまる人です。

  1. 交際期間が3か月以下
  2. 相手に好きな人や新しい恋人がいる
  3. 完全に信用を失っている
  4. 別れの原因が分からない
  5. 別れの原因を自分で解決できない
  6. 別れたあとも体の関係を持っている
  7. ストーカーまがいの行為をした
  8. 別れて3か月以上経っても音信不通

1.交際期間が3か月以下

交際期間が3か月以下の場合は復縁の可能性は低いかもしれません

  • 元々そんなに好きじゃなかった
  • なんとなく付き合ったけど、あまり好きになれなかった
  • 合わなかった
  • 「この人は無理」と感じた
  • つまらなかった

このような理由で相手が別れを決意した可能性が高いからです。

一緒に過ごした時間が短いから、大切さに気付くこともありません。

思い出も少ないから、楽しかった日々を思い出すこともありません。

もし本当に上記のような理由だった場合は、かなり厳しいと思います。

復縁を望む場合は、しばらく距離を置き、まずは友達に戻ることを目指してください。

2.相手に好きな人や新しい恋人がいる

相手に好きな人や新しい恋人がいる場合は、好きな人とうまくいかなかったり、恋人と別れたりしない限り、復縁はできない状況です

好きな人と恋人関係に発展しなかったときや、新しい恋人と別れてフリーになったときに、復縁できる可能性が出てきます。

大切さに気付いて戻ってきてくれる可能性もありますが、とりあえず今は引き下がるしかありません。

復縁を望む場合は、3~6か月くらいは距離を置いてから一度連絡をしてみてください。

そして返信が来れば、そこで近況を聞き、さりげなく恋人の有無を確認してみてください。

その時点で恋人がいなければ、アプローチをしていきましょう。

でも恋人がいれば、いったんは諦めたほうがいいと思います。

3.完全に信用を失っている

  • 何度も指摘されていたことを繰り返したことが原因の場合
  • 自分の浮気や嘘が原因の場合

このような場合は完全に信用を失っているため、復縁は難しくなります。

同じことを繰り返した場合は、「絶対に変わらない」と思われています。変化に気付いてもらおうとしても、なかなか信じてもらえないと思います。

自分の浮気や嘘が原因の場合、相手は「裏切られた」と感じています。信頼関係も完全に崩れた状態です。信用を取り戻すのにはかなり苦労すると思います。

復縁を望む場合は、最低でも3か月は冷却期間を置き、変化や成長を感じさせることを意識して接してください。

4.別れの原因が分からない

別れの原因が分からない場合は、復縁をするためにやるべきことも見えてきません

  • その原因に触れながら謝ること
  • 反省していることや変わることを伝えること
  • 変わる努力をすること
  • 変化をアピールすること
  • 相手の前で同じことを繰り返さないように気をつけること

このような、復縁をするために必要なこともできない状況です。

別れの原因が分かっている場合と比べると、復縁は難しくなります。

復縁を望む場合は、付き合っていたときのことを深く掘り下げていき、自分で別れの原因を探す必要があります。

相手と仲のいい共通の友人がいる場合は、その友人が知っているかもしれません。一度聞いてみるといいと思います。

5.別れの原因を自分で解決できない

原因が分かっていても、自分ではどうすることもできない、すぐには状況を変えることができない、ということもあると思います。

  • 収入や貯金が少ない、借金がある、などのお金の問題
  • 親から反対をされた、養子に入らないといけない、などの家族の問題
  • 年が離れている、年齢を理由に振られた、などの年齢の問題
  • 病気が理由で別れた、うつやストレスで精神的に不安定になっている、などの体の問題
  • 遠距離が原因で別れたけど、これからも会う頻度を増やせない場合
  • 仕事が忙しいことが原因で別れたけど、今後も状況が変わらない場合

このような場合は、その問題や原因を解決できないと、復縁は難しい状況です

復縁を望む場合は、どうにかして問題を解決するしかありません。

6.別れたあとも体の関係を持っている

別れたあとも体の関係を持っていると、復縁が難しくなることがあります

都合のいい存在になってしまい、セフレのようにしか見られなくなることがあるからです。

別れたあとも恋人ごっこができているので、わざわざ復縁をする必要もなくなります。

そういう関係をやめようとすれば、そこで友達関係も終わってしまうこともあります。

ただ、体の関係を持っても一度や二度なら影響がないこともあるので、復縁を目指すなら、すぐに関係を断つようにしてください。

そして、3か月は距離を置くようにしてください。

7.別れたあとにストーカーまがいの行為をした

  • 避けられているのに連絡をし続けた
  • 相手の家や職場の前で待ち伏せをした
  • 偶然を装って何度も会おうとした

このようなことをした場合は、ストーカーのように思われているかもしれません

相手が感じているのは、不安と恐怖です。「もっとひどくなるかも…」「何をされるかわからない」と。

たぶん、「もうかかわりたくない」と思っているはずです。友達に戻ることすら難しい状況です。

ただ、こちらの行為を相手がどう受け止めたかは分かりません。

「あのくらいなら気にしない」と思う人もいるでしょう。

もしかしたら、ストーカーとまでは思われていないかもしれません。

ストーカーのように思われていても、そのあとに何もしなければ、警戒心や恐怖心がなくなる可能性もあります。

その場合は復縁できることがあります。

一刻も早くストーカーまがいの行為をやめることが、復縁できるかどうかを左右すると言っていいでしょう。

反対に、ストーカーまがいの行為をして警察沙汰になった場合は、復縁はかなり厳しいと思います。

8.別れて3か月以上経っても音信不通

別れたあとに連絡が取れなくなることはよくあります。

でも、3か月もすれば相手の心境に変化が表れ、連絡をすれば返信くらいはくれるようになるのが普通です。

3か月以上経っても無視される場合は、友達として連絡を取ることも抵抗がある状態だと考えられます。

また、すでに新しい恋人ができている可能性も否定できません。

さらに時間を置いて連絡が取れるようになれば復縁できる可能性は出てきますが、音信不通の状態が続けば、どこかで諦める選択をするしかなくなります

いつまで待つかを自分の中で決め、そのタイミングでもう一度連絡をしてみるといいと思います。

短期間で復縁できる可能性があるケース

復縁を望んでいる人なら、「一日でも早く復縁したい」と誰もが思っているはずです。

でも、復縁できるまでにかかる期間は、状況によって大きく変わってきます。

どんな状況なら、すぐに復縁できるのか?

ここからは、短期間で復縁できる可能性があるケースを紹介します。

1.別れたあとも頻繁に相手から連絡が来る

嫌われている場合や相手の気持ちが完全に離れている場合は、何か用件がない限り、相手のほうから連絡が来ることは少ないです。

でも、未練や迷いがあったり、寂しさを感じていたり、離れてみて大切さに気付いたりした場合は、別れたあとも頻繁に相手から連絡が来ます。

そういう状況なら、すぐに復縁できる可能性があります。

2.意見の相違やすれ違いがあって別れた

相手の気持ちが冷めるような言動を取ったわけでも、小さなことの積み重ねで少しずつ関係が悪化したわけでも、同じ過ちを繰り返したわけでもなく、意見の相違やすれ違いがあって別れた場合は、一時的に気持ちが離れただけで、まだ相手には恋愛感情が残っていることがあります。

別れたときには感情的になっていますが、冷静になったら、相手はすぐに復縁したいと思うようになる可能性があります。

3.寂しい思いをさせていたことが原因で振られた

忙しくて連絡を取ることも会うこともできなかった場合や、遠距離の場合などは、寂しさに耐えられずに別れを決意することがあります。

冷たいと感じていた場合や、愛情表現がなく、自分のことをどう思っているのか分からなくなっていた場合なども、不安を感じてばかりで、そんな日々がつらくなって別れを選ぶ人もいます。

でも、相手にはまだ好きな気持ちがある状態です。

寂しい思いをさせていたことが原因の場合は、すぐに相手のほうから復縁を望まれることがあります。

相手の気持ちが固まっていたとしても、寂しさや不安を感じさせていたことを謝り、同じ思いをさせないように気を付けることを伝えれば、復縁を受け入れてくれることも少なくありません。

4.喧嘩別れをした

喧嘩別れをした場合は、カッとなって、一時的な感情で別れを口にした可能性があります。

お互いの気持ちが落ち着いてから話し合いをすれば、ただの喧嘩で終わることも多いです。

5.自分から振った

自分から振った場合は、相手には別れたくない気持ちがある可能性が高いです。

特に今回が初めてなら、復縁を申し込めばすぐによりを戻せると思います。

ただし、同じタイミングで相手も別れを考えていた場合や、振られたことで気持ちが変わった場合などは、復縁したいことを伝えても断られるかもしれません。

また、これまでに何度も別れを口していた場合は、振り回されるのに相手がウンザリして、完全に気持ちが離れた可能性があります。その場合も、短期間での復縁は難しいかもしれません。

復縁できるまで長期戦になる可能性が高いケース

状況によっては、復縁できるまでにかなり時間がかかることがあります。

特に以下のようなケースだと、半年以上の長期戦になる可能性が高いです。

1.何度も同じことを繰り返して振られた

何度も同じことを繰り返して振られた場合は、「もうこの人は変わらない」と思われ、見限られている状態です。

復縁をするためには変化を感じさせることが重要ですが、同じことを繰り返していたのなら、変わるのも簡単なことではないと思います。

たとえ変化が伝わったとしても、簡単には信じてもらえません。

復縁を考えることがあっても、「どうせ同じことの繰り返しになるだけ」「よりを戻してもうまくいくはずがない」と自分に言い聞かせ、次に進もうとする人もいるでしょう。

復縁を決意してもらうまでには、かなり時間がかかるかもしれません。

2.人として嫌なところがあって振られた

人として嫌なところがあって振られた場合は、「もうこの人は無理」と思われている状態です。

この場合は、最低でも3か月は冷却期間が必要です。

その後も、悪くなった印象をすぐに変えるのは難しいと思います。

焦らずに、時間をかけて変化や魅力に気付いてもらうようなアプローチを行うことが大事です。

3.しつこく復縁を迫り続けた

振られたあと、何度も断られているのにしつこく復縁を迫り続けた場合は、確実に警戒されるようになります。

復縁を望んでいることがはっきりと伝わっているので、しばらく距離を置いても、何か行動を起こせば「また復縁話かも」と疑われます。そうなると友達に戻るのも難しくなります。

すぐに別れを受け入れたケースと比べると、どうしても時間がかかる可能性が高くなります。

4.冷却期間後に連絡が取れない

振られ、すぐには復縁が無理そうな場合は、2~3か月程度の冷却期間が必要になります。

大抵の場合は、冷却期間を置けば相手の警戒心が薄れ、心境にも変化が表れ、友達として連絡を取ることができるようになります。

でも、時間が経っても警戒心や悪いイメージが残っている場合は、連絡をしても無視されたり、素っ気ない返事しか返ってこなかったりすることがあります。それでは次のステップに進めません。

以前のように連絡が取れるようになるまでは時間を置くしかないので、復縁できるまで半年以上はかかるかもしれません。

5.復縁の可能性が低いケースとして挙げたすべてのケース

復縁の可能性が低いケースとして挙げた以下のケースに当てはまっていたとしても、復縁が不可能なわけではありません。実際に復縁できている人はたくさんいます。

でも、長期戦になることがほとんどです。

  1. 交際期間が3か月以下
  2. 相手に好きな人や新しい恋人がいる
  3. 完全に信用を失っている
  4. 別れの原因が分からない
  5. 別れの原因を自分で解決できない
  6. 別れたあとも体の関係を持っている
  7. ストーカーまがいの行為をした
  8. 別れて3か月以上経っても音信不通

特に、相手に好きな人や新しい恋人がいるケースと、ストーカーまがいの行為をしたケースでは、かなりの長期戦を覚悟してください。

恋人がいれば、その恋人と別れない限り復縁はできません。年単位になる可能性もあります。ただ、その恋人と結婚して復縁は諦めるしかなくなる可能性もあります。

本気でストーカーのように思われている場合も、相手の恐怖心が強くなっているので、最低でも半年~1年はかかると思います。

他のケースでも、1年近くかかることがあるかもしれません。

復縁の可能性を上げるための3つのポイント

ハートの石

ここからは、復縁の可能性を上げるための3つのポイントについて解説します。

現時点で復縁が難しい人でも、ここでお伝えすることを参考にしていただければ復縁できる可能性が高くなります。

1.冷却期間を置く

まずは冷却期間を置きましょう。

冷却期間とは、相手と距離を置く期間のことです。

別れるときには、相手の中であなたに対するイメージが最悪の状態になっています。その状態で何かをしようとしても、状況は悪化する一方です。

でも、しばらく距離を置けば、時間とともにその悪いイメージは薄れていきます。

そうなったときに、復縁に向けてのアプローチが可能な状況になります。

そのためには、平均で2~3か月くらいは必要になります。

定期的に相手から連絡が来ることがある場合は2か月、ほとんど連絡が来ない、もしくは全く連絡が来ない場合は3か月を目安にするといいでしょう。

ただ、冷却期間がいらないケースや1か月程度で済むケースもあります。

その場合はすぐに行動を起こしたほうが復縁できる可能性も高くなります。

2.別れの原因となったところを改善する

別れることになったのは、何か原因があったからだと思います。

復縁をするためには、その原因となったところを改善することが重要です。

別れの原因が分かっている場合は、そこを改善することを意識しながら冷却期間を過ごすようにしてください。

原因が分からない場合は、これまでのことを振り返りながら原因を探してみてください。

3.自分磨きをする

自分磨きもすると、もう一度好きになってもらえる可能性が高くなります。

  • 「前より可愛くなった(カッコよくなった)」
  • 「なんか雰囲気が変わった」

こんな風に思ってもらえたら、また異性として意識してもらえるようになるからです。

ポイントは、相手好みに近づけること

髪型や服装、メイクなど、外見に関してはすぐに取りかかることができると思います。

他には、新しいことを始めたり、積極的に異性と接したりするのもオススメです。

復縁できるかどうかの判断基準

復縁できる可能性が高いケースの人でも、復縁できないことはあります。

反対に、復縁が難しいケースの人が復縁できることもあります。

では、どうなったら復縁は可能だと判断できるのか?

目安となる判断基準は、以下のとおりです。

  1. 冷却期間後に連絡が取れる
  2. 誘ったら会ってくれる
  3. 会ったときに楽しそうにしている

1.冷却期間後に連絡が取れる

冷却期間が終わったら、連絡をすることから始めます。

大抵の場合は3か月前後の冷却期間を置けば、その頃には自分に対する警戒心や悪いイメージがなくなっていて、友達として連絡が取れるようになります。

その後、気さくにやり取りができるようになれば、友達から関係を作り直すことができます。

でも、冷却期間後に連絡をしても無視されたり、素っ気ない対応をされたりした場合は、友達として連絡を取ることすら嫌がっている可能性があります。

「もう連絡はしてこないで」という意思表示でもあります。

気軽に連絡が取れる状況にならなければ、次に進むことはできません。

  • 冷却期間後に連絡が取れる
  • 相手が気さくに接してくれる
  • 自然なやり取りができる

このような場合は復縁可能な状況だと判断していいと思います。

2.誘ったら会ってくれる

連絡が取れたら、次は会って、さらに距離を縮めていきます。

会ったときに「楽しい」と思ってもらえたら、「また会いたい」と思ってもらえます。

安心感や居心地の良さ、懐かしさなどを感じさせることができたら、相手に復縁を考えてもらえるようになります。

何度も会えるようになれば、復縁できる可能性はかなり高くなります。

そのためには会える状況を作らないといけません。

多くの人は自分から誘うことになると思います。

誘ったときに会う約束ができたら、一歩前進です。

でも、誘ったときに断られた場合は、連絡を取るところで関係が止まってしまいます。

  • 「連絡が来たから仕方なく返信しているけど、会うのは嫌」
  • 「今さら会うのには抵抗がある」

このように思われているのかもしれません。

誘って会ってくれた場合は復縁可能な状況ですが、会えない場合は難しいと思います。

3.会ったときに楽しそうにしている

会えたとしても、「誘われて断れず、仕方なく会った」という可能性も否定できません。

それは、会ったときの相手の反応を見れば、ある程度は判断できると思います。

相手が楽しそうにしているかどうか。

そこで復縁の可能性も判断できます。

  • 相手が楽しそうにしている
  • 笑顔を見せてくれる
  • 気さくに接してくれる
  • 口数が多い
  • 会話が盛り上がる
  • 相手のほうから近況について詳しく聞かれた

このような場合は、またすぐに会えて、近いうちに復縁もできると思います。

反対に以下のような場合は、もう会うのも難しいと思います。

  • 相手がつまらなそうにしている
  • 反応が素っ気ない
  • 口数が少ない
  • 会話が盛り上がらない
  • こちらに対して興味がない感じがする
  • ずっと気まずい空気が流れていた

「本当は会いたくなかった」「もう会いたくない」と思われている可能性があるので、それ以上の関係にはなれないかもしれません。

まとめ

復縁できる可能性について解説してきましたが、ここで挙げたのはあくまでも目安です。

可能性が高いからと言って絶対に復縁できるわけではありません。間違ったことをすれば可能性は低くなります。

反対に、可能性が低いからといって絶対に復縁できないわけでもありません。復縁の可能性がないパターンに当てはまっている人でも、もしかしたら今後状況が変わるかもしれません。

復縁できるかどうか、その可能性を知りたい人は、現時点での一つの目安として参考にしていただければと思います。

また、復縁の可能性は自分で高めることができます

そのために具体的に何をしたらいいのかについては以下の記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

参考記事復縁する正しい方法|復縁を成功させるための重要なポイントを徹底解説