ストーカー扱いをされた人が復縁をするためにやるべきこととは?

顔を伏せて座っている女性

恋人に振られて我を失い、普段の自分では考えられないような行動を取ってしまう人もいます。

そして、その行き過ぎた言動によって、ストーカーを疑われることも少なくありません。

先日も以下のようなご相談をいただきました。

振られてから自分でも自分がよくわからなくなるくらい取り乱してしまって、明らかに彼から避けられている状態です。

電話でいきなり振られたので、会って話したかったんですけど、彼にはその気がなかったみたいだったので何度も電話をしたんですが、出てくれませんでした。

でもどうしても直接どうして振ったのかを聞きたかったし、私の言い分も聞いてほしかったので、今日家まで押しかけてしまいました。

そしたら、そういうストーカーみたいなことやめてくれない?いきなり来られても困るし、電話をしてくるのも勘弁して。もう電話で話したことがすべてだから。と言われてしまいました。

私はただ話がしたかっただけなのに、ストーカーみたいと言われてショックでしたし、そんな風に思われるとやっぱり復縁は不可能ですか?

このようにストーカー扱いをされた場合、復縁は可能なのか?何をしたらいいのか?

そのことについて解説したいと思います。

どんなことをした人がストーカーを疑われるのか?

別れたあとに冷静さを失うのは普通のことです。「別れたくない」とすがったり、何度もお願いをしてしつこく復縁を迫ったりするのは、多くの人がやっています。

これで警戒されることはあっても、ストーカーを疑われるようなことはありません。

では、どんなことをした人がストーカーを疑われたり、ストーカー一歩手前だと思われたりする可能性があるのか?

考えられるのは、以下のような人です。

  • 話をしたいのに連絡が取れないからといって、家や会社の前で待ち伏せをした人
  • 無視をされているのに連絡をし続けている人
  • 相手の家のポストに手紙や物を投函した人
  • 強引に会おうとしている人
  • 相手を脅した人
  • 自傷行為をほのめかした人
  • 相手が見ている可能性があるSNSに、絶対に諦めないことや悪口などを書き込んだ人

細かいことを挙げればキリがありませんが、分かりやすいものだと大体こんな感じです。

このどれかに当てはまることをした人は、ストーカーやその一歩手前の状態だと疑われていると思ってください。

ただし、相手から連絡が来るような状況なら、その可能性は低いと思います。様子を見る必要はありますが、そこまで深刻に受け止める必要はありません。

ストーカー扱いをされても復縁は可能なのか?

では、そうなると復縁は不可能なのか?

いいえ、そんなことはありません。

別れた直後というのは、相手も冷静さを失っている状態です。

あなただけではありません。悩んだ末に別れを選んだ自分の気持ちを分かってほしいのに、それを理解してもらえずに復縁を迫られると、相手も感情的になるんです。

そうなると、あなたのちょっとした言動に警戒心を抱くようになります。そして、ストーカーまがいの行為をされていると恐怖を感じるようになります。

つまり、相手が過剰に反応しているケースも少なくないわけです。

しかし、相手も時間が経てば冷静さを取り戻します。

実際に復縁をしている方もたくさんいます。そのときのことを謝ると、「もう気にしてないから」と言われることも多いです。「こっちこそ冷たくしてごめんね」と言ってくれる人もいます。

注意

ただし、すべての人が復縁できるわけではありません。あまりにも度が過ぎた場合や警察沙汰になっているような場合は、さすがに厳しいと思います。

着信拒否やブロックをされ、連絡を取る手段が一つもない場合も難しいかもしれません。

ストーカーを疑われている場合の対応の仕方

上記のような行動を取ったのには、あなたにはあなたの言い分があると思います。

しかし、相手にはそんなことは関係ありません。ただただ怖い、やめてほしい、と思っている状態です。そこで必死になって弁解をすれば、さらに強い疑いを持たれる可能性があります。

一刻も早く引き下がること

ストーカーを疑われている場合、まずやるべきことは、一刻も早く引き下がることです。

ポイント

別れを受け入れ、完全に距離を置き、SNSなどでも相手のことには一切触れないようにしてください。

とにかくこれ以上疑いが深まるようなことはしない。

これが重要です。

冷却期間を置く

疑いを払しょくし、恐怖心を取り除くには、時間が必要です。

最低でも3か月、できれば半年くらいは時間を置かないと、相手の警戒心はなくならないと思います。

長く感じると思いますが、急いで動けば警察沙汰になる可能性も否定できない状況です。そうなると諦めざるを得なくなるので、確実に復縁を成功させるためには、しばらくはじっと耐えてください。

もちろん、ただ待てばいいわけではありません。その間にやるべきことがあるので、以下の記事を参考にして、復縁に繋がる冷却期間を過ごしてください。

参考記事【復縁できる冷却期間の過ごし方】重要な5つのポイントを解説!

連絡があれば無視をせずに応じること

ストーカーを疑ったのは一瞬だけ、という場合や、何か用件があった場合などは、相手から連絡が来ることがあります。

ポイント

そんなときは冷却期間中であっても、ちゃんと応じるようにしてください。意味もなく連絡をしてくる人はいないので、心配しなくて大丈夫です。

ただし、相手が求めている以上のやり取りはしないように注意してください。最低限のやり取りで終わらせ、自分からガツガツいくことだけはしないようにしましょう。

学校や職場が一緒の場合

もし学校や職場が一緒で顔を合わせる場合は、挨拶をする程度にして、業務に関すること以外ではあまり話しかけないようにしてください。

ただし、相手が話しかけてきたときは例外です。無視だけはしないようにしてください。そして、ここでも最低限の会話で終わらせるようにしてください。

相手があなたのことを避けていないようであれば、ストーカー扱いはされていないので、普通に会話をしても大丈夫です。食事をしたり、一緒に帰ったりするのも問題ありません。

冷却期間後の進め方について

とりあえず今やるべきことは、これだけです。

相手がストーカーを疑った場合のあなたに対する警戒心や恐怖心は、基本的に時間とともに薄れていきます。自然と連絡も取れるようになりますし、「あのときはごめん」と謝れば、笑って許してくれることがほとんどです。

もし3か月~半年くらい空けて連絡をしても反応がなかった場合は、まだ警戒されているか、どう対応していいか迷っている可能性があります。さらに2週間~1か月くらい時間を置くようにしてください。

連絡をするときには、以下の記事が参考になると思います。

参考記事【連絡が取れる方法】復縁を目指す相手にLINEやメールを送るときのポイントと注意点

参考記事返信が来なかった場合はどうしたらいいのか?元彼・元カノに無視されたときにやるべきこと

また、冷却期間後にやるべきことや復縁成功までの流れに関しては以下の記事で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください。

参考記事【こうすれば復縁できる】もう一度好きになってもらうために必要な6つのプロセス

私が復縁できた理由

6年前、私が復縁できたときの話です。

「好きって気持ちがなくなった…」

そう別れを告げられたとき、私にできたのは、必死に想いを伝えることくらいでした。

でも何を言っても全く相手にされず、避けられるようになっていました。

そんな私が復縁できたのは、大切さに気付いてもらえるアプローチができたからです。

そのために何をしたらいいのかを教えてくれたのが、7step復縁方法でした。

この方法を実践して復縁できたときのことを、以下の記事の中で包み隠さず書いています。

手を繋いでいるカップル
7step復縁方法を実践して彼女から「やり直したい」と言ってもらえたときの話

今から6年前、私は彼女に振られました。 片手で数えても余るくらいの女性としかお付き合いをしたことはありませんが、これほど好きになった人はいませんでした。 ...

続きを読む

同じカテゴリーの記事

この記事を書いた人

YO-BO

6年前、彼女と復縁できたのを機に、復縁アドバイザーを志す。復縁工作やサポートを専門に行う会社で経験を積み、その後独立。これまでに800名以上を復縁成功へと導いてきたノウハウをお伝えしています。

復縁メール相談

初回無料の復縁メール相談

何か分からないことや上手くいっていないことがあれば、こちらから復縁のプロに直接相談ができます。

どんなに小さなことでも、その答えややるべきことが分かれば、確実に復縁に近づけると思います。

© 2021 復縁のいろは