「冷却期間を置くと女性は冷めるんじゃないか?」と聞かれることがあります。

これは、あなたが振られた側か、振った側か、で変わってきます。

その理由について解説します。

元カノと復縁をするために冷却期間を置こうと考えている人は参考にしてみてください。

冷却期間を置くと女性は冷めるのか?

ベッドに座るカップル

まず結論から。

あなたが振られた側なら、冷却期間を置いても女性が冷めることはありません。でも、状況によっては冷めることもあります。

また、あなたが振った側なら、冷却期間を置くと、振られた女性は冷める可能性があります。

振られた側なら冷却期間を置いて冷める心配をする必要はない

復縁をするために冷却期間を置く場合。あなたが振られた側なら、元カノが冷める心配をする必要はありません。

なぜなら、別れた時点で彼女の気持ちは冷めているから

彼女から振られたのであれば、それはもう好きな気持ちがなくなっているということです。冷却期間を置いたからといって冷める気持ちは最初からないわけです。

それどころか、彼のことが嫌になっている状態です。彼女のほうが「距離を置きたい」という気持ちになっているはずです。

彼女が冷めるのを心配して冷却期間を置くのを躊躇していると、「うざい」「しつこい」と思われ、確実に状況が悪化します。

もちろん、彼女のほうに未練が残っている可能性もゼロではありません。

その場合は、彼女から何かしらのアクションがあるものです。別れたあとも連絡が来るとか、会おうとしてくるとか、未練があるようなことを言ってくるとか。

当然、そういう場合は冷却期間は必要ありません。彼女の本心が分からないのでしばらく様子を見るべきですが、友達として連絡を取ることや会うことは続けて構いません。

でも、彼女のほうから何のアクションもない場合や避けられている場合は、彼女のほうが関係を断ちたいと思っていると考えるしかありません。

つまり、もう彼女の気持ちは冷め切っているということです。冷却期間を置いたからといって冷める気持ちは残っていないわけです

でも、そんな絶望的な状況でも、冷却期間を置くことで以下のような効果が得られます。

  • お互いが冷静になれる
  • 彼女の警戒心が薄れる
  • あなたに対する悪い感情がなくなる
  • 友達として接してくれるようになる
  • あなたの良さや大切さに気付くことがある

嫌われていても、避けられていても、冷却期間を置けば、復縁可能な状況になります。

復縁を望んでいるのであれば、彼女にやり直す気がなさそうだったら冷却期間を置くようにしてください。

振られた側でも冷却期間を置くと彼女が冷めるケースもある

前述した理由から、振られた場合は冷却期間が必要になります。

でも、冷却期間を置かないほうがいいケースもあります。

  • 喧嘩別れをした場合
  • 別れ話をしているときに相手が泣いていた場合
  • 一時的なすれ違いや勘違いをされていることがある場合
  • 相手に寂しい思いをさせていたことが原因の場合
  • 別れたあとも相手がこれまでと同じように接してくる場合

このようなケースでは、まだ相手に未練が残っていることが多く、冷却期間を置くと女性は冷めることがあります

上記に当てはまる人は、最初から冷却期間を置こうとはせずに、まずは話し合いや謝罪をしてください。

すぐには復縁が無理そうな場合でも、友達関係を続けていれば彼女の気持ちが冷めることもなく、短期間で復縁できるかもしれません。

ただし、すでに相手の気持ちが固まっている場合や、避けられているような場合は、すでに気持ちは冷めていると考えられます。

その場合は冷却期間を置くようにしてください。

参考記事冷却期間なしで復縁できるパターンとは?

振った側なら冷却期間は置かないほうがいい

もしあなたが振った側なら、彼女には「別れたくない」という気持ちがあり、まだ未練が残っている可能性が高いです。

この場合は、すぐに復縁したいことを伝えるべきです。

時間が経つと彼女が別れを受け入れ、次に進むことを決意することがあるからです

そうなってからでは、復縁を申し込んでも断られるようになります。

自分から振った場合は、時間が経つと彼女の気持ちが冷めることがあるので、冷却期間は置かないようにしてください。

でも、復縁を断られた場合は、もともと彼女も別れを考えていたか、振られたことで気持ちが冷めたことが考えられます。

そのときには冷却期間が必要になります。

参考記事自分から振ったけど復縁したい場合は冷却期間がいらない理由

彼女が冷めたときに見せるサイン

バツ印を作る女性

すでに彼女の気持ちが冷めているかどうかは、別れる直前の言動を見れば、ある程度判断できます。

彼女が冷めたときに見せるサインとして代表的なものは、以下のとおりです。

  • LINEのやり取りの回数が減る
  • 連絡を取る頻度が減る
  • 彼女から連絡が来なくなる
  • 反応が素っ気ない
  • 「会いたい」と言わなくなった
  • 誘っても断られる
  • 「疲れている」「忙しい」という理由で会うのを断られる
  • 以前は自分と会うことを優先してくれていたのに、他の用件を優先するようになった
  • 会っても口数が少ない、つまらなそうにしている
  • 彼女が自分のことを話さなくなった
  • 自分に興味を示さなくなった、いろんなことを聞かれなくなった
  • 「もっとこうしてほしい」など、自分に対する要望や愚痴を言わなくなった
  • 機嫌が悪いことが増えた
  • 会ったとき、以前は早く帰ろうとすると嫌がっていたのに、何も言わなくなった
  • 体の関係を拒まれるようになった

振られた場合、別れる直前に上記のようなサインが出ていたのであれば、もう彼女の気持ちは冷めていると思います。復縁を迫っても断られた場合は、冷却期間を置くしかありません。

自分から振った場合も、別れたあとにこのようなサインが見られたら、彼女の気持ちは冷めてしまったと判断できます。すぐにでも復縁を申し込むべきですが、断られたら、冷却期間が必要になります。

参考記事復縁する気がない元彼や元カノが見せる15のサイン

冷却期間を置くことで変化する女性心理

冷却期間を置くことで、女性心理は以下のように変化します。

冷却期間を置いて1週間後の女性心理

振った側の女性は、元彼のことが嫌になっている状態です。別れの原因によっては、元彼にうんざりしていて、怒りもあるかもしれません。

1週間経った時点では、まだそのネガティブな感情は強いままで、「別れて正解だった」と思ってる頃です。

振られた側の女性は、悲しみやショックが大きく、つらい日々を過ごしています。復縁したい気持ちが強い状態です。

冷却期間を置いて2週間後の女性心理

振った側の女性は、元彼と離れたことで、感情が乱されることがなくなり、怒りも収まっている頃です。元カレの嫌だったところを思い出すことも少なくなっています。

一人になった寂しさを感じることもありますが、「復縁は考えられない」という気持ちがある状態です。

振られた側の女性は、まだ立ち直ることができていません。悲しみに耐えながら日常生活を送るのに必死なときです。

冷却期間を置いて1か月後の女性心理

振った側の女性は、1か月も経つと、元彼のことが気になり始めます。連絡も取っていないと、「最近どうしてるのかな?」と考えるようになります。

でも、まだ元彼に対する悪いイメージが残っているので、元彼のことを考えると嫌だったところを思い出し、またネガティブな感情がよみがえるような状態です。

そろそろ恋人がほしいと思う人が出てくるタイミングでもあります。

振られた側の女性は、復縁に向けて気持ちを切り替える人と、元彼を忘れるために新しい恋を始めようとする人で分かれます。

冷却期間を置いて2か月後の女性心理

振った側の女性は、元彼に対する警戒心や悪いイメージが薄れてきて、懐かしさを感じ始める頃です。長く付き合ったカップルの場合は、楽しかった頃のことを彼女が思い出すことも増えます。

新たな出会いがなければ、寂しさが大きくなる頃でもあります。

元彼に対して良い印象がたくさん残っている場合は、連絡をしたい、会いたい、という気持ちも出てきます。

でも、嫌なところばかりが記憶に残っている場合は、元彼への気持ちにポジティブな変化は期待できません。

振られた側の女性は、元彼に連絡をしたくなる頃です。会いたい気持ちも強くなっています。

でも、女性は気持ちの切り替えが早く、失恋の傷を早く癒したい気持ちも強いため、この頃には新しい恋人ができる人も出てきます。

冷却期間を置いて3か月後の女性心理

振った側の女性は、3か月も経てば、元彼の嫌なところを思い出すことはなくなります。元彼の近況や恋人の有無が気になり始めるのも、この頃です。

ただ、復縁を考えることがなければ、自分から連絡をしようとは思いません。

でも、元彼から連絡が来れば、やり取りをするのに抵抗はない状態です。友達としてなら会うことも構わない、という心境の人も多いです。

振られた側の女性は、復縁を望んでいる場合は、自分から元彼に連絡をしようと思い始める頃です。

次に進もうと決意した人は、好きな人や恋人ができている人が増えます。

冷却期間を置いて半年後の女性心理

振った側の女性は、良くも悪くも元彼のことを考えることがなくなります。自分から連絡をすることもなく、完全に別々の道を歩もうとします。

でも、元彼のことが気になる気持ちが強い人は、久しぶりに連絡をしてみようと思うこともあります。ただ、振った自分から連絡をするのに気まずさがあり、何も行動を起こさない人もいます。

一人になって半年も経てば、新たな恋をしたい気持ちも強くなります。実際に好きな人や新しい恋人ができている人もいます。

振られた側の女性は、復縁に向けて行動を起こしている人と、諦めきれないけど何もできず、諦めようとしている人と、すでに次に進んでいる人に分かれます。

参考記事冷却期間中の男性心理と女性心理は?

復縁するために必要な冷却期間の最適な長さは?

振られた場合、復縁をするためには冷却期間が必要です。

特に、別れたあとも元カノから何のアクションもない場合は、しばらく距離を置くしかありません。

ただ、その長さによって復縁できる確率も変わってきます。

では、冷却期間の長さはどのくらいを目安にすればいいのでしょうか?

冷却期間の最適な長さは2~3か月

振られた場合の冷却期間の長さは、2~3か月を目安にしてください

そのくらい経った頃には、元彼への警戒心が薄れ、嫌だったところを思い出すこともほとんどなくなっています。

寂しさを感じたり、楽しかった頃のことを思い出したり、元彼のことが気になったりするタイミングでもあります。

2~3か月後の振った側の女性心理を考えると、連絡を取るのには最適なタイミングだと思います。

別れたあとも相手から連絡が来ることがある場合は2か月、ほとんど、もしくは全く連絡がない場合は3か月を目安にしてください。

相手の反応が悪かったら冷却期間を延長する

別れの原因や別れ方、別れたあとに取った言動、相手の性格などによっては、2~3か月経っても相手の心境に変化がないことがあります。

    • 「冷却期間後に連絡をしたけど、無視された」
    • 「返信は来たけど、素っ気ない感じがする」

このように相手の反応が悪かった場合は、さらに1か月以上は冷却期間を延長するようにしてください

もう少し時間が経たないと、復縁に向けた関係を作っていくことができない状況です。

長すぎる冷却期間は逆効果になる

すでに相手の気持ちが冷めている場合は、冷却期間を置くことで復縁可能な状況になります。

距離を置いたからといって、今以上に気持ちが冷めることはありません。

ただ、長すぎる冷却期間は逆効果になることがあります

3か月前後で元カノにポジティブな心境の変化があっても、そのタイミングを大きく過ぎると、「今さら感」を覚え、元彼のことはどうしてもよくなってくることがあるからです。

時間が経てばたつほど、元カノが次に進んでしまう可能性も高くなります。

冷却期間の長さは3か月前後を目安にして、長くても半年くらいにしておいたほうがいいと思います。

冷却期間中に意識してほしいこと

復縁できるかどうかは、冷却期間中の過ごし方によっても大きく左右されます。

冷却期間中は以下の点を意識して過ごしてください。

自分からは連絡をしない

別れたあとに連絡をしていると、未練が伝わり、警戒されることがあります。

あなたへの警戒心が強くなれば、その警戒心がなくなるまでにも時間がかかります。当然、冷却期間も長くなります。

音信不通になったり、ブロックをされたりすることもあります。そうなると復縁も難しくなります。

冷却期間中は、急な用件がない限り、自分からは連絡をしないようにしてください

元カノからの連絡には応じる

元カノから連絡が来ることがあれば、それにはすべて応じるようにしてください

連絡をしてくるということは、あなたと繋がっていたい気持ちがあるということだと思います。

友達としてやり取りをしていると、相手の気持ちが変わるかもしれません。

誘われたら会ってもいい

元カノから誘われることがあれば、会っても構いません

会いたい気持ちがあるということは、まだ未練や迷いがある可能性もあります。

会っていれば、何か進展があるかもしれません。

自分磨きをする

冷却期間中は自分磨きをするようにしてください

  • 別れの原因となった自分のダメだったところを改善するための自分磨き
  • 「別れたときよりも魅力的になった」と思ってもらうための外見の自分磨き

この2つの自分磨きを行ってください。

嫌だったところの変化を感じたら、相手が復縁を考えてくれるようになります。

久しぶりに会ったときに「前よりカッコよくなってる」と思ってもらえたら、また異性として意識してもらえるようになります。

どちらも、もう一度好きになってもらうために欠かせないことです。

参考記事再び惚れさせるための正しい自分磨きの仕方とは?

冷却期間後の進め方

冷却期間が終わったら、以下の流れで進めてください。

  1. 連絡をする
  2. 何度かやり取りをしたら食事に誘う
  3. 会って良い印象を与える
  4. 何度か会って距離を縮める
  5. 復縁したいことを伝える

詳しくは、「振られても復縁できる方法」を参考にしてみてください。

まとめ

冷却期間を置くと彼女が冷めるかどうかは、あなたが振られた側か、振った側か、で変わってきます。

振られた場合は、その時点で彼女の気持ちは冷めています。彼女のほうが距離を置きたいと思っている可能性が高く、冷却期間を設けないとさらに嫌われてしまいます。

自分から振った場合、彼女のなかには「別れたくない」という気持ちがあると思います。

でも、時間が経つと気持ちが冷めてしまい、別れを受け入れてしまうことがあります。

復縁を望むなら、すぐにでもそのことを伝えてください。それで断られた場合は冷却期間を置くようにしましょう。

参考記事冷却期間はどのくらい置けば復縁できる?目安となる長さを状況別に解説