赤いハートが入った透明な玉

恋人に振られても、簡単には別れを受け入れられないと思います。

  • 「もしかしたら相手の気持ちが変わるかもしれない」
  • 「すぐによりを戻せるかもしれない」

そう期待する気持ちもあるでしょう。

でも、心のどこかではもう無理だと感じているのではないでしょうか?

たぶん焦っている人も多いと思います。

あなたもすぐに復縁したくて、何か方法を探しているかもしれません。

でも、それが難しいだけでなく、焦ると、本来なら復縁できるはずの人が失敗してしまう可能性が高くなります。

復縁は焦らないことが重要です。

その理由について解説します。

焦るってどういうことを言うの?

その前に、そもそも「焦る」とはどういうことを言うのでしょうか?

簡単に言えば、すぐに復縁をしようとして、そのために行動を起こすことを言います。

  • すぐに復縁を申し込もうとする
  • 何度も謝って許してもらおうとする
  • 別れたあともこれまで通りに関係を続けようとする
  • 気まずいけど、なんとかして連絡を取ろうとする、会おうとする
  • 優しさや気遣いをアピールするなど、気に入られようとする

このような行為が、それに当たります。

すぐに復縁しようとするのは間違いではない

「すぐに復縁したい」というのは、誰もが望んでいることだと思います。

そのために上記のような行為を行う人はたくさんいます。

では、それがいけないことなのかというと、そうではありません。

状況によっては、別れてすぐに復縁できる可能性があります。別れた直後に行動を起こすのは、決して間違いではないんです。

問題なのは、相手にその気がないのに焦って復縁しようとすること。

復縁は、相手に未練が残っていたり、別れてから復縁したくなったりしない限り、できないことです。

もし相手が今、別れることしか考えられない状態だとしたら、焦っても絶対に復縁はできません。

  • 復縁を申し込んだけど断られた
  • 謝っても許してもらえなかった
  • 避けられている気がする
  • 返信がないことがある
  • 連絡を取るのも会うのも乗り気じゃない気がする
  • 会っても気まずい

このような場合は、焦らずにじっくり進めるべきです。

焦ると復縁に失敗する理由

なぜ焦ると復縁に失敗するのか?

その理由について解説します。

まだ別れを受け入れていないと思われる

焦って復縁しようとすれば、別れたあとも相手と繋がりを持ち続けようとすると思います。これまでと変わらない関係性を維持しようとする人もいます。

すると、まだ別れを受け入れていないと思われることがあります。

「えっ、もう別れたんだけどな…。もしかして、この人の中ではまだ別れていないことになっているのかな?」と。

もう自分の中では終わったことになっているのに、彼や彼女がまだ別れを受け入れていないと感じたら、どう思うでしょうか?

「めんどくさいな」と思うはずです。そして、距離を置こうとするはずです。

そんな人とはあまりかかわりたくないと思うでしょう。

完全に関係を絶たれることもあります。

未練があることや復縁を望んでいることが伝わる

別れてから距離を置いたとしても、焦る気持ちがあると、すぐに連絡を取りたくなると思います。

実際にそこで連絡をしてしまえば、未練があるのが伝わる可能性があります。

連絡を取ることや会うことができていたとしても、そこでの言動で復縁を望んでいるのが伝わることも多いです。復縁したい気持ちがあると、いくら気をつけていても、どうしてもそれが伝わるような言動を取ってしまうんです。

相手も警戒しているので、ちょっとしたことから元彼や元カノの気持ちを察します。

すると、相手の警戒心はさらに強まります。

連絡をしても無視されるようになるかもしれません。

焦ると、未練があることや復縁を望んでいることが伝わるリスクが高くなり、状況を悪化させてしまいます。

すれ違いが大きくなる

別れを選んだ人の多くは、別れたあとは一定の距離を置きたいと思っています。状況によっては、もうかかわりたくないと思っている可能性もあります。

そこで焦って復縁をしようとすれば、相手とのすれ違いが大きくなります。「どうしてこっちの気持ちを分かってくれないの?」と思うようになるわけです。

  • 距離を置きたいのにそれを許してくれない
  • よりを戻すつもりはないのに「やり直したい」と言われる

こんな状況になれば、この人とは分かり合えない、この人とは合わない、と思うはずです。

別れることになった時点で、ただでさえすれ違いが大きくなっています。

別れたあとにさらにすれ違いが大きくなると、それだけ復縁も難しくなります。

避けられるようになる

  • 元彼や元カノのことが嫌になっている
  • 別れてからも印象は変わらない、もしくはさらに悪くなった
  • 復縁なんて考えられないと思っている

そんなときに復縁を迫られても、断るしかありません。でも、断るのもめんどくさいものです。

そのため、最初から勘違いをさせるようなことはしないように気をつけます。復縁を迫られるようなシチュエーションも作らないようにします。

そこで多くの人がやるのが、相手を避けることです。

「復縁したい」って言ってきそうだなと察したら、自分にはその気がないのを分からせるために、連絡が来ても無視をしたり、あえて突き放すような態度を取ったりします。

焦って復縁しようとすると高い確率で避けられるようになります。

ストーカーのように思われることもある

  • 別れるときにしつこくすがった
  • 何度も復縁を迫った
  • すでに避けられている

そんな人がすぐに行動を起こすと、ストーカーのように思われることがあります。

「怖い」「いい加減にしてほしい」と思うはずです。最悪の場合、ブロックや着信拒否をされます。

もし相手に恐怖心が芽生えたとしたら、ずっと避けられ続けるかもしれません。恐怖心というのは、警戒心とは比べてものにならないくらい厄介なものです。

焦ると、友達にすら戻れなくなる可能性があります。

振られた場合は冷却期間を置く

前述のとおり、焦ると復縁に失敗することが多くなります。

では、どうすればいいのか?

振られた場合は冷却期間を置くようにしてください。

連絡をせず、会うことも控える、相手と距離を置く期間を設けるんです。

目安としては、2~3か月。その間はできるだけ関係を断つようにしてください。

そうすれば、あなたに対する警戒心や悪いイメージがなくなり、友達とし接してくれるようになります。2~3か月もすれば、別れたときのことは過去になっていることが多く、未練が伝わる可能性も低いです。

また、時間が経ったことで相手の心境に変化が表れていることも考えられます。

  • 一人になって寂しさを感じた
  • 元彼や元カノのことが気になるようになった
  • 自分にとって大きな存在だったことに気付いた
  • 復縁を考えるようになった

このように、距離を置くだけで相手の気持ちが変わることもあるんです。

焦らないことが復縁の成功率を高める、というのをご理解いただけたと思います。

相手から連絡が来た場合は素直に応じる

  • 相手から連絡が来た
  • 「会おう」と誘われた

この場合は素直に応じてください。

あなたと連絡を取ることにも会うことにも抵抗がない状態です。そんな状況で避けるべき理由はありません。

でも、自分から復縁を切り出すのはやめましょう。

連絡が来る、誘われる、というだけで相手に未練が残っているとは判断できません。友達として連絡をしてきただけかもしれません。

そこで焦って復縁を匂わせるような言動を取ると、せっかく良い方向に向かっているのを台無しにしてしまいます。

もし相手が復縁を考えていたとしたら、あっちから告白をしてくるはずです。

  • 連絡が来たときだけ返信をする
  • 誘われたときだけ会う

これを意識しながら、それ以外のときは何もせずに、2~3か月を目安に距離を置くようにしてください。

冷却期間中に恋人ができるのは防ぎようがない

「冷却期間を置いたら、その間に恋人ができるかもしれないじゃん」

そんな不安もあると思います。

確かにその通りで、実際に恋人ができることもあります。

でも、それは防ぎようがないんです。

冷却期間を置かなかったら、そもそも復縁できない状況です。しばらくは待たないと復縁できる人も失敗に終わってしまいます。

それに、早い人だと1か月もしないうちに恋人ができることもあります。別れるときにすでに気になっている人がいた場合は、1週間後には交際を始めていることも少なくありません。

その前に相手の気持ちを変えるのは不可能です。

こればかりはどうしようもありません。

冷却期間が終わったらすぐに行動を起こすことが重要

復縁をするためには、焦らないことが重要です。

でも同じくらい重要なのが、冷却期間が終わったらすぐに行動を起こすことです。

待っているだけで戻ってきてくれるのは、冷却期間中に相手が「復縁したい」と思った場合のみです。相手から何のアクションもなければ、やり直すことは考えていないと判断するしかありません。

その場合はこちらから行動を起こさないと何も変わりません。

まずは連絡をしてみてください。返信があれば、友達感覚でやり取りを行いましょう。

そして相手が自然体で接してくれて、誘えそうな雰囲気を感じたら、早めに誘ってみましょう。

そうやって友達として連絡を取ることや会うことができる関係を作り、もう一度好きになってもらえるようにアプローチをしていきます。

いきなり復縁を申し込むのはNG

距離を置いても相手が何も言ってこなければ、復縁は考えていないと思います。

そんな人に復縁を申し込んでも断られるに決まっています。

その場合は、これから連絡を取りながら、会いながら、「復縁したい」と思ってもらえるように相手の気持ちを変えていかないといけません。

3か月くらい経ったこのタイミングでも、焦っていきなり復縁を申し込むのはNGです。

振られた側が復縁するための正しい方法を実践すれば、相手から告白をしてもらえるようになります。

元彼や元カノに復縁したいと思わせることも可能です。

もし自分から復縁を切り出すにしても、復縁の前兆が表れてからにしてください。

待ちすぎは手遅れになるリスクを高める

2~3か月くらい距離を置くと、連絡をするのにも勇気がいると思います。もうしばらく様子を見ようかな、という気持ちになるかもしれません。

でも、冷却期間を置いたことですでに3か月くらい経っています。

時間が経つほど相手に恋人ができるケースも増えます。3か月後にはまだフリーだったのに、半年後には恋人ができていた、ということがありえるわけです。

当然、恋人ができたら復縁は難しくなります。

待ちすぎは手遅れになるリスクを高めるので、勇気を出して一歩を踏み出してください。

思うように連絡が取れなかった場合はもう少し待つ

ただし、状況によってはもう少し待つかしないこともあります。

  • 冷却期間後に連絡をしたけど無視された
  • 返信は来たけどすぐに途絶えた
  • やり取りが続かない
  • 反応がそっけない

このような場合は、連絡を取ることにもまだ抵抗がある状態です。復縁の脈なしサインを無視して距離を縮めようとすると、完全に避けられるようになる可能性があります。

このタイミングで避けられると、状況的にかなり厳しくなります。

思うように連絡が取れなかった場合はすぐに引き下がり、少なくともさらに1か月くらいは距離を置くようにしてください。

まとめ

  • 復縁を目指すなら焦ってはいけない理由
  • 焦らずに冷却期間を置くと復縁できる可能性が高くなる理由
  • 冷却期間後はすぐに行動を起こすことが重要な理由

上記の点についてお伝えしました。

焦る気持ちは分かります。しばらく距離を置くのも不安だと思います。

でも、それが復縁成功への近道になります。

待つのも復縁に必要なことだと言い聞かせ、焦る気持ちをグッと抑えるようにしてください。

その待つ期間に関しては、状況によって長さが変わってきます。

詳しくは、「復縁に冷却期間はどのくらい必要?成功率を高める冷却期間中の過ごし方も紹介」という記事を参考にしてみてください。

また、一日でも早く、より確実に復縁をしたい人は、7step復縁方法が参考になると思います。

すぐに復縁することも可能で、高い成功率が期待できる方法です。