窓辺に座る女性

「復縁をするためには、すぐには行動を起こさずに待ったほうがいい」

復縁を目指している人なら、どこかで聞いたり目にしたりしたことがあると思います。

では、どのくらい待つべきなのか?

その期間については疑問に思っている人が多いようです。

ここでは、復縁をするためには待ったほうがいい理由と、状況別の目安となる期間について解説しています。

復縁をするためには待ったほうがいい理由

別れてすぐに復縁できることはほとんどありません。

相手が本気で別れを決意し、「別れたい」と思っているときには、何を言っても何をやってもその気持ちを変えることはできないからです。

でも、すぐには行動を起こさずに待つようにすれば、復縁できる可能性が高くなります。

復縁をするためには、別れたあとに待つ期間が必要です。

それには以下のような理由があります。

相手の気持ちを尊重してあげないといけないため

相手が別れを決意するまでには、たくさんの葛藤があったと思います。

簡単に決めたわけではなく、悩んだ末に結論を出したはずです。

でも、振られた側からしたら、そんなことは関係ないと思います。別れたくなくて必死です。

「別れたくない」「やり直したい」ということをあなたも伝えたはずです。

それは自然なことなので、何も問題はありません。

でも、相手はどう感じるでしょうか?

これまでにいろんなことを我慢してきて、それがとうとう限界に達し、悩んだ末に別れを決意したのに、その気持ちを理解しようともしてくれず、自分のことしか考えていない言動を繰り返されたら、どんな気持ちになるでしょうか?

たぶん悲しくなったと思います。「どうしてこっちの気持ちを考えてくれないの?」と感じたと思います。

それでは復縁したい気持ちになることはないはずです。どんどんすれ違いが大きくなり、印象も悪くなり、さらに気持ちが離れていくはずです。

しつこく復縁を迫るほど、相手は頑なに拒むようになるでしょう。

そんな状態から復縁をするためには、別れを選んだ相手の気持ちを尊重してあげないといけません。

それはつまり、別れを受け入れる、ということです。

そして、別れを受け入れたことを分かってもらうために必要なのが、これ以上復縁を迫ることも未練が伝わるような言動も取らずに相手と距離を置くことです。

これが、待つ、ということです。

警戒心や悪いイメージが薄れるのを待つため

別れるときに「別れたくない」「やり直したい」ということを伝えたのなら、あなたが復縁を望んでいることも明確に伝わっています。

別れたあとに連絡を取ろうとした場合も同じです。あなたから連絡が来れば、「復縁話かも」と考えるはずです。

こういう状況では、あなたへの警戒心が強くなっています。

また、相手が別れを選んだのは、別れたくなるほどの何かがあった、それだけあなたのことが嫌になっている、ということでもあります。

その状態では復縁を考えることはないと思います。

でも、その警戒心や悪いイメージは、距離を置いていれば、時間の経過とともに自然と薄れていきます。

警戒をする理由がなくなるし、あなたの嫌だったところはどうでもよくなるし、付き合っていたときの嫌な記憶も「あんなこともあったな」というところまで薄れていきます。

そうなれば友達のように接してくれるようになり、復縁に向けての関係を作っていくことが可能になります。

復縁をするためには、あなたへの警戒心や悪いイメージが薄れるのを待つ時間が必要です。

自分の問題点を改善するため

別れることになったのは、何か理由があったからだと思います。

そしてその理由は、大抵の場合、あなたに問題があったことが関係していると思います。

ということは、「今のあなたとやり直すことは考えられない」と思っているはずです。

じゃあ、どんなときに復縁を意識するようになると思いますか?

それは、あなたの変化を感じたときです。

ほんの少しでも変化が伝われば、変わったあなたのことを見てくれるようになります。

そのためには、変わる努力をしないといけません。自分の問題点を改善しないといけません。

でも、すぐには変われないと思います。どうしても時間がかかるものです。

復縁のために待つ時間は、自分の問題点を改善するための時間でもあります。

復縁をするために待つべき期間の目安

砂時計とカレンダー

では、復縁するためにはどのくらい待つべきなのか?

待つ期間は3か月が目安

相手から振られた場合は、基本的には3か月を目安にしてください。

  • 相手の気持ちを尊重し、別れを受け入れたことを分かってもらうため
  • 警戒心や悪いイメージが薄れるのを待つため
  • 自分の問題点を改善するため

こういったものすべての効果が出るのに、平均で3か月くらいかかるからです。

1か月程度では、まだ連絡をしただけで警戒される状態です。「また復縁話か?」と思われる可能性があります。

あなたの嫌だったところの印象も強く残っているときです。

変わることもできていないと思います。

2か月後は、やっと警戒心や悪いイメージが薄れてきた頃です。ここで連絡をしたり会おうとしたりすると、「何だろう?」と思われ、また警戒される恐れがあります。

でも、3か月後にもなると、警戒心よりも、「久しぶりだな」という気持ちが出てきます。

この頃には、久しぶりに連絡を取りたい、会いたい、という気持ちになっている人も多いです。

ポイント

待つ期間は3か月を目安にすると間違いないと思います。

たまに連絡を取っている場合は2か月でも大丈夫

別れたあともたまに連絡を取っている場合は、待つのは2か月でも大丈夫です。

警戒心はそこまで強くなくて、またに連絡を取っていることで、いつあなたから連絡が来ても抵抗がない状態だからです。

多少は警戒しながらも、友達として接してくれると思います。

それまでに変わる努力をしていれば、変化にも気付いてもらえるはずです。

相手から頻繁に連絡が来る場合は1か月でOK!

別れたあとも相手から頻繁に連絡が来ている場合は、ほとんど警戒されていなくて、もう友達として見てくれていると思います。

別れても繋がっていたいと思っているから連絡をしてくるわけですし、もしかしたら未練が残っているのかもしれません。

それまでに自分の問題点を改善することを意識して過ごしていれば、待つのは1か月でいいでしょう。

相手から頻繁に連絡が来ているわけなので、1か月後にこちらから連絡をしてもまったく問題ありません。

あとは相手の反応を見ながら、という感じですね。

ポイント

連絡をしたときに警戒されている感じがなければ積極的にアプローチを行い、返信が来なかったり素っ気なさを感じたら、あと1か月は待つようにしてください。

別れたあとに会えている場合も、とりあえず1か月は自分から連絡をするのは待ってください。

ほとんど待つ期間が必要ないケースもある

  • 自分から別れを切り出した
  • ケンカから別れ話に発展した
  • 別れるときに相手が泣いていた
  • 忙しくてすれ違いが大きくなったことが原因
  • 遠距離で寂しい思いをさせていた

このような場合は、相手に未練が残っているだけでなく、「本当は別れたくない」と思っている可能性もあります。

特に待つ期間は必要ない状況です。

ただ、別れた直後はお互いが感情的になっていることがほとんどです。それでは冷静に話をすることもできないと思います。

できれば1~2週間くらい空けてから改めて謝り、想いを伝え、これからのことについても話をして、復縁を申し込むといいでしょう。

もしそれでダメだったら、前述のとおり、状況に応じて1~3か月くらい待つようにしてください。

半年以上待つのはやめたほうがいい

待つ期間は短いに越したことはありません。

長くなればなるほど相手に新しい恋人ができるケースが増え、復縁も難しくなるからです。

実際に私がサポートをする場合は、相手に恋人がいない限り、待つ期間は1か月だけです。1か月だと、その間に相手に好きな人や恋人ができることはほとんどありません。当然、復縁の成功率も高くなります。

ただ、これだけ短くできるのは、それぞれの状況に応じた正しいアプローチを行うからです。相手の警戒心を解くためのアプローチや悪いイメージを払しょくするためのアプローチをしてもらうので、1か月もあれば十分なんですね。

私が推奨している7step復縁方法も、待つ期間は1か月で復縁できる方法です。

でも、自己流では無理だと思います。

避けられている状況で1か月程度で行動を起こすと、確実に状況が悪化します。

相手に好きな人や恋人ができるリスクよりも、その前に復縁失敗が決まってしまうリスクのほうが何倍も高くなります。

だから自己流でやる場合は、自分に対する警戒心やマイナスの感情が薄れるまで3か月は待つべきなんです。

ただ、「3か月ではなく、半年は待ったほうがいい」という意見もあります。

確かに、半年も経てば警戒心はほぼなくなっています。別れの原因となった言動や出来事も、もうどうでもよくなっているでしょう。付き合っていたときの嫌な記憶も消え去っていると思います。

でも、個人的には、半年以上待つのはやめたほうがいいと思っています。

さすがに半年も経てば新しい恋人ができることが多いからです。

3か月経った時点ではまだフリーの人も、半年後には他の人を好きになっている、ということがよくあるんです。

注意

半年後というのは、そろそろ恋人が欲しくなる時期でもあると思います。しばらく一人でいいかな、と思っていた人でも、その頃には心境の変化があるものです。

ストーカーのように思われる行為をした場合は半年待つ

とはいえ、半年以上待ったほうがいい人もいます。

別れたあとにストーカーのように思われる行為をした人です。

  • 無視されているのに連絡をし続けた、復縁を迫り続けた
  • 何回も手紙を送った(ポストに入れた)
  • 話がしたくて家や会社の前で待ち伏せをした

このような行為をした場合はストーカーのように思われ、相手は恐怖を感じていると思います。

そして恐怖心というのは、警戒心よりも厄介なものです。3か月くらいではなくならないことが多いです。

中途半端に行動を起こすと、せっかく弱まってきた恐怖心がまた強まることがあるので、半年は待つべきです。

ただ、相手から連絡が来ることがある場合は3か月でもいいと思います。

相手に恋人がいる場合は別れるまで待つしかない

すでに相手に恋人がいる、もしくは待っている間に恋人ができた場合は、基本的には別れるまで待つしかありません。

3か月、半年、1年と待っても、まだ別れていなければやれることがないんです。

恋人がいる状況で連絡をしたり会おうとしたりするのは不自然です。相手も不信感を抱き、警戒すると思います。

2人の仲を壊そうとしている邪魔な存在だと思われることもあります。

復縁を目指すなら、恋人と別れるのを期待して、それまで待つしかない状況です。

友達としての付き合いがある場合は連絡をすることも会うことも問題ありませんが、一切かかわりがない場合は長期間待つことも覚悟しておいてください

  • まだ恋人と上手くいっているのか?
  • それとも別れたのか?

それを探るために、半年後や1年後に連絡をしてみるのはありです。

待っている間にやるべきこと

ビフォーアフター

待つとはいっても、何もせずに時間が過ぎるのを待っていればいいわけではありません。

復縁をするためには、その間にやるべきことがあります。

変わる努力をする

すでにお伝えしましたが、復縁をするためには、別れの原因となった部分の変化を感じさせないといけません。

そのため、待っている間には変わる努力をしてください。

自分のダメだったところは自覚できていると思います。

普段の生活の中で変わろうとする意識を持って過ごしていれば、必ず変われるはずです。

そして、その変化は相手にも伝わるはずです。

自分磨きをする

久しぶりに会ったときの第一印象を決めるのは、外見です。

  • 可愛くなってる
  • カッコよくなってる
  • 大人っぽくなってる

こんな風に思ってもらえたら、一瞬であなたのことが気になり始め、異性として意識してもらえるようになると思います。

待っている間には、外見の自分磨きもしておきましょう。

相手の好みに近づけることを意識するのが、復縁できる自分磨きのポイントです。

何か新しいことを始める

何か新しいことを始めるのもおすすめです。

新しいことを始めれば、これまでにない刺激を得られると思います。

そして新たな刺激を受けていると、これまでのあなたをよく知っている人が見たら生き生きしているように映るものです。

人として成長することもできるかもしれません。

そういったところに魅力を感じ、もう一度好きになってもらえることもあります。

せっかくなので興味があることを始めてみるといいと思います。

待ったあとの進め方

待つ期間が終わったら、アプローチを始めていきます。

その進め方はシンプルです。

連絡をして、誘って、会って、さらに何度か会って、相手が好意を持ってくれているのが伝わってきたら復縁を申し込む。

こんな風に進めていきます。

詳しい流れやその過程でのポイントについては、「冷却期間後から復縁成功までのアプローチの仕方」を参考にしてみてください。